【2019最新】北海道の保育士求人事情&失敗しない転職サイトの選び方

日本最大の面積を誇る北海道では、東京都などの都心部とは違った意味で保育士不足があります。2018年の都道府県別人口統計では、約528万人で全国8位の人口です。

ですが保育園の数は特定の地域では少なく、保育園や働く保育士の就職や転職にはハードルが高いでしょう。ここでは北海道で、保育士を目指している方や転職で失敗しない転職サイトの選び方を上げていきます。

北海道で利用されている、求人方法や転職サイトを理解しましょう。

▼北海道の保育士求人に強い転職サイト▼

ワンポイント

【先に結論】
北海道の保育士求人に強い転職サイトを調査した結果、求人数(非公開求人)やサポート対応の安心感などズバ抜けて評価が高いのが「保育ひろば」です。北海道で求人を探す保育士さん全てにおすすめしたいサイトです。

保育ひろば

【北海道の保育士求人に強い転職サイト】
人気おすすめランキングTOP3
ランキング 転職サイト名 公式サイト
1位 保育ひろば 公式サイトをチェック
2位 保育士バンク 公式サイトをチェック
3位 保育エイド 公式サイトをチェック

北海道の保育士の給料・年収事情!高収入は可能?

お金とグラフ

まずは北海道で保育士を目指している方や転職を考えている方は、北海道の平均的な給料や年収を把握しなければなりません。

何故なら給料や年収は、社会的評価の一つの指針でもあります。低給料では好きな仕事であっても、生活が困窮し離職の要因にもなり兼ねません。

近年ではワークライフバランスといった、仕事とプライベートの割合がどの程度なのか考える求職者も多く、給料や年収では勤務時間と給料のバランスが重要視されているでしょう。

全国の平均給料は約22万円、年収に関しては約330万円と言ったところで決して高い年収ではありませんが、北海道の年収はさらに低く下記が現状です。

  • 平均給料は約17万円
  • 平均年収は約310万円

以上のように北海道の保育園給料は、全国平均よりも大幅に下回っています。

北海道で高収入を目指すのは難しい?

高収入とまではいきませんが、年齢や経験年数によって昇給は見込めますので勤続年数が長ければ、年収は約400万円まで最低でも上がっていくでしょう。

北海道の保育士求人倍率は?保育施設数も公開

保育園

北海道の求人倍率は約1.8倍でこれは1つの保育園に対して、1.8人の保育士が転職活動をしている指標になるでしょう。ということは転職活動をする上では、そもそもの求人が少ないという事はなく、比較的保育園側が人材不足ではないと言えます。

しかし北海道全域の保育園の数は約800施設ですが、30%の約250施設が札幌市にあるため札幌市では人口密度の多さで保育士不足ですし、その他の地域では保育士自体が過疎地のため不足している状況でしょう。

ただ前項にも記載した通り保育園の平均年収を下回る地域や保育園もあるため、給料や条件面のみで保育園を探すと求人倍率以下になりますので、職場環境や人間関係など総合的に判断すると良いです。

北海道の待機児童について

近年では入園シーズン前によくニュースなどで取り上げられるのが、待機児童問題でしょう。

東京都では2018年4月で約5400人も待機児童がいますが、北海道は全国でも少なく約100人程度ではありますが、預けられない保護者にとっては急務です。保育園の施設数ももちろんですが、保育士の増員もしなければならないでしょう。

北海道の保育士求人を探すコツは『転職サイト』

タブレットと並べられたビジネス道具

保育士の転職や就職と聞くと学校での求人や転職サイト、駅などで設置されている求人誌が一般的な求人でしょう。どの募集要項を見ても最低の給料からしか記載が無かったり、文面からは読み取れない保育園の職場環境など気になる項目です。

ですが近年では求人サイトを閲覧して応募をするだけでなく、転職担当者と言われる求職者と保育園の架け橋としてサポートしてくれる企業も増加しています。

▼北海道の保育士求人に強い転職サイト▼

では実際にどのようなサポートが受けられるのか、メリットは何なのかを考えてみましょう。

転職担当者が転職を全てサポート(無料)

転職をする人たち

まずオススメしたいのが転職を考えているときは、一人で考え込まず相談をすると良いでしょう。何故かというと、一人だと主観的に捉えがちです。

客観的な意見や北海道の保育園求人の実情が分からないまま間違った転職をしてしまい、後悔をするケースがあるからです。

そこで転職をサポートしてくれるキャリアコンサルタントに相談するメリットとしては、下記のような事が言えるでしょう。

  • 客観的な意見がもらえ固定概念にとらわれない
  • 保育士専門のキャリアコンサルタントがいる
  • 登録や転職しても利用料は無料
  • 直接言いにくい事を聞いてくれる

このように転職担当者を介して、転職すると分からないことを解消してくれます。デメリットとしては、担当者が分からない事は直接保育園に確認してもらえるので少し時間がかかるだけでしょう。

待遇面も相談可(住宅手当・給与・勤務地・通勤手段・勤務日・残業の有無など)

コーディネートに相談する女性

まず北海道で転職を考える時に求職者が最も気になる項目としては、給与や福利厚生などの待遇面でしょう。当たり前ですが仕事をする以上、生活が困窮していては好きな仕事や職場であっても、欠かせない項目です。

実際に転職サイトを見たとき、待遇面を見ない人はいません。ですが待遇面をあまり大袈裟に好条件で記載しても、実際に働いてからのギャップがあったり退職の理由になります。保育園側も待遇面は、かなりシビアに書いているでしょう。

特に転職サイトなどのキャリアコンサルタントを利用する場合、転職するときに下記のような項目を確認出来ます。

  • 経験に対して基本給がいくらになるのか
  • 希望勤務地や勤務地異動があるのか
  • 住宅手当や通勤手当の上限と条件はあるのか
  • 休日や残業の有無はあるのか

給料から勤務地などいろいろ確認してくれるんだ!便利だね!

そうです!給料などの相談や質問はもちろん、待遇面の交渉もキャリアコンサルタントが仲介役として確認してもらえます。

非公開優良求人が多数掲載されている

驚く女性

意外と知られていないのがこの項目で、実は一般的に公開されている求人と非公開優良求人と呼ばれるものがあります。

非公開優良求人とは、保育園側がピンポイントで欲しい人材を転職サイトの運営会社にリクエストします。非公開優良求人のメリットとは、下記のような項目があるでしょう。

  • 好条件求人がある
  • キャリアに合わせて交渉が可能
  • 管理職や役職者向けの求人がある

これらの項目は求職者の経験や能力を転職担当者がヒアリングを行い、ヒアリング内容をまとめた物を保育園側に伝え交渉も行います。

逆に保育園側が求める人材なのかどうかを転職担当者は見極め、この求職者ならば適任であると判断すると、非公開優良求人の紹介を受けられるでしょう。

もちろん求める人物像は公開求人よりも狭き門ではありますが、自分の経験がどこまで活かせるのか判断する指針の一つになります。

園の職場環境も登録後に口コミ&評判で見れる

非公開求人

転職サイトの保育園ひろばというサイトでは、北海道の保育士の求人の一覧が見れる他にも保育園の口コミや評判が閲覧できるでしょう。

募集要項は見れば一目瞭然ですが、保育園の内情などは分かりません。ですから、口コミや評判なども合わせて判断基準にするのも大切です。

保育士転職サイト「保育ひろば」ならわずか1分程度で登録ができ、各園の口コミや評判などのレビューが見れますよ。

北海道の保育士転職に強い転職サイトランキング

ランキング

数ある保育士向け転職サイトの中でも、登録数や見易さなどに定評があるサイトについて紹介します。転職サイトと聞くと操作や閲覧方法など難しく捉えがちですが、自分が閲覧しやすい物や操作しやすい物を選びましょう。

1位『保育ひろば』

公式ページ

北海道の中でも札幌や中心部の求人掲載が多いのが特徴で、掲載数は約170社でしょう。北海道の保育園数は約800施設ですので、20%が保育士を求めているもしくは人材不足だと言えます。

保育ひろばは求職者登録をすると口コミや評判なども閲覧可能となるので、募集要項意外にも写真や評判などで保育園の雰囲気も掴めるでしょう。保育ひろばの運営会社と詳細は、次にまとめてます。

運営元 株式会社ネオキャリア
設立 2000年
公開エリア 全国
求人数 約11000件

株式会社ネオキャリアは全国で人材事業を展開していて、どの地域でも求人を閲覧できるでしょう。また各拠点にキャリアコンサルタントがいますので、北海道へ転職を考えている場合でも、まずは最寄りの拠点でアドバイスを聞けます。

求人数や拠点数は、もちろん親身にアドバイスしてくれる担当者がいるのも人気のポイントでしょう。

2位『保育士バンク』

公式ページ

保育士バンクの特徴は、大きく2つあります。1つ目は転職担当者が中心に、かなり親密かつ丁寧に転職に関するアドバイスがあるでしょう。紹介を中心に行なっていますので、転職担当者からマメな連絡と数社の紹介があり、比較検討が出来るのが特徴でしょう。

2つ目は非公開求人の多いところで、転職サイトに掲載している保育園はごく一部で非公開求人が圧倒的な数を誇ります。転職する時は自分の経験を活かして、今以上の条件で働きたいと考える人も多いでしょう。

保育士バンクは、下記が運営元です。

運営元 株式会社ネクストビート
設立 2013年
公開エリア 全国
求人数 非公開

自分の転職に対して親身に相談できる保育士転職のプロがいるのは、相談だけでもまず問い合わせしてみましょう。思いがけない保育園との出会いも、期待できます。

3位『保育エイド』

公式ページ

保育エイドの特徴としては、前の2サイトと差別化を図るため女性の転職担当者が多いところでしょう。近年では男性保育士も増加の傾向がありますが、それでも女性保育士が大多数を占める割合です。

また女性が働きやすい環境はやはり同じ女性の方が、親身になってもらえるところが特徴です。保育エイドは転職理由の一つでもある、人間関係にスポットを当てた転職サイトで転職担当者からも保育園の人間関係なども聞けるでしょう。

運営元 株式会社サクシード
設立 2004年
公開エリア 全国
求人数 非公開

今働いていて条件面に大きな不満は無いが、上司や部下など人間関係に不満があって転職を考えている方は、実情や内情を知るためにも一度保育エイドの転職担当者に相談してもいいましょう。

転職サイトの対応地域(北海道)

ワンポイント
愛別町、赤井川村、赤平市、旭川市、芦別市、足寄町、厚岸町、厚沢部町、厚真町、網走市、安平町、池田町、石狩市、今金町、岩内町、岩見沢市、歌志内市、浦臼町、浦河町、浦幌町、雨竜町、江差町、枝幸町、恵庭市、江別市、えりも町、遠軽町、遠別町、雄武町、大空町、奥尻町、置戸町、興部町、長万部町、小樽市、音威子府村、音更町、乙部町、帯広市、小平、上川町、上士幌町、上砂川町、上ノ国町、上富良野町、神恵内村、木古内町、北広島市、北見市、喜茂別町、京極町、共和町、清里町、釧路市、釧路町、倶知安町、栗山町、黒松内町、訓子府町、剣淵町、小清水町、札幌市中央区、札幌市北区、札幌市東区、札幌市白石区、札幌市豊平区、札幌市南区、札幌市西区、札幌市厚別区、札幌市手稲区、札幌市清田区、様似町、更別村、猿払村、佐呂間町、鹿追町、鹿部町、標茶町、士別市、標津町、士幌町、島牧村、清水町、占冠村、下川町、積丹町、斜里町、初山別村、白老町、白糠町、知内町、新篠津村、新得町、新十津川町、新ひだか町、寿都町、砂川市、せたな町、壮瞥町、大樹町、鷹栖町、滝川市、滝上町、伊達市、秩父別町、千歳市、月形町、津別町、鶴居村、天塩町、弟子屈町、当別町、当麻町、洞爺湖町、苫小牧市、苫前町、泊村、豊浦町、豊頃町、豊富町、奈井江町、中川町、中札内村、中標津町、中頓別町、長沼町、中富良野町、七飯町、名寄市、南幌町、新冠町、仁木町、西興部村、ニセコ町、沼田町、根室市、登別市、函館市、羽幌町、浜頓別町、浜中町、美瑛町、東神楽町、東川町、日高町、比布町、美唄市、美深町、美幌町、平取町、広尾町、深川市、福島町、富良野市、古平町、別海町、北斗市、北竜町、幌加内町、幌延町、本別町、幕別町、増毛町真狩村、松前町、三笠市、南富良野町、むかわ町、室蘭市、芽室町、妹背牛町、森町、紋別市、八雲町、夕張市、湧別町、由仁町、余市町、羅臼町、蘭越町、陸別町、利尻町、利尻富士町、留寿都村、留萌市、礼文町、稚内市、和寒町

転職を成功するなら必ず転職サイトを活用しよう

重要

北海道で保育士として転職をする場合、なぜ転職サイトを利用した方がいいのでしょうか?それは、大きく分けると2つあるでしょう。1つ目は、転職サイトも転職担当者の利用も全てが無料であるところです。

サイトの運営元は基本的に、保育園から保育士が入社すると人材紹介料をもらい成り立っています。ですから求職者に、費用が発生しない仕組みでしょう。2つ目は、その転職担当者から非公開優良求人の紹介が受けられます

転職担当者から今までの職務経歴やスキル、資格などをヒアリングしてもらい、保育園側が求めている人物像と求職者が求める保育園像をマッチングしてもらえます。この求人によって自分のキャリアを活かした、転職が出来るでしょう。

【北海道の保育士求人に強い転職サイト】
人気おすすめランキングTOP3
ランキング 転職サイト名 公式サイト
1位 保育ひろば 公式サイトをチェック
2位 保育士バンク 公式サイトをチェック
3位 保育エイド 公式サイトをチェック
保育士転職サイトランキング
関連記事

【2019最新】保育士転職サイトおすすめランキング《人気9社比較》

ひと目で分かる!保育士転職サイト"人気9社"の特徴 どの保育士専用の転職サイトでも、一般的に共通しているサービスがあり……続きを読む
保育士転職成功ステップ
関連記事

【2019最新】失敗しない!保育士転職成功ガイド《完全マニュアル》

ステップ1.『退職理由』から出発 まだ転職しようかどうか悩んでいる方も、すでに今の職場を辞めると決めた方も、な……続きを読む

コメントを残す

ページの上に行く