幼稚園教諭から保育士への転職がおすすめ!メリット・デメリット

幼稚園教諭と保育士、似ているようで実はさまざまな部分が違い、必要な資格も変わってきます。どちらかで働いていると、どちらかでしか働けない、もしくは選択をしないという場合も多いのではないでしょうか。

幼稚園教諭と保育士にはさまざまな違いがありますが、最近は幼稚園教諭から保育士に転職をする方が増えてきています。

幼稚園教諭と保育士にはどんな違いがあり、転職をするとどんなメリットが得られるのでしょうか。

不満が原因で退職するのは今の職場だけにしたい!長く働ける職場を探したい!という人は転職エージェントに頼って転職するのがおすすめですよ!

▼失敗したくない!転職はプロに絶対相談▼

【2021年日】
保育士転職の最新情報

今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、保育園側も採用に力を入れる時期だからです。

一方で条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。

実際に保育士の私が利用した転職サイトが『マイナビ保育士』と『保育ひろば』です。

私は東京在住なので一番役に立ったのが『マイナビ保育士』でした。関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。

その他の地域にお住いの方におすすめなのは『保育ひろば』。こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。

『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。

マイナビ保育士
マイナビ保育士
  • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
  • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
  • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
保育ひろば
保育ひろば
  • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
  • 最短2週間でスピード転職も可能
  • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い

幼稚園と保育園の違い

考える女性

幼稚園と保育園には本当に沢山の違いがあります。なんとなく、幼稚園は専業主婦で保育園は共働きの家庭が入れるところ、保育園のほうが預ける時間が長い、という印象があるかもしれませんが、実はそれだけではないのです。

それぞれの特徴

50代女性

まずは幼稚園の特徴について説明をしていきます。幼稚園は、幼児の保育、心身の発達を主な目的とした場所です。入園は3歳になった春からと決まっていて、小学校入学前まで通うことが出来ます。

保育時間は基本的には9時から14時の4時間保育、水曜日は午前中のみの保育の幼稚園も多いでしょう。時間延長が出来る幼稚園も増えていますが、基本的な保育時間は4時間のみとなっています。

幼稚園は公立の場合は自治体が設定、私立は設置者が決定をすることが出来ます。給食は任意なので、お弁当持参の幼稚園もあれば、給食制の幼稚園もあります。

保育園について

遊ぶ子供

保育園は、乳児もしくは幼児の保育のためにある場所です。保護者の委託を受けて保育をするための場所であり、心身の発達などを助長する場所ではありません。

保育年齢対象は0歳から小学校入学前の乳児から幼児までと幅広くなっています。小規模保育園の場合は0歳から3歳までの乳幼児に限定して預かっています。

保育時間は7時半から18時頃までが基本、標準保育時間は8時間です。時短勤務の場合は8時半から16時半、延長保育で19時まで預かれるところや、認可外保育園の場合は夜間に預かることが出来る場合もあります。そのため保育時間は施設や保護者の働き方によって大幅に異なります。

ワンポイント
保育料金は自治体が所得状況に応じて設定します。上限はありますが、収入が高ければ高いほど月の保育園料金は高くなり、状況によっては費用がかからず預かって貰うことが出来る場合もあるでしょう。

給食は義務なので必ず出ます。お弁当を持たせる、ということもなく、状況次第では昼食だけではなく朝食や夕食が出る場合もあります。所轄は厚生労働省、根拠法令は児童福祉法です。

保育園は、何らかの事情によって自宅で保育をすることが出来ない保護者の代わりに、子供を見てくれる場所です。大まかに分けると幼稚園は教育施設であり、保育園は児童福祉施設です。だからこそ、本当にさまざまな部分での違いがあります。

保育士から幼稚園教諭に転職するメリット・デメリット

パソコンの女性

資格さえあれば保育園から幼稚園への転職も可能です。保育士と幼稚園教諭では求められるスキルや働き方が変わってきますが、保育士から幼稚園への転職にはどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

メリット デメリット
休日に関して 保育ではなく教育をする場所
勤務時間に関して 人数面
年齢的な問題 資格

保育士から幼稚園教諭に転職する『3つのメリット』

第一に給与面です。幼稚園教諭は保育士に比べて給与が高い傾向にあります。もちろん働く場所、そして公立か私立かによっても大きく変わってきますが、幼稚園はさまざまな場所があるため高収入の求人を見つけやすいです。

特に富裕層向けの私立幼稚園は、幼稚園教諭の給与も高い傾向が見られます。保育園は公立のほうが給与が高いといわれていますが、幼稚園教諭は私立幼稚園も多いため、公立だからといって給与が高い、安定している、とは限りません。

保育士から幼稚園教諭に転職する『3つのメリット』

【メリット1】休日に関して

保育園

保育園には夏休みや冬休みはありませんが、幼稚園には夏休みや冬休みがあります。そのため比較的休みも取りやすいでしょう。

土曜日出勤の保育園は多いですが、幼稚園は土曜日も休みで休日が多いため、働きやすい環境なのです。保育園だとなかなか休みがとれない、という人が幼稚園教諭として働こうと転職をすることもあるでしょう。

【メリット2】勤務時間に関して

カレンダー

保育園は働いている保護者のためにある場所です。そのため、保護者が出勤前に預けて、退社後に子供を向かえに行くように出来ています。だからこそ勤務時間が早く、夜も遅くまで預かることになっているのです。

しかし幼稚園は基本的には4時間の保育時間となっています。放課後も預かる幼稚園が増えていますが、それでも保育園に比べると預かる時間はずっと短いでしょう。

【メリット3】年齢的な問題

悩む女性

保育園は0歳から預かる場合もありますが、幼稚園教諭は3歳の春から入園をするのが基本です。そのため食事やトイレなど基本的な動作は自分で出来る子供がほとんどです。

意思の疎通が出来る、自分のことはある程度自分で出来る子供が通っているため、精神的な負担は少なくなるのではないでしょうか。

何をするのかわからない、自分で食事も出来ない子供を一日中預かるのはとても大変なことです。接する子供の年齢が3歳からとなっているのは大きなメリットでしょう。

保育士から幼稚園教諭に転職する『3つのデメリット』

幼稚園教諭として働く上ではデメリットもあります。

保育士から幼稚園教諭に転職する『3つのデメリット』

【デメリット1】保育ではなく教育をする場所

本を読む親子

保育者として遊んだり歌を歌ったりするだけではなく、教育をすることもあります。読み書きを教えたり、中には英語を教える保育園だってあるのです。

勉強レベルは小学生以下なので問題ないものですが、やはり教育と保育では大きな違いがあり、その点で苦労をする人も多いでしょう。

【デメリット2】人数面

子供たち

保育園は対応する人数が少ないですが、幼稚園教諭になると35人以下のクラスの担任となります。もちろん幼稚園によって人数は異なりますが、一度に30人以上の園児を見るのはなかなか大変なことです。

どうしてもトラブルは発生したり、目の届かないところで様々なことが起こるでしょう。コレをいかに対応するかが、幼稚園教諭としての役割です。

【デメリット3】資格

幼稚園教諭は資格がないと働くことが出来ません。そのため、いくら保育士から幼稚園教諭に転職をしたくても、資格を取得する必要があります。

保育士は忙しい仕事なので、なかなか合間を縫って資格取得をする時間もないでしょう。だからこそ転職が出来ないと悩んでいる人も多いのです。

幼稚園教諭から保育士に転職するメリット・デメリット

チェックポイント

保育士から幼稚園教諭に転職する人もいれば、その逆もいます。どちらも同じく乳幼児の相手をする仕事ではありますが、幼稚園教諭から保育士として働くにはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット デメリット
対応人数が少ない 給与面の違い
保育士の仕事は教育ではなく保育 休日に関して

幼稚園教諭から保育士へ転職したときのメリット

教える先生

まず第一に、0歳児からのお世話をすることが出来るという点です。担任になれるかどうかはわかりませんが、保育園は0歳から2歳といった幼稚園に通う前の年齢の子供も預かります。

意思疎通が上手く出来ない、自分で出来ないことが沢山ある、というデメリットも感じるかもしれませんが、だからこそ可愛く感じるのかもしれません。

3歳以降になるときちんと会話が出来る反面、その対応が大変だと感じる方も多いでしょう。そういったことに疲れて、幼稚園教諭から保育士に転職をする人も多いのです。

幼稚園教諭から保育士へ転職したときのメリット

【メリット1】対応人数が少ない

落ち込む保育士

幼稚園教諭はクラス担任ですが、保育士は子供の年齢によって何人の保育士で対応するかが決まっています。0歳児の場合は3人に一人以上、1歳2歳の場合は6人に保育士一人という計算です。

4歳5歳になると30人に保育士一人となりますが、幼い子供は複数の保育士で見るため、少し気軽な気持ちで見ることが出来るでしょう。

【メリット2】保育士の仕事は教育ではなく保育

保育士と子供

幼稚園教諭として働いていると、教育をするために事前の準備や勉強が必要な場合もあります。しかし保育士の場合は勉強に関する準備は必要ありません。

もちろん子供と遊ぶための準備はありますが、教育よりも少し気軽な気持ちで仕事が出来るのではないでしょうか。

幼稚園教諭から保育士へ転職したときの2つのデメリット

落ち込む保育士

保育士のデメリットはやはり勤務時間です。幼稚園教諭に比べると保育士の勤務時間はずっと長くなります。子供と接する時間だけでいったら倍の時間になるので、とても長く感じるでしょう。

幼稚園教諭から保育士へ転職したときのデメリット

【デメリット1】給与面の違い

虫眼鏡とお金

どちらかというと、幼稚園教諭のほうが給与が高い傾向にあります。そのため保育士に転職をして給与が下がったと感じる方も多いみたいです。給与アップのために幼稚園教諭から保育士への転職はあまりおすすめできません。

【デメリット2】休日に関して

悩む女性

保育士は土曜日出勤も多く、子供たちの夏休み冬休みもありません。そのため固定の長期休暇がなかなか取ることが出来ないのです。休日に関しては幼稚園教諭のほうが取りやすいのかもしれません。

幼稚園教諭と保育士の資格の違い

ビジネスウーマン

幼稚園教諭も保育士も、資格がなければ働くことが出来ません。そしてどちらも国家資格であり、簡単に取得は出来ないものです。

保育士の資格は年2回の試験を受験して合格した人のみが取得をすることが出来ます。また、保育士資格が取得できる大学、短大、専門学校などを卒業すれば自然と取得が可能です。

試験のみで保育士の資格を取得する場合、合格率は1割から2割程度なので厳しい試験となるでしょう。

幼稚園教諭の取得方法

一方で幼稚園教諭は、取得するためには3種類から選ぶことが出来ます。一つ目は4年制大学の幼稚園教諭養成過程を修了し卒業をすること、二つ目は規定の短大、大学、通信教育を卒業すること、最後は4年制大学を卒業した後大学院で修士課程を修了することです。

それぞれ一種、二種、専修免許状となっていて、若干給与面に違いがあるのですが、資格自体に違いはなく働くことが出来ます。

保育士資格は取得しやすく活躍する場が多い

保育士

保育士資格は合格率が低い、といっても、しっかり勉強すれば合格できます。そして保育士資格はどんどん取得しやすくなっているのです。学校を卒業して資格を取得すると数百万円の費用が掛かりますが、保育士の学校に通っていなくても受験で合格をすれば取得が可能です。

また、最近は保育士資格取得のための通信教育なども増えています。勉強さえすれば、合格率もどんどん高めることが出来るでしょう。自分で勉強をして資格を取得することが出来れば、費用も日数も大幅に抑えながらの取得が可能です。

将来的にさまざまな場所で生かすことが出来る国家資格、保育士の資格はとてもおススメの資格です。

保育士への転職がおすすめ

保育士と乳児

最近は幼稚園教諭から保育士へ転職する人も増えています。幼稚園教諭は保育士の資格を取得しやすく、また、結婚や出産をきっかけに幼稚園教諭を退職した後、パートの保育士として働く人も増えているのです。

保育園は今後どんどん増えていくことが見込まれている施設です。だからこそ、幼稚園教諭から保育士に転職をして、自由な働き方を選択する人が多いのではないでしょうか。

保育士転職なら「保育ひろば」がおすすめ

保育ひろば
画像出典:保育ひろば

保育士としての転職を考えているのであれば、保育ひろばがおすすめです。保育ひろばとは、トップクラスの求人数を誇る転職サイトです。

カウンセリングにより転職相談に応じてくれるので、はじめて転職をする人、幼稚園から保育園への転職を考えている人などの不安も解決しながら、転職活動を進められるでしょう。また、全て無料なので、気軽な気持ちで利用できます。

保育ひろば
関連記事

【保育ひろば】リアルな評判は?試してわかったメリット・デメリット

保育ひろばを利用すべき『5つのメリット』 業界トップクラスのサービスを提供してくれるのが保育ひろば。お客様満足度94%……続きを読む

失敗しない転職にしよう!理想の職場探しは転職エージェントに相談

\ Attention /

失敗しない!
転職成功に必須の”転職サイト”

私が転職にこだわったのが次の2つです。

  • 給料を2万円以上アップさせる!
  • 今より近い勤務地でラクな保育園を探す!

「でも、希望通りの求人なんてなかなか見つからないよね…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを発見し、即、アタリ求人と出会えました。

それもそのはず!非公開求人といって、ハローワークなどで普通に探していたら絶対に出会えない保育園を紹介してくれるサービスがあるからなんです。

転職活動で悩んだら相談もできるので、絶対に利用してほしいサイトです。

  • マイナビ保育士おすすめ

    関東圏の求人に圧倒的に強い!

    マイナビ保育士
    • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
    • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
    • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
  • 保育ひろば

    全国対応&あらゆる希望条件あり!

    保育ひろば
    • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
    • 最短2週間でスピード転職も可能
    • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い
  • 保育士バンク

    低離職率・ブランクあり・無資格者・派遣など求人が豊富

    保育士バンク
    • 北海道から沖縄まで日本最大級の求人数(全国対応)
    • 英語が使える・低離職率・復帰率高など条件検索が豊富
    • 限定の非公開求人が多い

転職した保育士さんのアンケートを調べたら、転職サイトに登録する方の多くは2~3サイトを使ってるみたいです。でも、まずは気に入ったサイト1つを試すだけでもいいと思いますよ。

「転職するのはもう少し先だけど…」という方も、事前準備しておくと後がラクなので、先に登録だけは済ませておきましょう!

まとめ

スマホで調べる保育士

幼稚園教諭と保育士はどちらも子供を相手にする仕事ではありますが、様々な違いがあります。そして今、保育士不足のため保育士は本当に沢山の求人が出ているのです。

幼稚園でしか働いたことがない、保育士資格を持っているけれども経験がない、という人でも、資格さえあれば良い求人に出会える可能性はあります。保育士で働くことを考えている人は、一度求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。

保育士は激務、安月給、という印象があるかもしれませんが、実際に求人を見てみると印象が変わるかもしれませんし、幼稚園とは全く違った新しい世界を見つけることが出来るかもしれません。

転職
関連記事

【STEP1】転職する?退職?迷っている方へ《保育士転職成功ガイド》

「マイナスの今」から「プラスの未来」を作るのが転職 天国のような職場であれば、誰も転職しようとは思いません。 ……続きを読む

【体験談】給料3万円アップ!
人間関係で悩まない職場に転職できました

喜ぶ

私がマイナビ保育士を利用して転職したところ、ハローワークにある求人よりも給料が3万円も高い保育園を紹介してもらえました。

【転職前】手取り約135,000円(月収約180,000円)
 ↓
【転職後】手取り約165,000円(月収約210,000円)

今の保育園よりも家から近い勤務地、何より人間関係が良い職場に就職することができ、今ではストレスを感じることなく働けています。持ち帰りの仕事もないので週末は友達と遊んだり、趣味に時間を費やせています♪

マイナビ保育士の登録は1分もかからず完全無料なのでぜひやってみてください。もちろん登録しても今の職場にはバレませんよ(*^^)v

コメントを残す

ページの上に行く