保育士の給料は私立と公立で違う!転職するなら公立がおすすめ!

保育士はそこまで給料が高くない職業、という印象があります。実際に、保育士の給与が問題視されることが増えてきました。

しかし本当に保育士の給与は安いのでしょうか。そして、転職などをすることで給与アップを狙うことが出来るのでしょうか。

不満が原因で退職するのは今の職場だけにしたい!長く働ける職場を探したい!という人は転職エージェントに頼って転職するのがおすすめですよ!

▼失敗したくない!転職はプロに絶対相談▼

【2021年日】
保育士転職の最新情報

今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、保育園側も採用に力を入れる時期だからです。

一方で条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。

実際に保育士の私が利用した転職サイトが『マイナビ保育士』と『保育ひろば』です。

私は東京在住なので一番役に立ったのが『マイナビ保育士』でした。関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。

その他の地域にお住いの方におすすめなのは『保育ひろば』。こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。

『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。

マイナビ保育士
マイナビ保育士
  • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
  • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
  • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
保育ひろば
保育ひろば
  • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
  • 最短2週間でスピード転職も可能
  • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い

保育士の平均年収は300万円ほど

グラフと虫眼鏡

保育士の平均年収は300万円強だといわれています。多くの保育士の年収は300万円から350万円ほど、月収にすると一ヶ月20万円という方が多い傾向です。ボーナスが出るとしても、手取りに換算すると一人暮らしをするのが難しいという方も多いのではないでしょうか。

男性よりも女性のほうが平均年収は低い傾向にあります。しかしこれは前年齢、性別も関係ない平均年収です。保育士は年齢層が広く、子育てがひと段落した人が復職をすることもあるでしょう。

また男性保育士も少しずつではありますが増えてきています。20代男性の平均年収が300万円台、と考えたとしても、前年齢の平均年収が300万円前半だとするととても低い数値となります。

保育士の給料は年々上がってきている

グラフ

保育士は給与が安い、といわれているのが現実ですが、実は少しずつ保育士の給与が上がってきている、そして今後もあがる可能性があるといわれています。

保育士はどちらかというと、若い女性が結婚までに働く場所という印象が強く持たれていました。そのため、若いうちに働いて結婚出産をきっかけに退職をする人が多いため、給与もそこまで高くなかったのです。

しかし最近は、結婚や出産を経ても働き続ける保育士も増えていますし、復職率も高くなってきました。また男性保育士の数も年々増えています。だからこそ、給与面の見直しが行われているのでしょう。

そして現在は保育園不足で悩まされています。待機児童問題もあるので、保育園の数はどんどん増え続けています。

今後も保育士の待遇は変わっていく可能性がある

保育士

今後もどんどん保育士の待遇は変わってくると予想されています。2015年、子供子育て新制度によって保育士の給与が3パーセントほどアップしました。金額にするとだいたい10,000円弱のアップです。

ワンポイント
2017年にはさらに2パーセントの上乗せが行われたのです。このおかげで、少しではありますが年収が増えました。

給与面だけではなく待遇面に関しても良くなる可能性があります。保育園不足、待機児童問題を解決するためには保育士が欠かせません。しかし現状では働きたくても働けない、激務が不安であったり給与面に不満がある潜在保育士が数多く存在しています。

保育士資格を持っているのに経験がない方や、一度保育士として働いていたけれども待遇に不満があり一般職で働いている人も数多く存在しています。また保育士として働いて貰いたいからこそ、今後も待遇は改善していくはずです。

同じ保育士で給料はどこで差がつくのかチェック

スマホで調べる保育士

保育士の給与は一律ではありません。立場や保育園や勤続年数によっても変化していきます。

では、保育士の給与はどういった部分で違いが出てくるのでしょうか。実は、さまざまな部分で保育士の給与の差が出てきているのです。

保育士の給与の差

園長や主任などの役職

働く女性

園長、主任、そして職務分野別リーダーに就任されると役職手当がつきます。役職を得るためにはいくつかの条件があります。

たとえば副主任保育士になるためには実務経験が7年以上、職務分野別リーダー経験、そしてマネジメントと三つ以上の分野研修を修えることで、副主任保育士としての発令が行われます。

副主任は主任保育士の下の役職であり、さらに研修を重ねることで主任にキャリアップする可能性もあります。

保育園は家族経営のところも多く、園長になるにはいくらキャリアアップをしても難しいかもしれません。だからこそ、主任などのリーダー職になるためのキャリアアップを行うことをおすすめします。

指差しする女性
関連記事

【徹底調査】保育士の園長のなり方!年収・業務・必要な資格を解説!

保育園の園長の平均年収・給料 保育園の園長が稼ぐ平均年収は、公立の保育園と私立保育園とでは大きく異なります。公……続きを読む

勤続年数と経験

50代女性

保育士は給与アップは難しいといわれていますが、年齢を追うごとに平均年収は少しずつ高くなっていっています。20代前半の場合は平均年収は200万円以下となっていますが、35歳以上39歳以下は280万円50歳から54歳になると平均年収は350万円以上です。

それでも職業別平均年収としては低い傾向にありますが、キャリア、経験、勤続年数によって若干給与は高くなる傾向です。

ただし、50代まで保育士をしている人は役職手当がついたり園長になっている可能性もあります。パートやアルバイト社員も踏まえるともっと平均年収は下がってしまうでしょう。経験によって収入はアップする可能性はありますが、確実ではありません。

壁に貼られたAGEのマーク
関連記事

【年齢別】20・30・40・50代の保育士転職対策&注意点《成功ガイド》

【20代】保育士転職事情とポイント&注意点 保育業界に限った話ではなく日本は新卒至上主義なところがあるため、若……続きを読む

都道府県の違い

日本

保育士に限らず都道府県によって給与は若干変わってきます。これは物価が違うので仕方がないでしょう。また、都道府県が保育士の給与アップ対策にどれだけ取り組んでいるか、待機児童や園不足はどの程度なのかも関わってきます。

都道府県別に見てみると、一番保育士の平均給与が高いのは京都府で平均年収は400万円です。その次に東京、愛知、岡山、滋賀、神奈川と続きます。

いずれも平均より高い、350万円以上が平均年収です。都市部のほうが保育士の給与が高い傾向にあることが分かるでしょう。

そのため、保育士としての給与アップを目指したいのであれば、上京を考えるのも一つの手なのかもしれません。しかし上京費用や生活費を考えると、簡単に上京して給与アップを考えることも難しいでしょう。

都道府県から良い職場を探そう
関連記事

良い職場を見つけたい!保育士の転職で高評価のサイト【都道府県別】

都道府県別にまとめた内容 都道府県別にまとめた内容は以下になります。 県ごとの保育士の給料・年収事情……続きを読む

私立保育園と公立保育園での給料の違いをチェック

子供たち

給与面で意外と大きな違いがあるのが、公立保育園か私立保育園かの違いです。今は保育園不足の影響もあり、私立保育園がどんどん増えています。公立のほうが安定している、という印象があるかもしれませんが、本当なのでしょうか。

この2つの園の形態は、カリキュラムを決めるのが各園か自治体か、というのが一番大きな違いではありますが、給与面はどのように変わってくるのでしょうか。

私立保育園と公立保育園での給料の違い

私立保育園の給料

保育所

私立保育園とは、各私立保育園によって保育指針が決められていて、それぞれの方針にそったカリキュラムで運営している保育園のことを言います。さまざまなことを保育園独自の会議により決定されているのです。

私立保育園は平均年齢が35歳、平均年収325万円月給はだいたい22万円前後の方が多いでしょう。ボーナスは60万円前後だといわれています。

現在は私立保育園の数が多いため、保育士全体の平均年収や給与、ボーナス額なども私立がかなり大きく影響を与えています。そのため、保育士全体の給与が私立保育士の給与だと思っていいでしょう。

公立保育園の給料

遊ぶ子供

公立保育園は各自治体にそった保育計画で運営しています。公立保育園同士で差が出ないように運営されていて、それぞれの自治体によって定期的に会議が行われてカリキュラムが決定されているのです。

公立保育園は、平均年齢が45歳と、私立よりも10歳ほど高くなっています。平均年収は555万円ほど、平均月給は32万円、ボーナス額も170万円です。比べてみると、公立で働く保育士のほうが大幅に給与が高いということが分かるでしょう。

私立よりも公立のほうが給料が良い理由

考える女性

なぜ私立保育園よりも公立保育園のほうが給与が高いのかというと、定期昇給があるからです。公立の保育園は長く働けば働くほど給与が上がっていきます。そのため勤続年数が長い人も多く、給与もどんどん上がっていきます。

だからこそ、平均年齢も公立保育園のほうが高くなっているのでしょう。定期昇給の差があるからこそ、年収にも大きな差が出てくるのです。

私立保育園が給与は低い、という訳ではありません。私立でも保育園の方針によって定期昇給がある場合もありますし、頑張り次第では公立以上に給与が上がる可能性もあります。私立は完全に、保育園の方針次第で給与が決まるのです。

転職は給料を上げる選択肢の一つ

教える先生

もし給料を今よりも上げたいのであれば、転職を考えることをおすすめします。私立保育園の場合は定期昇給がない場合も多く、長年つとめていても給料に変化がない場合も珍しくはありません。

いつまで働いていても新人の頃を変わらないような給料のままだと、仕事のやりがいもなくなってしまうでしょう。また、保育士は安月給に悩んでいる人が多く、給料面がネックで転職をする人も多数います。

もし現在の給料に不満があるようであれば、転職を考えることをおすすめします。

転職してスキルアップ・キャリアアップを狙う

保育士

保育士は転職次第でスキルアップ・キャリアアップを行うことが出来ます。保育士の仕事では、キャリアパスや役職手当がつくことがあります。

各クラスの担任、乳児リーダーや幼児リーダー、主任保育士などに任命されると、その分役職手当がつく場合が多いでしょう。

ある程度のキャリアがあれば、転職時に役職が付き、その分給料が上乗せされる可能性があります。また、保育士にはキャリアアップするために以下の資格取得もあります。

  • 社会福祉士
  • 福祉施設士
  • 臨床心理士
  • 絵本専門士
  • チャイルドマインダー
  • イングリッシュエキスパート保育士

これらの資格を取得することで、転職時の武器になりますし、もしかしたら資格手当てで給与が上がる可能性もあるでしょう。

最近は、保育士などのキャリアアップ補助金を交付している都道府県も増えていますし、保育エキスパート研修を行っている自治体も増えています。

転職をするときにキャリアアップ、スキルアップを行ってみると、転職がスムーズに行くだけではなく給与が今よりもアップした状態での転職もしやすくなるはずです。

セミナーの様子
関連記事

給料が上がる!保育士のキャリアアップは『研修・セミナー』が重要!

保育士のキャリアアップとは?役職につくことが可能になる 最近は保育士に新制度ができて、キャリアアップを行うこと……続きを読む

公立保育園と私立保育園の離職率

落ち込む保育士

保育士は離職率の高い職場です。女性が主体であること、結婚や出産をきっかけに職場を離れる人が多いことを除いても、それでもやはり他の職業に比べて離職率はとても高いのです。

保育士の離職率は、私立の場合は12パーセントです。保育士全体の離職率は10パーセント以上なので、どちらかというと私立保育園から離職をする人の割合のほうが多い計算となります。

保育園の数だけで言うと私立保育園のほうが多いので、私立保育園のほうが離職率が高いのは仕方がありません。しかしそれだけではなく、私立のほうが公立の保育園に比べて待遇が悪いことが多いので、離職率も高くなってしまっているのです。

子供と遊ぶ保育士
関連記事

公的機関の調査から見る保育士の離職率!離職対策はされている?

厚生労働省の情報から見る保育士の離職率と平均勤続年数 実際の離職率について厚生労働省がデータを発表しており、平……続きを読む

私立のほうが離職率が高い理由

スマホで調べる保育士

なぜ私立のほうが離職率が高いのかというと、長年つとめていても給与が上がることが少ないこと、そして長年働いていたとしても園長などの役職がつく可能性が低いという点です。

私立保育園は家族経営、親族経営のところが多く、いくらスキルが高くても、長年つとめていても、親族が役職につくことが多いのです。長期間働いて試験に合格をすれば園長先生になれる可能性がある公立とは違います。その点もやりがいになりにくく、離職をしてしまうのでしょう。

また私立保育園の中には育児休暇などの制度がない場合もあります。育児休暇は国が定めた制度ではありますが、小規模の保育園などではどうしても人手が足りず、育児休暇を取って貰う余裕もないのです。そのため、出産や子育てをきっかけに退職をしてしまう人も多いのでしょう。

公立保育園に転職する条件

スマホとPC

私立保育園に比べて、公立保育園のほうがメリットは沢山あります。そのため公立保育園で働きたいと思う保育士のほうが多いでしょう。しかし公立保育園で働くためには、私立保育園とは違うルートとなります。

公立保育園の職員は公務員ですから、年に一度ある公務員試験に合格をしなければいけません。9月から10月にかけてある試験に合格をしなければ、公立で働くことが出来ないのです。

試験は一次試験と二次試験に分かれていて、保育士としての技術だけではなく高校生レベルの勉学の知識も必要となります。公務員試験に合格をした後は、配属先が決まります。

注意点

チェックするサラリーマン

注意をしたいのは、あくまで保育士としての公務員試験に合格しただけで、公立保育園で働けるとは限らないという点です。もしかしたら、児童福祉施設や乳児院に配属になるかもしれません。

公立保育園に空きがあれば、公立保育園で働ける可能性もありますが、希望通りの配属先にならない可能性もあるので注意をしてください。そして、配属されたとしても数年後に異動になる可能性もあります。

その点も良く考えた上で公務員試験を受けるようにしましょう。保育園で働く保育士限定の公務員の求人はありません。あくまで公務員として保育の仕事をする職員としての試験なのです。

失敗しない転職にしよう!理想の職場探しは転職エージェントに相談

\ Attention /

失敗しない!
転職成功に必須の”転職サイト”

私が転職にこだわったのが次の2つです。

  • 給料を2万円以上アップさせる!
  • 今より近い勤務地でラクな保育園を探す!

「でも、希望通りの求人なんてなかなか見つからないよね…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを発見し、即、アタリ求人と出会えました。

それもそのはず!非公開求人といって、ハローワークなどで普通に探していたら絶対に出会えない保育園を紹介してくれるサービスがあるからなんです。

転職活動で悩んだら相談もできるので、絶対に利用してほしいサイトです。

  • マイナビ保育士おすすめ

    関東圏の求人に圧倒的に強い!

    マイナビ保育士
    • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
    • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
    • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
  • 保育ひろば

    全国対応&あらゆる希望条件あり!

    保育ひろば
    • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
    • 最短2週間でスピード転職も可能
    • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い
  • 保育士バンク

    低離職率・ブランクあり・無資格者・派遣など求人が豊富

    保育士バンク
    • 北海道から沖縄まで日本最大級の求人数(全国対応)
    • 英語が使える・低離職率・復帰率高など条件検索が豊富
    • 限定の非公開求人が多い

転職した保育士さんのアンケートを調べたら、転職サイトに登録する方の多くは2~3サイトを使ってるみたいです。でも、まずは気に入ったサイト1つを試すだけでもいいと思いますよ。

「転職するのはもう少し先だけど…」という方も、事前準備しておくと後がラクなので、先に登録だけは済ませておきましょう!

まとめ

ガッツポーズをする保育士

保育園といっても公立と私立があり、さまざまな違いがあります。基本的な仕事内容に違いはなくても、園の経営者や方針などは全く変わってくるのです。そして待遇面も全く違います。

公務員として働く公立保育士と、私立保育士では待遇も給与面も全く違うのです。保育園は私立のほうが多いので、私立保育園で働く保育士の数のほうが多くなります。

だからこそ、待遇や給与で悩んでいる人も多いのでしょう。そして公立保育園で働くために公務員試験を受けたいと思う保育士も多数存在します。公立保育士の壁はとても高いのです。

転職
関連記事

【STEP1】転職する?退職?迷っている方へ《保育士転職成功ガイド》

「マイナスの今」から「プラスの未来」を作るのが転職 天国のような職場であれば、誰も転職しようとは思いません。 ……続きを読む

もし転職でスキルアップしたい、給与や待遇をアップしたい、と思っているのであれば、無理に公立を目指す必要はありません。

私立でもさまざまな保育園があるので、待遇の良い保育園、給与の高い保育園、勤続年数が長ければ長いほど給与が上がりやすい保育園などはあります。

転職活動さえ失敗しなければ、良い私立保育園の求人を見つけることも出来るでしょう。自分に合った転職活動を行ってみてください。

【体験談】給料3万円アップ!
人間関係で悩まない職場に転職できました

喜ぶ

私がマイナビ保育士を利用して転職したところ、ハローワークにある求人よりも給料が3万円も高い保育園を紹介してもらえました。

【転職前】手取り約135,000円(月収約180,000円)
 ↓
【転職後】手取り約165,000円(月収約210,000円)

今の保育園よりも家から近い勤務地、何より人間関係が良い職場に就職することができ、今ではストレスを感じることなく働けています。持ち帰りの仕事もないので週末は友達と遊んだり、趣味に時間を費やせています♪

マイナビ保育士の登録は1分もかからず完全無料なのでぜひやってみてください。もちろん登録しても今の職場にはバレませんよ(*^^)v

コメントを残す

ページの上に行く