実は海外で保育士の求人が多く人気だった!海外勤務の働き方と給料!

日本人が海外勤務をする際には、どのような職種があるのでしょうか?海外勤務というと、敷居が高いイメージがあると感じる人も多いかもしれません。

しかし実際のところは、意外と語学力は必須という求人は少なく、現在の仕事を活かせるものも多いです。

特に海外では、日本の保育士や幼稚園教諭の求人ニーズが非常に高くなっています。具体的な働き方や給与はどのようなものなのでしょうか。保育士や幼稚園教諭として、海外転職を考えている人は必見です。

日本で保育士することも考えている人は転職エージェントに頼って転職するのがおすすめですよ!

▼失敗したくない!転職はプロに絶対相談▼

【2019年日】
保育士転職の最新情報

今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、新卒の研修が落ち着く保育園側も採用に力を入れる時期だからです。

一方で、条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。

実際に保育士の私が利用した転職サイトが『保育ひろば』です。保育ひろばは当サイトの人気転職サイトランキングでも1位になっている、一番信頼できる保育士専門の転職サイトです。(※全国対応)

保育ひろばは一般に公募しない"非公開求人"もあります。転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしてください。

保育ひろば
保育ひろば
  • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
  • 最短2週間でスピード転職も可能
  • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い

海外で日本の保育士の求人ニーズが多い理由

転職をする人たち

海外での日本人保育士は、以下のようなニーズがあります。

  • 駐在員家族のニーズ
  • 外資系企業でのニーズ
  • インターナショナルプリスクールでのニーズ
  • 企業内保育のニーズ
  • リゾート地でのニーズ

特に重要視されているのは、駐在員家族の保育ニーズでしょう。駐在員は海外出張とは異なり、数か月で帰国できるようなものではありません。一般的には4~5年程度を海外で暮らします。

またもっと長い場合には、10年程度滞在するということもあるでしょう。そのためこのくらい長期の海外赴任となると、単身赴任をするよりも家族と一緒に海外で暮らすケースが多くなります。ただ家族で海外へ渡った場合、心配になるのが子どもの教育です。

中学生以上の場合は、現地の学校にて現地国語の教育を受けさせると、バイリンガルを目指すのも可能でしょう。しかし幼児は外国語のみならず、日本語もしっかりと身に付いていない状態ですから、現地の保育園や幼稚園に預けるのは不安でしょう。

このような駐在員家族の不安を解消するために、日本人の駐在員が多い国では、日本語で教育を行える保育士や幼稚園教諭のニーズが高まっています。

企業やリゾート地で保育士のニーズが高いのはなんでなの?

企業やリゾート地での保育士のニーズが高いのも、理由は同じです。幼児が伝えたいことをいち早く気付いてあげられるように、日本語に対応できる人員が必要となっています。

海外で働く場合の保育園・幼稚園は主に3種類ある

おもちゃで遊ぶ子供

海外で日本人向けに求人を出している施設は、意外とたくさんあります。特に日本人が多く就業しているエリアは、常に日本人の保育士や幼稚園教諭を募集中です。具体的にどのような施設があるのかを詳しくみていきましょう。

海外で日本人向けに求人を出している施設

【1】日本人向け幼稚園・保育園

駐在員家族の保育ニーズに応えるために、日本人の子どもを専門とした保育園や幼稚園の求人は、常に求人が出ている状態です。また保育士の求人の半数以上が、日本人向けの保育園や幼稚園勤務となっています。

もちろんこの求人が多く出ているのは、日本人がたくさん働いている国やエリアとなるでしょう。また海外在留邦人が多い国でも、自ずと求人は増加します。

  • アメリカ
  • 中国
  • オーストラリア
  • ベトナム
  • インド

この10年の間にアジア圏への移住が急激に増えているため、日本人向けの保育園や幼稚園は需要がかなり高まっています。

保護者からしても子どもに馴染みの無い外国語で世話をしてもらうより、ある程度なら理解のできる日本語で接してほしいという人が多いようです。

【2】インターナショナルプレスクール(少数)

運動する子供

日本人の保育士や幼稚園教諭は、現地の教育機関からもニーズがあります。先進国ではインターナショナルプリスクールが日本以上に多数存在しており、国際的な教育に力を入れているのです。

特に最近では日本文化が世界的ブームになっているため、インターナショナルプリスクールでも積極的にカリキュラムとして組み込まれています。求人情報はそれほど多い訳ではないので、競争倍率は高くなるでしょう。

インターナショナルプリスクールでは、日本語以外にも様々な言語を教育することがあります。

  • 英語
  • 中国語
  • ポルトガル語

日本人と現地の子どもが一緒に過ごす保育園や幼稚園も存在します。そのため日本語以外にも、多国語に長けている人を求めていることが多いです。

【3】企業内保育や託児所

男女のサラリーマン

求人自体はごく少ないですが、企業のオフィス内にある託児所での勤務も存在します。女性の社会進出が当たり前になってきているため、オフィス内に託児所を設けている企業も多いです。

子どもが保護者と近い場所で過ごしていますから、ケガや風邪などのトラブルが発生した時にも、すぐに駆け付けられます。休み時間に様子を見に行ける、授乳をしに行けるという点もメリットと言えるでしょう。

万が一子どもが風邪を引いている時であっても、病児保育が可能な場合があるのも嬉しいところです。またオフィス内に託児所があることで、離職率が減少したという調査結果もあります。

ワンポイント
企業に勤めている人なら誰でも利用可能なため、日本人だけと接するという訳ではありません。就業に差し支えない程度の語学力は必要になる可能性があります。

保育士が海外で働く就労ビザ・費用について

メモする女性

海外で保育士や幼稚園教諭として就業するためには、就労ビザが必須です。就労ビザが取得できれば、海外で保育士や幼稚園教諭として働けます。なお取得基準については、各国によって様々です。

ただ日本人保育士はかなり需要の高い職ですから、比較的簡単に就労ビザを取得できます。ビザを取得する方法は、以下の通りです。

就労ビザを取得する3つの方法
  • 自身で申請する
  • 転職先の企業から申請をしてもらう
  • 転職エージェントを利用する

自身で申請する場合、用意しなければならない書類などがとても多いので、時間や労力がかかってしまいます。そのため転職先の企業に申請をしてもらったり、転職エージェントを利用した方が効率的といえるでしょう。

また転職に必要な費用も用意しなければなりません。必要となる費用の内訳には、以下のようなものがあります。

  • 航空券
  • 家賃
  • その他初期費用
  • 給与が出るまでの生活費

これらを踏まえて、渡航に必要な費用はだいたい30~50万円程度となるでしょう。

海外で働く場合の保育士さんの待遇・条件

チェックポイント

日本で保育士や幼稚園教諭として働いていた人は、ある程度の実務経験もあり、子どもの扱いに長けているでしょう。

そんな即戦力となる人材を、海外の保育園や幼稚園も求めています。ここからは転職に有利となる条件や、気になる給与などについて紹介します。

海外で働く場合の保育士さんの待遇・条件

【1】保育士として必要な資格・学歴・実務経験・語学力

海外で日本人向けの保育園や幼稚園に転職する際には、保育士資格や幼稚園教諭免許が必須となります。これは日本でも当たり前のことなので、問題ないでしょう。

これ以外にも必須とまではいきませんが、次のような資格を持っていると、転職に有利となります。

  • TOEICにて600点以上
  • 英検準1級以上
  • 現地の言語検定で2級以上
  • 自動車免許
  • 幼児安全法支援員
  • マイクロオフィススペシャリスト

資格の取得は必要ありませんが、音楽表現や造形表現に長けている人も優遇されやすいでしょう。子どもと楽しく接することが可能となるので、ある程度の技術は身に着けておいて損はありません。

学歴は、就労ビザを取得する際の条件となります。ただこの条件は各国によって異なり、アメリカやシンガポールなどでは、4年生大学の卒業が条件です。転職希望先の国の条件をよく確認しておきましょう。

また海外で保育士になるためには、実務経験が1番大切です。基本的に募集要項には、2~3年の実務経験を求められるケースがほとんどです。未経験ではそもそも就労ビザの申請が通らない場合があるため、あらかじめ求人先企業に確認をとりましょう。

語学力については、日系保育園での勤務の場合は必要ありません。実際に日本語のみで大丈夫な求人も多いです。

日本語のみでも大丈夫な求人ってあるんだ!

そうです。ただ企業向けの託児所やインターナショナルプリスクールでは、英語力が求められることになりますので注意してください。

【2】海外の保育士の平均給料

グラフと虫眼鏡とお金

日本では保育士や幼稚園教諭の給与は安いと言われており、平均は16~17万円程度となっています。ここから年金や健康保険などが引かれるわけですから、確かに給与事情は厳しいかもしれません。

では海外の場合はどうでしょうか?

中国 18~20万円
アジア 16~23万円
アメリカ 1500USD~

このように日本と比較すると、少々待遇は良いように感じられるでしょう。ただ実際には、各種手当の有無も大切になってきます。また注意したいのは、給与の支払い方法が現地通貨なのか円換算となるのかという点です。

現地通貨での支払いの場合、日本円水準では30万円を超えることもあります。もしも給与が15万円程度であっても、物価水準が安い国であったら、日本で暮らすよりも豊かな生活を送れる可能性も高いです。

携帯を見て驚く女性
関連記事

保育士のボーナスはいくらもらえる?賞与が良い求人の探し方を解説!

そもそも保育士のボーナスとは?園によって異なる ボーナスとは、給料とは別の特別賞与のことで、一般的には6月と1……続きを読む

【3】海外移住にかかる費用に対する手当て

面接対策

海外で保育士や幼稚園教諭として転職する際には、受け取り可能な手当についてもチェックしておく必要があります。やはり海外への移住にはかなりの費用がかかるので、利用できる手当があるかを確認しておくのはとても大切です。

まず確認したいのは住宅手当。企業によっては3LDKのルームシェアや寮の準備をしてくれます。逆に全額を自腹で支払わなければならない場合もあるでしょう。

ここに注意!
国によっては賃貸料金がとても高いことがあるので、負担を減らすためにも必ずチェックしておく必要があります。また就労ビザの取得にかかる費用を負担してくれる企業もあります。

基本的に就労ビザの申請から取得までは、採用企業のサポートが必要です。やり取りをする機会も多いため、採用が決定した際に就労ビザの取得が会社負担になるのかを確認しましょう。その他にも以下のような手当を用意している企業もあります。

  • 一時帰国手当
  • 引っ越し支度金
  • 医療保険や海外保険の有無
  • 日本の厚生年金や健康保険加入の有無

費用をなるべく減らしたい場合はどこに注意したらいいかな?

金銭的負担を減らすためには、求人に応募する前にしっかりと手当などが出るのかチェックしておきましょう。

海外で保育士の求人を探す方法

チェックに指差し棒

海外で保育士や幼稚園教諭として働きたいと思っていても、どうやって探したら良いか分からない人も少なくありません。

実際に海外で募集している求人は、どのように探したら良いのでしょうか。便利で親切な求人サイトを知って、海外転職の1歩を踏み出しましょう。

海外で保育士の求人を探す方法

【方法1】JEGS International

JEGS International
(画像出典:https://www.jegsi.com/)

JEGS Internationalは、海外の保育園や幼稚園、インターナショナルプリスクールの求人を公開しているサイトです。

非公開求人ではなく、どんな人でも閲覧可能になっているため、好待遇の求人は競争率がかなり高くなっています。

求人情報には以下のような内容が表記されています。

  • 勤務地
  • 募集職種
  • 応募資格・採用条件
  • 勤務条件
  • 職務内容
  • 待遇
  • 応募方法と締切日

実際に海外で働いている人の体験談や詳細な求人情報も確認できるので、情報収集には最適です。こまめにサイトをチェックして、自分に合った求人情報を探してみるのも良いでしょう。

【方法2】マイナビ保育士

公式ページ

海外転職を目指しているなら、転職エージェントの活用が必須です。特にマイナビ保育士は、人材紹介で有名なマイナビグループが運営しているため、信頼度が非常に高く人気のある転職エージェントになります。

マイナビ保育士は利用者の満足度を重視しており、サポート体制は抜群です。ただ一般的には日本国内の保育園や幼稚園の求人がメインとなっているので、海外の求人を多く扱っているとは言えないでしょう。

海外専用の転職エージェントではありませんが、海外にも拠点を設ける保育園や幼稚園へのネットワークを有しているため、そういった求人は待遇も良く働きやすい可能性が高いです。

また海外からの直接求人の他に、現在の保育園や幼稚園から駐在員として海外へ派遣してもらうこともできるでしょう。

マイナビ保育
関連記事

【マイナビ保育士】評判は?試してわかったメリット・デメリット!

マイナビ保育士のココがひと味違う『3つのメリット』 簡単!納得!安心!皆さまの転職活動を、希望の内容でトータルサポ……続きを読む

【方法3】保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむ
(画像出典:https://www.hoikujyouhou.com/)

保育情報どっとこむは、数多の転職エージェントの中で唯一、海外の求人サポートに力
を入れています。過去のQ&Aで海外を視野に入れた転職活動や就職活動をサポートしていると公言しているくらいです。

実際に海外の保育園や幼稚園への紹介実績もあるので、かなり信頼度の高い転職エージェントといえるでしょう。

紹介しているのは、海外の日本人向けの保育園や幼稚園の求人がメインのようです。そのため特別語学力を必要としない求人を紹介してくれます。

また他の転職エージェントとは異なり、非公開求人の取り扱いや自分の希望に沿った求人の紹介もしてくれます。個人情報登録後に専任の担当が支援してくれますし、希望や不安点などに対して電話を通して口頭で伝えられるのも良いところです。

【方法4】ボランティア・ワーホリを活用して働く

指差しする女性

「いきなり海外で保育士や幼稚園教諭として働くのには不安がある」という人も多いです。たしかに仕事の時には現地の語学力は必要なくとも、生活をしていく上では必要になってきます。また文化の違いなどが心配という人も居るでしょう。

まずは気軽に子どもの為になる活動をしたいという人には、ボランティアやワーキングホリデーの利用がおすすめです。保育士のボランティアは、多くの国からの需要があります。

期間は最短で1週間程度のものもあるので、気軽に体験できるのではないでしょうか。また18~30歳の保育士や幼稚園教諭は、ワーキングホリデーを利用することで、海外での就労体験ができます。

ワーキングホリデーを利用するときに気をつけたほうがいいこととかある?

海外での保育園や幼稚園で、ワーキングホリデーを利用して働く方法は、各国によって異なるため、事前に確認しておく必要があります。

失敗しない転職にしよう!理想の職場探しは転職エージェントに相談

\ Attention /

失敗しない!
転職成功に必須の”転職サイト”

私が転職にこだわったのが次の2つです。

  • 給料を2万円以上アップさせる!
  • 今より近い勤務地でラクな保育園を探す!

「でも、希望通りの求人なんてなかなか見つからないよね…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを発見し、即、アタリ求人と出会えました。

それもそのはず!非公開求人といって、ハローワークなどで普通に探していたら絶対に出会えない保育園を紹介してくれるサービスがあるからなんです。

転職活動で悩んだら相談もできるので、絶対に利用してほしいサイトです。

  • 保育ひろばおすすめ

    全国対応&あらゆる希望条件あり!

    保育ひろば
    • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
    • 最短2週間でスピード転職も可能
    • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い
  • マイナビ保育士

    関東圏の求人に圧倒的に強い!

    マイナビ保育士
    • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
    • 求人は関東圏(ほか大阪や兵庫など)の保育園に強い
    • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
  • 保育士バンク

    低離職率・ブランクあり・無資格者・派遣など求人が豊富

    保育士バンク
    • 北海道から沖縄まで日本最大級の求人数(全国対応)
    • 英語が使える・低離職率・復帰率高など条件検索が豊富
    • 限定の非公開求人が多い

転職した保育士さんのアンケートを調べたら、転職サイトに登録する方の多くは2~3サイトを使ってるみたいです。でも、まずは気に入ったサイト1つを試すだけでもいいと思いますよ。

「転職するのはもう少し先だけど…」という方も、事前準備しておくと後がラクなので、先に登録だけは済ませておきましょう!

まとめ

ニューヨークの高層ビル

日本人保育士や幼稚園教諭は、海外でも非常に需要の高い職業です。その理由の多くは、駐在員家族の保育ニーズによるものになります。そんな日本人の保育士や幼稚園教諭には、以下のような職場があります。

  • 日本人向け保育園や幼稚園
  • 企業のオフィス内にある託児所
  • インターナショナルプリスクール
  • リゾート地の託児所

保育士や幼稚園教諭は、海外でも活躍できる場が整っているのです。基本的には日本人の子どもと接するため、語学力は特別必要としないのも嬉しい点になります。

だからといってどの求人でも良いという訳ではありません。きちんとチェックしておかなければならない点も存在します。

  • 住宅手当
  • 引っ越し支度金
  • 一時帰国手当
  • 医療保険や海外保険

これらがある企業と無い企業では、出費の額に大きな差が出てしまいます。応募の前にきちんと確認しておきましょう。

海外での保育士や幼稚園教諭の求人を探す際には、転職エージェントを利用します。

  • JEGS International
  • マイナビ保育士
  • 保育情報どっとこむ

この他にも、ボランティア活動やワーキングホリデーを利用してみるのも良いでしょう。

転職
関連記事

【STEP1】転職する?退職?迷っている方へ《保育士転職成功ガイド》

「マイナスの今」から「プラスの未来」を作るのが転職 天国のような職場であれば、誰も転職しようとは思いません。 ……続きを読む

【体験談】給料3万円アップ!
人間関係で悩まない職場に転職できました

喜ぶ

私が保育ひろばを利用して転職したところ、ハローワークにある求人よりも給料が3万円も高い保育園を紹介してもらえました。

【転職前】手取り約135,000円(月収約180,000円)
 ↓
【転職後】手取り約165,000円(月収約210,000円)

今の保育園よりも家から近い勤務地、何より人間関係が良い職場に就職することができ、今ではストレスを感じることなく働けています。持ち帰りの仕事もないので週末は友達と遊んだり、趣味に時間を費やせています♪

保育ひろばの登録は1分もかからず完全無料なのでぜひやってみてください。もちろん登録しても今の職場にはバレませんよ(*^^)v

コメントを残す

ページの上に行く