【年齢別】20・30・40・50代の保育士転職対策&注意点《成功ガイド》

保育士という仕事は10代や20代の若い世代の方はもちろん、子育てが終了したベテラン世代の方まで幅広い世代の方が活躍できる仕事です。全国的に保育士の需要は高いですから、年齢関係なく活躍が期待できる職種でしょう。

とはいえ転職をするにあたっては何十年も勤め上げたベテラン保育士と、新卒間もない保育士では少々事情が異なります。世代により転職対策に違いが生じますので、その点を踏まえたうえで転職活動に挑戦することが大事です。

▼おすすめの保育士求人に強い転職サイト▼

ワンポイント

【先に結論】
保育士求人に強い転職サイトを調査した結果、求人数(非公開求人)やサポート対応の安心感などズバ抜けて評価が高いのが「保育士バンク」です。優良な求人を探す保育士さん全てにおすすめしたいサイトです。

保育市バンク

【保育士求人に強い転職サイト】
人気おすすめランキングTOP3
ランキング 転職サイト名 公式サイト
1位 保育士バンク 公式サイトをチェック
2位 保育ひろば 公式サイトをチェック
3位 マイナビ保育士 公式サイトをチェック
【2021年日】
保育士転職の最新情報

今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、保育園側も採用に力を入れる時期だからです。

一方で条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。

実際に保育士の私が利用した転職サイトが『マイナビ保育士』と『保育ひろば』です。

私は東京在住なので一番役に立ったのが『マイナビ保育士』でした。関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。

その他の地域にお住いの方におすすめなのは『保育ひろば』。こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。

『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。

マイナビ保育士
マイナビ保育士
  • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
  • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
  • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
保育ひろば
保育ひろば
  • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
  • 最短2週間でスピード転職も可能
  • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い

【20代】保育士転職事情とポイント&注意点

ガッツポーズをする保育士

保育業界に限った話ではなく日本は新卒至上主義なところがあるため、若い人の方が転職活動においてニーズが高い傾向にあります。保育業界でも若く体力がありフレッシュな人材は需要が高く、その理由として以下があげられます。

  • この先も長く働いてくれる人材が欲しい
  • 他の園の特色が色濃くついておらず、自分の園の方針に馴染みやすい

20代といっても新卒1年にも満たずに転職する場合には、辞めた理由を深く聞かれその解答によっては敬遠されることもあります。とはいえパワハラやいじめの被害にあっていたなどやむを得ない理由の時には影響はそこまでありません。

20代中盤から後半になると、結婚や出産を機に退職してしまう保育士も多く、この年齢層のニーズは非常に高いです。20代の保育士であれば転職先は焦らずとも見つかりますが、以下の場合は転職すべきかどうかよく考える必要があります。

  • 数年以外に結婚や出産の予定がある
  • 近々自分の名義で家のローンを組む予定がある
【20代】保育士転職事情とポイント&注意点

どうして結婚やローンの予定があると転職を考えたほうがいいの?

転職してすぐの退職や休職は非常に言い出しにくく、なかなか許可がおりない可能性もありますので、結婚や出産などが控えている場合は転職自体を避けた方が無難です。

転職をするとローン審査にも影響が出るので注意しましょう。

▼おすすめの保育士求人に強い転職サイト▼

【30代】保育士転職事情とポイント&注意点

パソコンで求人をチェックする女性

30代の保育士は任せられる仕事も増えることで責任も重くなり、待遇面に不満を抱えて転職を考える方が増える年代です。また保育士というのは体力を使う仕事ですから、体力面が厳しくなり転職を希望する人も多いです。

保育業界は慢性的な人手不足ですから、ある程度経験とスキルを積んだ30代の保育士の需要は高いです。特に新規オープンの園など充分に人材が集まってない園の場合、幅広い世代の保育士を揃えるためニーズがあります。

気を付けなければならない点は、公立の保育園は自治体によって年齢制限により30代は応募できない場合が多いです。正規職員ではなく臨時職員やパート採用なら、年齢制限を高めにしていることもあるため調べてみましょう。

【30代】保育士転職事情とポイント&注意点

30代の保育士は需要が高いけど、転職するときは年齢制限などを調べないといけないんだね。

そうです。30代での転職はただ勢いに任せて転職をするのではなく、今後の人生設計を踏まえ転職先を見つけることが重要です。

▼おすすめの保育士求人に強い転職サイト▼

【40代】保育士転職事情とポイント&注意点

本を読む親子

40代の保育士の場合には20代や30代と比較すると求人数そのものは少なくなってしまいます。しかしながら需要はしっかりとありますので、転職先を見つけることは充分に可能ですし年齢を理由に諦める必要はないでしょう。

子育てがひと段落するのが40代で、空いた時間に保育士の仕事をしたいと考える方も多いでしょう。そのような子育て経験者というのは保育業界において必要不可欠な人材のため枠は少なくなるもののニーズはあるのです。

しかしながら40代は体力面の不安が出てくる年代ですから、子供のパワフルな動きについていけるのかという点が不安材料です。面接の際には体力面に問題がないことをいかにアピールできるかが鍵になります。

【40代】保育士転職事情とポイント&注意点

体力面以外にどういうことをアピールしたらいいかな?

40代には若い世代にはない経験という武器があるからこそ、そこをしっかりと伝えることが転職活動を成功させるために重要です。

ここに注意!
仕事と家庭の両立がきちんとできるよう、就労時間をよく考慮したうえで転職先を見つけましょう。

▼おすすめの保育士求人に強い転職サイト▼

【50代~】保育士転職事情とポイント&注意点

50代女性

50代以降となると転職市場において需要はあるのか、不安も大きくなってくるのではないでしょうか?

保育業界の場合は現場を見ても分かる通り50代以降の保育士も決して珍しくはないことから、需要自体はあるといえます。

50代以降は子育てもひと段落し、時間に融通が利くことからそのような人材を欲している保育園も山ほどあります。

50代以降になっても転職をすることはできるんだね!よかった!

そうです。50代以降ならではの人生経験があり、保育園利用者である保護者からの信頼も厚いため、保育園にとっても重要な人材です。

50代は経験が求められる年代であるからこそ、これまでに保育士としての職歴があるかどうかで転職のしやすさが変わってきます。職歴がある場合にはこれまでの実績をアピールできれば採用に繋がりやすいです。

職歴がない場合ですといきなり正職員での採用は難しいというのもまた事実になります。まずはパートや臨時職員での採用を目指し、そこからある程度経験を積んだ後に正職員に挑戦するというのも一つの手です。

【50代~】保育士転職事情とポイント&注意点

▼おすすめの保育士求人に強い転職サイト▼

年齢問わず保育士転職は転職サイトがおすすめ!

重要

どんな年代の方でも、保育士の仕事探しをする際に利用したいのが転職サイトになります。転職サイトを利用すれば山ほどある求人の中から、自分が保育園のニーズに合致しているかどうかすぐに分かり選ぶべき園を絞れます。

簡単に募集要項を満たしている保育園を選別することができますので、求人探しに時間を割かなくてすむのが転職サイトの良さです。

希望に合う保育園を選びやすくなりますので、転職サイトを積極的に活用していきましょう。

▼おすすめの保育士求人に強い転職サイト▼

転職サイトを利用するメリット

解説する女性

転職サイトは労力を使う転職活動の負担を大きく軽減し、スムーズにする画期的なツールです。では具体的に転職サイトを利用することでどのようなメリットが得られるのか、以下にまとめてみました。

転職サイトを利用するメリット一覧
  • 検索機能が充実しているため希望に合う園を見つけやすい
  • エージェントサービスを利用することで担当者のサポートが得られる
  • 非公開求人という応募者の少ない求人に応募できる
  • 履歴書の書き方の指導や面接対策をおこなってもらえる
  • 転職活動に行き詰った際に適切なアドバイスをもらえる
  • 転職サイトによっては園の口コミなどを閲覧できる
  • お祝い金や交通費の支給をおこなっているサイトもある
  • 待遇面の交渉などを自分と保育園側の間に入って調整してくれる
  • 転職が決まった後も困ったことがあれば対応してもらえる

保育士転職に強い転職サイトランキング

ランキング

転職サイトをこれから利用するうえで気を付けたいのが、保育士の転職に強く実績がきちんとあるサイトを用いることです。では一体どのようなサイトであれば安心して頼ることができるのか、以下におすすめをまとめてます。

保育士転職に強い転職サイトランキング

1位『保育士バンク』

公式ページ

1位のネクストビートが運営する保育士バンクは、日本最大級の求人数の取り扱いがあることから圧倒的に支持されている転職サイトです。保育士バンクは非公開求人の取り扱いも多いことから、登録により選択肢を広げられるでしょう。

他のサイトであれば一度に紹介してくれる求人の件数は2から3件程度がほとんどです。一方で保育士バンクは一度に7件程度紹介してくれることもあり、やはり豊富な選択肢をもてるというのが特徴になります。

また保育士バンクはコンテンツが充実していることから、転職に役立つ情報を仕入れることができるのもポイントです。検索機能も優れているため、まずはこちらを利用しサイトの特徴を把握してみるのもおすすめです。

2位『保育ひろば』

公式ページ

保育ひろばは全国各地に拠点があり、さまざまな保育園とコネクトがあることが最大の魅力です。保育園の特徴や詳細情報を把握しているのはもちろんのこと、最新の情報も知ることができるため、職場環境を重視した転職に強いです。

また転職が決まった際にもらえるお祝い金も、保育ひろばならではの嬉しいサービスで多くの人から支持されている理由でもあります。転職にあたっては何かと金銭的負担が大きいですから、それを補えるのはポイントでしょう。

保育ひろばもコンテンツやアプリ機能が充実しており、サイトの使い勝手のよさに定評があります。スマホを利用して履歴書の作成ができるなど、転職するための準備が手軽におこなえるという点も保育ひろばを利用するメリットです。

3位『マイナビ保育士』

公式ページ

大手マイナビが運営するマイナビ保育士は実績と信頼が確かで、良質な求人が数多く集まってくるというのが魅力です。首都圏の情報に特化したサイトのため、このエリアの求人には非常に強く群を抜いた求人数があります。

マイナビ保育士はコンサルタントの質が高いことで評判で、自分の希望を少ない情報からでも汲み取ってくれて条件に合う求人を提示してくれます。悩み相談に対するアドバイスも丁寧で分かりやすいと評判です。

マイナビ保育士では定期的にイベントを開催しており、情報収集に役立つのはもちろんですがお得なプレゼントを貰えるなど参加価値があります。イベント会場は子連れでも参加しやすいよう配慮されており気軽に行きやすいです。

まとめ

壁に貼られたAGEのマーク

全国的に売り手市場の保育士ですが、年代によって園から求められているものは異なります。転職を成功させるためにはそこを上手にアピールすることが大事ですから、年齢別のポイントを以下にまとめます。

  • 20代はフレッシュさと柔軟さが売りで動くことができ長く働く意思をアピール
  • 家庭環境によって転職の難しさが変わる30代は、自分の状況に合う転職先を選び経験と体力の両方をアピールする
  • 体力は衰えてくるが経験は増してる40代は経験をアピールすることが重要
  • 子育てが終わり時間が増える50代は融通が利く点と経験の豊富さを伝える

このように年代によって自分が置かれている状況は変わりますので、その状況にあった転職先を選ぶことが後悔しないためには大切です。なぜ転職をしたいのかをよく考え、求められていることに応じたアピールをするとよいでしょう。

【保育士求人に強い転職サイト】
人気おすすめランキングTOP3
ランキング 転職サイト名 公式サイト
1位 保育士バンク 公式サイトをチェック
2位 保育ひろば 公式サイトをチェック
3位 マイナビ保育士 公式サイトをチェック
転職
関連記事

【STEP1】転職する?退職?迷っている方へ《保育士転職成功ガイド》

「マイナスの今」から「プラスの未来」を作るのが転職 天国のような職場であれば、誰も転職しようとは思いません。 ……続きを読む

【体験談】給料3万円アップ!
人間関係で悩まない職場に転職できました

喜ぶ

私がマイナビ保育士を利用して転職したところ、ハローワークにある求人よりも給料が3万円も高い保育園を紹介してもらえました。

【転職前】手取り約135,000円(月収約180,000円)
 ↓
【転職後】手取り約165,000円(月収約210,000円)

今の保育園よりも家から近い勤務地、何より人間関係が良い職場に就職することができ、今ではストレスを感じることなく働けています。持ち帰りの仕事もないので週末は友達と遊んだり、趣味に時間を費やせています♪

マイナビ保育士の登録は1分もかからず完全無料なのでぜひやってみてください。もちろん登録しても今の職場にはバレませんよ(*^^)v

コメントを残す

ページの上に行く