「保育園の栄養士に転職したい!」仕事内容や平均年収&働くメリット

保育園栄養士に転職をしようと考えている人は意外と多いです。栄養士の知識やスキルは職場だけではなく、自分たちの食生活にも活かすことができるからです。

特に女性が栄養士の資格などを取得する傾向にあるようです。子供たちや家族のために栄養バランスが整った食事を提供したいと考えるからでしょう。

今回は転職を検討している人のために、保育園栄養士の仕事内容や年収、メリットについて見ていきます。

【2020年日】
保育士転職の最新情報

今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、保育園側も採用に力を入れる時期だからです。

一方で条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。

実際に保育士の私が利用した転職サイトが『マイナビ保育士』と『保育ひろば』です。

私は東京在住なので一番役に立ったのが『マイナビ保育士』でした。関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。

その他の地域にお住いの方におすすめなのは『保育ひろば』。こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。

『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。

マイナビ保育士
マイナビ保育士
  • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
  • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
  • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
保育ひろば
保育ひろば
  • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
  • 最短2週間でスピード転職も可能
  • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い

保育園の栄養士に転職…仕事にやりがいはあるのか

保育園調理師

保育園栄養士のやりがいは、やはり子供たちの笑顔を見られるというものではないでしょうか。子供にとって「ご飯」は特別なものです。今日のご飯は何だろう、という大人になると些細なことであっても嬉しくなってしまうのが子供です。

純粋な気持ちを持つ子供たちのための両氏を考えられること、これこそが保育園栄養士のやりがいです。保育士から保育園栄養士となった場合、同じ保育施設で働く職業でありながら業務内容が異なります。

勤務形態も変わるので、負担の少ない働き方が可能となります。

保育園の栄養士の仕事内容

虫眼鏡を持った女性

保育園栄養士の仕事内容にはさまざまなものがあります。単に献立を考えるだけではないのです。仕事だけではなく、子供たちのことを考えて栄養バランスについて自主的に勉強をしなければいけないのも特徴です。

栄養士の仕事として「献立を考えればいいだけ」と思っている人もいますが、それは大きな間違いです。子供たちの食育に関わるからこそ、簡単な仕事だけで終わらせてはいけないという考えが持たれています。

保育業務と事務作業の2種類がある

保育園の子供たち

保育園栄養士には保育業務と事務作業のふたつの仕事があります。保育業務と言っても実際に保育士のように子供たちと接するわけではありません。食育に関する紙芝居や調理実習の時の指導などを行うのです。

子供たちにとって食育は大切なことなので、保育士ほどではなくても子供たちと接する機会が多いのも栄養士の特徴のひとつと言えます。

事務作業は献立の作成や栄養価、経費の計算などもあります。保育士が行うような事務作業ではなく給食に関する事務作業だと覚えておきましょう。

基本的に保育園栄養士の人数は少ないので、職場によってはひとりで事務作業などを請け負わなければいけない場合もあるようです。

ワンポイント
保育園栄養士の人数がひとりの場合は40人以下なので事務作業と言っても根を上げたくなるような苦労にはならない傾向があります。

《栄養士の1日》スケジュールを公開

グラフと虫眼鏡

栄養士の1日としては以下のようになります。

  • 午前中に昼食の準備
  • 昼食時には調理、配膳、下膳
  • 午後は片付けや事務作業
  • 3時前におやつ準備
  • 3時におやつの配膳と下膳
  • 16時から18時まで事務作業や片付け

このような流れになっています。基本的にイベント時以外はこの流れに沿って動くので慣れることでスピードアップができて、仕事も余裕を持って行うことができるのです。

保育園栄養士がひとりの場合とふたりの場合では若干仕事の流れが異なることがあります。ふたりいることで、ふたつの作業を同時にできることもあるからでしょう。

基本的に園児が少ないところほど栄養士の数も少ないので、ひとりで作業するところも多いです。

ここに注意!
保育施設によっては栄養士が栄養管理と調理を行うこともあるので、業務における負担の大きさは保育施設によって変わってくると考えましょう。

保育園で働く栄養士の平均年収

グラフと虫眼鏡とお金

保育園栄養士の平均年収は250万円から350万円ほどと言われています。月収にすると17万円から22万円が相場のようです。ただ地域などによって賃金に関する特徴が変わってくるので、必ずしもこの範囲内の金額になるわけではありません。

給料に関しては雇用形態などによって大きく変わることもあります。例えば、保育園に直接雇用されるケースと委託会社から派遣された場合では仲介会社を通していることもあって得られる金額は変わってくるのです。

給料に関する疑問を残しておくと、後々のトラブルにつながることがあります。そのため、雇用前にしっかりと疑問点を解消しておきましょう。

特に応募時と実際に入金される給料の金額が異なるというのは保育園栄養士だけではなく、他の職種でも問題になっているのです。

保育園の栄養士として働くメリット

ガッツポーズをする保育士

保育園栄養士として働くメリットは、子供たちのためになるということでしょう。食育に携わることで、子供たちの成長を直接見ることができます。

子供たちから直接「ありがとう」や「おいしかった」という言葉を貰うことができるかもしれません。大人からの言葉も嬉しいですが、直接子供たちから言われることは更に嬉しさを感じるものです。

他にも保育園は大人数ではないことも多く、業務において余裕を持って行えることがほとんどです。これが病院などになると慌ただしく業務を行わなければいけない場合もあります。

保育園は自分のリズムで仕事ができるのもメリットのひとつでしょう。

まとめ

保育園の栄養士

保育園栄養士の仕事は子供たちの成長のために欠かせない職種です。だからこそやりがいを見出す人も少なくありません。

職場だけではなく、家庭でも栄養士の知識やスキルを役立たせることができるので、そういった意味で働こうと考える人もいます。

ただ、採用人数が少ないので栄養士として働きたくても募集がされていないという人も多いのです。派遣会社などに登録することで派遣してもらえる場合もあるようなので、そういった道も考えてみましょう。

【体験談】給料3万円アップ!
人間関係で悩まない職場に転職できました

喜ぶ

私がマイナビ保育士を利用して転職したところ、ハローワークにある求人よりも給料が3万円も高い保育園を紹介してもらえました。

【転職前】手取り約135,000円(月収約180,000円)
 ↓
【転職後】手取り約165,000円(月収約210,000円)

今の保育園よりも家から近い勤務地、何より人間関係が良い職場に就職することができ、今ではストレスを感じることなく働けています。持ち帰りの仕事もないので週末は友達と遊んだり、趣味に時間を費やせています♪

マイナビ保育士の登録は1分もかからず完全無料なのでぜひやってみてください。もちろん登録しても今の職場にはバレませんよ(*^^)v

コメントを残す

ページの上に行く