給料が上がる!保育士のキャリアアップは『研修・セミナー』が重要!

キャリアアップのために転職活動をする保育士が増えています。昔は保育士というと結婚や妊娠のタイミングで職を離れる人が多い仕事でしたが、現在は共働きの人も増えて定年まで働く人も多くなってきています。

だからこそ、将来を見据えてのキャリアアップを考えるのでしょう。しかし保育士はどのようにキャリアアップをすることができるのでしょうか。転職をすることでキャリアップができるのでしょうか。

お給料アップする職場を探したい!という人は転職エージェントに頼って転職するのがおすすめですよ!

▼失敗したくない!転職はプロに絶対相談▼

【2019年日】
保育士転職の最新情報

今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、新卒の研修が落ち着く保育園側も採用に力を入れる時期だからです。

一方で、条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。

実際に保育士の私が利用した転職サイトが『マイナビ保育士』と『保育ひろば』です。私は東京在住なので一番役に立ったのが『マイナビ保育士』でした。関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。

その他の地域にお住いの方におすすめなのは『保育ひろば』。こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。

『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。

マイナビ保育士(関東圏特化)
マイナビ保育士
  • 求人は関東圏に特化した保育園
  • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
  • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
保育ひろば
保育ひろば
  • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
  • 最短2週間でスピード転職も可能
  • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い

保育士のキャリアアップとは?役職につくことが可能になる

手招きをするスーツの女性

最近は保育士に新制度ができて、キャリアアップを行うことでさまざまなメリットを得ることができるようになりました。そのため、キャリアアップを目指す人も増えているのです。

保育士はすべての職員が同等ではなく、各クラスの担任をはじめ乳児リーダー、幼児リーダー、主任保育士、園長、副園長といったいくつかの役職があります。

ここに注意!
園長副園長になるためには私立保育園では難しいでしょう。公立保育園の場合は試験に合格をすることで可能ではありますが、園長が空席の状態でなければなることはできません。

保育士としての経験を積むことでキャリアアップが実現し、役職につくことも可能です。保育士のキャリアアップは、より高い専門知識や能力を身につけることで実現が可能です。

今すぐは難しくても10年後、20年後を見据えてキャリアアップを行ってみてはいかがでしょうか。

保育士のキャリアアップとして役立つ資格は社会福祉士、臨床心理士、絵本専門士、運動保育士、チャイルドマインダー、リトミック指導者など複数あります。

もちろん、これらの資格も保育士としての質を高めることができますし、転職活動を有利にすることができます。キャリアアップのためにも自分の興味のある資格の勉強をしてみるのも良いでしょう。

スマホとPCで調べる女性
関連記事

保育士の転職&スキルアップに役立つ7つの資格【徹底解説】

保育士のスキルアップとは研修を行って資格を取るのがおすすめ 保育士はただ資格を持っているだけではなく、やはり職……続きを読む

保育士キャリアアップ研修・セミナーとは?研修内容と費用をチェック

講習会を開く女性

保育士にはキャリアアップのための研修制度があります。これは厚生労働省が指示した研修であり、専門的なことを学ぶことで保育士としてのキャリアアップにつなげることができるんです。

保育士として役立つ資格を取得するのもいいですが、国が定めた保育士のための研修やセミナーは保育士の転職をするうえでも役立つはずです。

保育士としてのキャリアアップやセミナーはさまざまな場所で行われています。しかし具体的にはどんな場所で、どのような研修が行われているのでしょうか。

保育士キャリアアップ研修・セミナー

①保育士のキャリアアップ研修は何が行われる?

面接を受けている女性

厚生労働省が示している研修は、8種類に分けられています。乳児保育と幼児教育、そして障害児保育に食育アレルギー、また保健衛生安全対策や保護者支援子育て支援、さらに保育実践とマネジメントの分野です。

この中から自分の興味のある分野を4つ選び、専門的に学んでいきます。それぞれ15時間以上の研修となります。そのため4分野ともなると60時間以上の研修が必要となります。

働きながら1部門15時間以上、合計60時間以上の研修を受けることはなかなか難しいでしょう。キャリアアップの研修を受けることで転職活動において大きなアピールポイントにつながりますし、もちろん自分自身の保育士としての自信にもつながるはずです。

この中でも特におすすめなのが保育実践とマネジメント研修です。

保育実践・マネジメント研修とは?副主任や主任を狙うなら必須

案内をするOL

保育実践は実務経験の少ない保育士を対象とした研修で、実践的な保育を学ぶことができるので新人のキャリアアップには最適な研修といっていいでしょう。ブランクのある人にもおすすめです。

マネジメント研修は、将来的に主任や園長先生を目指している人にピッタリの研修です。保育園でのマネジメントや人材育成などを学ぶことができるので、将来的に役職に就きたいという人はぜひ受けておきたい研修となっています。

実際に、副主任や主任などになるためには、マネジメント研修を含めた他3つの研修を受ける必要があります。もしどの分野を受けるか悩んでいる場合は、マネジメント研修を受けておいたほうがいいでしょう。

自分自身の興味のある分野、得意な分野で研修を受けるのが一番ではありますが、将来的に役立ちそうなものを選ぶことも大切です。

②保育士キャリアアップ研修の費用はどれくらい?ほとんどが無料

電卓と表で費用を計算

ここで気になるのがキャリアアップ研修の費用です。実はキャリアアップ研修はほとんどの自治体が無料で行っています。費用が必要な場合でも、テキスト代1000円のみという場合が多いでしょう。

基本的には、私立保育園で働いている現役保育士を中心に行っている研修となっています。

転職活動中でも可能かどうか、どのように参加できるかどうかなどはすべて自治体によって異なるので、興味がある方は自分の自治体ではどのようにキャリアップ研修が行われているのかチェックをしてみてください。

保育士のキャリアアップでどれくらい給料が変わる?役職手当によって変わる

グラフと虫眼鏡とお金

ここで気になるのが、キャリアアップを受けることでのメリットです。まず、キャリアアップを受けただけですぐに給与面に反映されるという訳ではありません。

ただし、キャリアアップを受けることで役職につける可能性が高くなり、役職手当が出る可能性があります。

職務部門別リーダー
  • 経験3年以上で担当するキャリアアップ研修を修了していることが条件
  • 部門別リーダーに任命されれば、月5000円の処遇をもらえる
専門リーダー
  • 実務経験7年以上、職務部門別リーダー経験者、4つ以上の分野の研修を修了している人が専門リーダーに任命されたときに受けられる処遇
  • 毎月の給与に4万円がプラスされるので、とても大きな待遇
  • 職務部門別リーダーを経験しなければいけないが、それでも月4万円の給与アップはとても大きい

専門リーダーは職務部門別リーダーを経験しなければいけませんので注意してください。

最後に副主任保育士です。保育士としての経験が7年以上、職務部門別リーダー経験、マネジメントと3つ以上の分野の研修を修えたうえで副主任に任命されたときに該当します。処遇に関しては月4万円と専門リーダーと変わりありません。

しかし保育士としては専門リーダーよりもアップしています。いずれも給与面の大幅アップが見込めるので、給与面を向上させたいのであればキャリアアップ研修はとてもおすすめです。

保育士のキャリアアップをする人が少ない『2つの理由』

キャリアアップ研修にはたくさんのメリットがありますが、そこまでキャリアアップを望まない人、研修を受ける人が少ない、というのが現実です。なぜキャリアアップをする人が少ないのでしょうか。

保育士のキャリアアップをする人が少ない『2つの理由』

【1】実現しにくい理由

考える保育士

まず、研修を受けたとしても必ず給与アップにつながる訳ではないという点です。いくらキャリアアップ研修を重ねても、保育士としての実務経験が長くても、職務部門別リーダーに任命されるとも限りません。ほかにも役職がつくかどうかもわからないのです。

そのため、実際にキャリアアップ研修を積んだとしてもキャリアアップの経験を生かすことができるかどうかわからない、実現しにくい、という難点があります。

キャリアアップ研修をする人はキャリアアップしたいという一心で受けるかもしれませんが、実現しにくい現実が待っているんです。

【2】望んでいない人もいる

赤ちゃんを抱っこする保育士

保育士として働くうえでキャリアアップを望んでいないという人もいます。人によって働き方はさまざまです。特に保育士は女性が多い仕事であり、妊娠や出産をきっかけに一度退職をするという人がとても多いようです。

子育てが少し落ち着いてから再就職をするというときには、正社員ではなくパートを選ぶという人が多いのでしょう。だからこそ、キャリアアップはそこまで望まず、正社員として普通に働きいずれはパートになるという考え方の人が多いのです。

そのため、キャリアアップは特に望まずに研修を受けないという場合があります。向上心がないという訳ではなく、保育士としての働き方として一番多いのが正社員からのパートなので仕方がないのでしょう。

保育士のキャリアアップするためには『2つの方法』がある

考えるスーツの女性

キャリアアップを目指す保育士はあまり多くはありません。狭き門であり、またキャリアアップを考えることなく働いている人が多いからです。

そして保育士のキャリアアップ制度はまだまだ始まったばかりの制度で知らないという人、やってみたいと思う人が少ないというのも現状でしょう。しかし、キャリアアップを目指す保育士は今後増える可能性があります。

だからこそ、これからも保育士として続けていきたいのであればキャリアアップを考えてみてはいかがでしょうか。そして、保育士がキャリアアップを目指すためにはどうするのが一番なのでしょうか。

保育士のキャリアアップする『2つの方法』

【方法1】現在の職場でキャリアアップを目指す

ガッツポーズをする保育士

まず第一に、現在の職場で働きながらキャリアアップを目指すという方法です。現在の職場であれば仕事にも慣れているので、働きながらキャリアアップ研修も行いやすいはずです。また、万が一今後転職活動をしたいと思ったときもの役立つのではないでしょうか。

転職をするうえでキャリアアップ研修を受けている、というのはとても心強いです。転職先としては、キャリアアップ研修を受けていてこれからも保育士として働きたいと思っている人、向上心のある人は雇いたいと思うでしょう。

仕事を離れる人が多い、結婚や出産のタイミングで離れる人が多い仕事だからこそ、今後のことを見据えてキャリアアップ研修を受けている人、これからも向上する意欲のある人と働きたいと思うはずです。

現代の職場でキャリアアップを生かすことができなかったとしても、今後必ず役立つはずです。そのため、キャリアアップに興味があるのであればぜひ研修を受けてみましょう。

【方法2】キャリアアップしやすい職場に転職する

スマホで調べる保育士

キャリアアップを受けるために転職をすることもお勧めします。現在の職場でキャリアアップを受けれたり、転職活動をするためにキャリアアップを受けるのも良いかもしれません。しかし保育士は激務の職場が多いでしょう。

働きながらキャリアアップ研修を受けるとなるとなかなか時間が取れない場合もあります。また、保育園側がキャリアアップについて意欲的ではない、詳しくないという場合は、キャリアアップ研修を受ける支援をしてくれない場合も多いです。

そのため、働きながらキャリアアップ研修を受けることが難しい場合もあります。けれどもキャリアアップ研修に力を入れている職場であれば違います。

ワンポイント
キャリアアップ研修を受けるためにシフトを調節してくれたり、キャリアアップを受けながら働きやすい環境を作ってくれるところもあります。

キャリアアップ研修に力を入れている職場であれば、実際にキャリアアップ研修を受けたことがある人も多くいて、どのようなことをしたのか、どのように生かすことができているのかを聞くこともできるはずです。一緒に向上心を持って働くことができるはずです。

転職活動をするときも、キャリアアップ研修に理解のある職場だから、支援をしてくれそうだから、ということで志望動機を伝えやすいのではないでしょうか。このように、転職をするきっかけとしてキャリアアップ研修を伝えることはとても良いことだと思います。

失敗しない転職にしよう!理想の職場探しは転職エージェントに相談

\ Attention /

失敗しない!
転職成功に必須の”転職サイト”

私が転職にこだわったのが次の2つです。

  • 給料を2万円以上アップさせる!
  • 今より近い勤務地でラクな保育園を探す!

「でも、希望通りの求人なんてなかなか見つからないよね…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを発見し、即、アタリ求人と出会えました。

それもそのはず!非公開求人といって、ハローワークなどで普通に探していたら絶対に出会えない保育園を紹介してくれるサービスがあるからなんです。

転職活動で悩んだら相談もできるので、絶対に利用してほしいサイトです。

  • マイナビ保育士おすすめ

    関東圏の求人に圧倒的に強い!

    マイナビ保育士
    • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
    • 求人は関東圏(ほか大阪や兵庫など)の保育園に強い
    • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
  • 保育ひろば

    全国対応&あらゆる希望条件あり!

    保育ひろば
    • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
    • 最短2週間でスピード転職も可能
    • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い
  • 保育士バンク

    低離職率・ブランクあり・無資格者・派遣など求人が豊富

    保育士バンク
    • 北海道から沖縄まで日本最大級の求人数(全国対応)
    • 英語が使える・低離職率・復帰率高など条件検索が豊富
    • 限定の非公開求人が多い

転職した保育士さんのアンケートを調べたら、転職サイトに登録する方の多くは2~3サイトを使ってるみたいです。でも、まずは気に入ったサイト1つを試すだけでもいいと思いますよ。

「転職するのはもう少し先だけど…」という方も、事前準備しておくと後がラクなので、先に登録だけは済ませておきましょう!

まとめ

セミナーの様子

保育士のキャリアアップ制度はまだまだ始まったばかりの新しい制度です。そのため制度のことを知らない人や興味のないという人も多いでしょう。しかし今後も保育士として働くのであれば必ず役立つ制度であり、転職をするうえでも有利に働きます。

保育士のキャリアアップ制度以外にも、保育士としてもっていると役立つ資格はいくつかあります。もしキャリアアップや給与アップを見据えての転職を考えているのであれば、ぜひキャリアアップ制度を活用してみてください。

保育士のために作られた制度なので今後保育士として働くうえで生かせる部分がたくさんあるでしょう。そして、これからはセミナーを受けた経験のある人を優遇してくれる保育園、キャリアアップ制度を支援してくれる保育園も増えていくはずです。

まずはキャリアアップ制度について知り、自分がどの分野に興味があるのかを考え、キャリアアップ制度を活用してみてはいかがでしょうか。

保育士転職成功ステップ
関連記事

【2019最新】失敗しない!保育士転職成功ガイド《完全マニュアル》

ステップ1.『退職理由』から出発 まだ転職しようかどうか悩んでいる方も、すでに今の職場を辞めると決めた方も、な……続きを読む

【体験談】給料3万円アップ!
人間関係で悩まない職場に転職できました

喜ぶ

私がマイナビ保育士を利用して転職したところ、ハローワークにある求人よりも給料が3万円も高い保育園を紹介してもらえました。

【転職前】手取り約135,000円(月収約180,000円)
 ↓
【転職後】手取り約165,000円(月収約210,000円)

今の保育園よりも家から近い勤務地、何より人間関係が良い職場に就職することができ、今ではストレスを感じることなく働けています。持ち帰りの仕事もないので週末は友達と遊んだり、趣味に時間を費やせています♪

マイナビ保育士の登録は1分もかからず完全無料なのでぜひやってみてください。もちろん登録しても今の職場にはバレませんよ(*^^)v

コメントを残す

ページの上に行く