保育士求人の“未経験OK”って本当?みんなが悩む3つの要素と注意点

保育士として働きたいという気持ちがあっても、実際に実務経験がなくて不安という方もいます。大学や専門学校で実習経験があればまだいいですが、それがないと保育園でしっかり働けるのかもわからないものです。

そもそも未経験で採用されるのだろうかという不安もあるでしょう。ですが未経験OKの 保育士求人も多数存在し、実際に未経験で活躍している方もいます。ただし未経験ならではの悩みもあるでしょうし、注意点もあるのでチェックしておきましょう。

保育士求人の未経験のポイント(気になる箇所をクリック)

未経験で不安という人は、転職エージェントに頼って転職するのがおすすめですよ!

▼失敗したくない!転職はプロに絶対相談▼

【2021年日】
保育士転職の最新情報

今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、保育園側も採用に力を入れる時期だからです。

一方で条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。

実際に保育士の私が利用した転職サイトが『マイナビ保育士』と『保育ひろば』です。

私は東京在住なので一番役に立ったのが『マイナビ保育士』でした。関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。

その他の地域にお住いの方におすすめなのは『保育ひろば』。こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。

『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。

マイナビ保育士
マイナビ保育士
  • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
  • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
  • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
保育ひろば
保育ひろば
  • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
  • 最短2週間でスピード転職も可能
  • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い

未経験でも保育士に転職をすることは可能

スマホで調べる保育士

保育士の資格は取得しているが、保育士として実務経験はまったくないという潜在保育士は少なくありません。実際に保育士の資格を取得している中で、経験がないという保育士は東京都では4人に1人と言われています。

ではそもそも未経験で保育士に転職できるのでしょうか。答えはイエスです。もちろん誰でも転職できるというわけではありませんが、多くの施設で慢性的な保育士不足となっており、資格があり働く意欲があれば採用したい施設が多いのです。

もちろん、本来なら実務経験のある保育士を採用したいところでしょうか、条件を絞ると保育士がなかなか見つからない現状です。

保育士不足だから、採用側もそこまで条件を絞って募集することができないんだね。

そうです。そのため、資格があって未経験の保育士はもちろん、資格がなくてもOKとして求人を出している施設も少なくありません。

保育士資格の取得方法と保育士補助の選択肢

ファイルを持つ女性

保育士を目指すなら、やはり保育士資格を取得しておきたいものです。保育士資格を取得する方法はいくつかあります。

保育士資格を取得する方法
  • 厚生労働大臣が指定する「保育士を要請する学校その他の施設」を卒業して無試験で取得
  • 他の仕事をしながら勉強し、保育士の国家試験を受け合格する
  • 保育士補助として保育園などの施設で働きながら勉強し、保育士の国家試験を受け合格する

じっくり保育士としての専門的な知識を身に付けたいなら、大学・短期大学・専門学校に通うのがいいでしょう。ただできるだけ早く保育士として働きたいなら保育補助として園で働きながら勉強するという選択肢もあります。

保育補助なら実際に園で働き経験を積むことができますし、園によっては通信講座の受講料や国家試験の受験量を補助してくれるところもあります。

お任せ保育士
関連記事

『保育補助』とは?どんな役割がある?メリット・デメリット【まとめ】

保育補助とは保育士のアシスタント 保育補助とは、保育士のアシスタント的な職務をこなすお仕事で、保育士の資格を持……続きを読む

保育士の求人で未経験OKな『2つの理由』

指をさす保育士

『未経験OK』という保育士の求人もあります。本来なら実績のある方を雇いたいものですが、待機児童が多く慢性的に保育士が不足しているのが1つの理由です。そしてもう1つの理由が、未経験でも他の仕事の経験が活きることもあるからのようです。

保育士の求人で未経験OKな『2つの理由』

【理由1】待機児童が多いから

待機児童は大きな問題となっています。それを解消するため保育園などの施設を増やすなと対策をしていますが、預かる子供が増えれば必然的に保育士が必要になります。慢性的な保育士不足である現状では、経験者のみの求人ではなかなか保育士を確保できません。

そのため、特に保育士不足が顕著な保育園や施設では、未経験でもOKとしているところも多いのです。

ワンポイント
保育士と保育補助は現実的にはできる仕事が違ってくることもあるので、未経験でも資格があればより採用されやすいというわけです。

【理由2】保育士の現場は今までの経験が活きる

ガッツポーズをする保育士

未経験OKの保育士求人がある理由としては、単純に保育士不足だから仕方なく、というわけでもないようです。実は保育士以外の仕事や人生経験が、保育士に転職してからも活かされることがあるからです。どのような経験が活きるのかまとめてみました。

  • コミュニケーション能力が子供や保護者、同僚との関わりを円滑に
  • 事務処理能力も保育士の仕事では必要に
  • 子育て経験が保育士の仕事に役立つ
  • 子供を保育園などの施設に預けた経験があれば保護者の気持ちも理解できる
  • 違った視点から保育の現場を見ることができる

これまでの仕事と保育士の仕事は全く畑違いという方も少なくないでしょう。中には専業主婦だったという方もいます。

ですが、そういった保育士以外の仕事でも他人とのコミュニケーション能力が備わったり、事務処理能力も備わることもあるでしょう。また子育て経験があればそれも保育には欠かせません。

保育士と子供
関連記事

他の職種から保育士へ転職するメリット・デメリット【全まとめ】

違う職種から保育士に転職は資格を持っていれば可能 全く畑の違う職種から保育士に転職することは可能なのか、という……続きを読む

保育のスキルがなくても、他のスキルでカバーすればいいんだね!

そうです。保育士ではなかったからこその経験が活かされることもあり、それが未経験OKの求人がある理由の1つでもあります。

保育士の仕事を知らない人をたくさん採用して、たくさん働かせてやるぞ!

保育士の仕事内容を知らないことで、ブラックな職場に入ってしまうこともあるので、きちんと最低限の仕事内容は確認しておきましょう。

未経験だから悩む『3つの不安要素』

20代の転職女性

保育士としての経験がない方が保育士として働きたいと思った場合、やはり不安な要素はいくつかあります。

特に園の様子がわからない、未経験が採用されるか不安、そもそも未経験者を募集している園が見つけられないなど、この3つが大きな不安要素のようです。

未経験だから悩む『3つの不安要素』

【要素1】園の様子がわからない

未経験の方の中には、これから保育士の資格取得も目指すという方もいるでしょう。短大や専門学校で保育課程を修了している方なら在学中に実習を経験しているでしょうが、そうでなければ園の様子は単なるイメージしかわかりません。

実際にどのような流れで1日が進むのか、どのようにして子供達を保育していくのか、さらに保育以外の仕事もあります。

採用されて、急に働くとなっても現場を知らないと何をすればいいのか、何がダメなのかもわからないでしょう。

ガッツポーズをする保育士
関連記事

保育士への転職で欠かせない『園見学』ポイントやコツ【まとめ】

保育士に転職するのに園見学は欠かせない理由 保育士が転職活動をする際には、一般的には出されている求人募集を見て……続きを読む

【要素2】履歴書(志望動機・自己PR)・面接が不安

履歴書と職務経歴書

保育士として働いた経験があれば、多少ブランクがあったとしても履歴書の志望動機や自己PR、面接もそれほど不安はないでしょう。ブランクがあるなら、「子育てが一段落したので」という理由もいいですし、経験がどのように活かせるかもアピールできます。

ですが、全く畑違いの仕事をしていた方などは、志望動機や自己PR、そして何を面接でアピールすればいいのかもわからないでしょう。「そんな経験、保育には役立たないです」などと言われないかと不安になるのも無理はありません。

ただ未経験OKで募集している時点で、保育に関する経験や知識について多くを求めていません。大切なのは保育に対するやる気や熱意ですから、これまでの経験も活かせるような自己PRをしていくといいでしょう。

履歴書・職務経歴書
関連記事

【STEP4】履歴書・職務経歴書を作成する《保育士転職成功ガイド》

履歴書の書き方(基本情報~免許・資格) [caption id="attachment_802" align="ali……続きを読む

未経験から保育士になるための自己PR例

コーディネートに相談する女性

『保育士を一度は断念しましたが、姉の子供たちと触れ合う中で子供の成長を手助けできる保育士をもう一度目指してみたいと思うようになりました。接客業をしていたこともあり、コミュニケーション能力は保育の仕事に活かせると思っています』

『保育士の資格取得後、結婚・出産・育児となったため、保育士の経験はありません。ですが、保育士として働きたい気持ちは昔から変わっていませんし、保護者の立場から保育園を見てきたこともあり、子供と関わり、保護者の気持ちが理解できると思います』

など、自己PRでは未経験でも保育士になりたいという意気込みややる気が感じさせることが大切です。

履歴書
関連記事

【新卒・転職別】保育士の面接!魅力ある自己PRの書き方とは?

保育士の自己PRを作成する前に知っておいてほしいこと 一般の会社と違って、保育士の自己PRの場合、人物を重視し……続きを読む

保育士になりたいという意気込みとやる気を見せるのが大切なんだね!

さらに、その上でこれまでの人生経験、仕事の経験が保育士としてどのように活かせるのかも考えておくと大きなアピールになるはずです。

【要素3】未経験者募集の園を探す方法がわからない

パソコンで求人をチェックする女性

未経験だが保育士になりたいという意気込みはあっても、実際に保育園などの施設で働くには、まずは未経験者の募集をしている園を見つけないといけません。園の方針によっては経験者のみ採用というケースもあるからです。

また未経験でも保育士資格の有無も関係してくる園もあります。短大や専門学校を修了して就職先を探すのであれば、養成施設からのサポートにより園を紹介してくれる場合もありますが、そうでなければなかなか見つけられない場合もあります。

保育士不足とはいっても、園がどこに求人情報を出しているのか見つけられないケースも少なくないでしょう。

特に新年度が始まってからだとなかなか少ないのも現状ですから、なおさら見つけられずに不安になってしまうものです。

未経験で保育士への転職に成功した『4つの事例』

チェックポイント

未経験で保育士として転職に成功した方はたくさんいます。畑違いと思われる職種からでも採用され、実際に活躍されている方もいますので、ここでは転職に成功した4つの事例を紹介します。未経験の方は参考にしてみるといいでしょう。

未経験で保育士への転職に成功した『4つの事例』

【事例1】事務から保育士へ転職

小さい頃から保育士になりたいと思っていましたが、結局は短大卒業後、OLで事務職をしていました。ただやはり保育の仕事をしたいという気持ちが強くなり、通信で資格を取得。保育士でも事務仕事があるそうなので、そこを経験としてアピールしました。

それが功を奏したのか無事保育士として働くことができたのです。実際に働いてみると連絡帳の記入や保育日誌、指導計画書、園だより、各種報告書などかなり事務仕事があるので、これまでの経験が本当に活かせていると思いました。

【事例2】接客業から保育士へ転職

ガッツポーズをする保育士

これまで仕事をしながら子供は保育園に預けるというスタイルで、仕事と育児の両立をしてきました。そこから自分でも働く方の育児をサポートしたいという気持ちになり、一念発起して保育士を目指しました。

接客業をしてきたことがあり、コミュニケーション能力やホスピタリティには自信がありました。面接でそこをアピールしましたし、高く評価してもらえました。それにより未経験ながらも保育士として保育園で働くことができました。

【事例3】看護師から保育士へ転職

子供と遊ぶ保育士

以前は看護師として働いていましたが、妊娠・出産を機に退職。子育ても一段落したこともあり、働こうと思いました。そこで目指したのが保育士です。子供が学校に行っている時間を利用してスクールに通い、保育士の資格を取得。

保育士としては未経験ですが、看護師としての知識や実績は保育の現場でも必ず必要になる、と思いその点を猛アピールしました。担当の方もその点をよく理解していただき、ぜひ働いていただきたいということで採用されました。

【事例4】営業職から保育士へ転職

赤ちゃんを抱っこする

保険の営業職をしていました。学資保険などを紹介しているうちに親御さんの子供の対する気持ちもよくわかるようになり、保育士を目指そうと思うようになりました。営業が自分に合わないというのも大きい理由です。

保育士になるまで時間がかかるので悩みましたが、全くの未経験なので確かな知識と技術を取得したいと思い専門学校に通いました。

保険の知識はそれほど役に立ったわけではありませんが、培ったコミュニケーション力などは保育士になっても役立っていると思います。

未経験から保育士へ転職する時の注意ポイント

チェックするサラリーマン

未経験から保育士へと転職する時には、いくつか注意するポイントがあります。まとめてみましたのでチェックしてみてください。

未経験から保育士へ転職する時の注意ポイント
  • 園や施設の内情、仕事内容などをよく確認する事
  • 年下の保育士でも先輩という気持ちを忘れない
  • 未経験でも子供・保護者からすれば保育のプロ
  • 失敗を必要以上に恐れない

未経験の方は、保育園の様子や1日の流れなどわからないことが多いでしょう。保育士は長時間労働で意外と体力も必要になる仕事ですから、思った以上にハードに感じることもあります。ですので、就業時間も含めてよく内情を把握しておきましょう。

また年下の先輩保育士もいるでしょうから、敬う気持ちは忘れてはいけません。

OL
関連記事

【保育士】年度途中の退職は問題なし!転職への影響はある?

保育士は年度途中で辞めてはいけないの2つの要因 保育士はなぜ年度途中で辞めてはいけないと言われるのでしょうか。これには……続きを読む
ここに注意!
未経験だと不安がいっぱいでしょうが、大切な子供を預かるわけですから自信をもって仕事をしましょう。

転職サイトで希望する条件を探す

チェックに指差し棒

保育士としての経験があれば、転職するにしてもどの点に重視すべきかわかります。ただ未経験の方は、何を基準にしたらいいかわからない人もいるはずです。まずは保育士として働く際にチェックしたい条件をまとめてみました。

保育士として働く際にチェックしたい条件
  • 育休・産休などの福利厚生や制度の有無
  • 園内研修などのサポートがある
  • 人間関係が良好
  • 保護者からの評判が良い
  • 勤務スタイル

保育士としてこれから生きていくなら、やはり長く勤められる施設を見つけたいところです。とはいえ、園の内情や仕事内容は働いてみないとわからない部分が多いです。そんな時は転職サイトで希望する条件の園を探すのがいいでしょう。

保育士転職サイトランキング
関連記事

【2021最新】保育士転職サイトおすすめランキング《人気9社比較》

ひと目で分かる!保育士転職サイト"人気9社"の特徴 どの保育士専用の転職サイトでも、一般的に共通しているサービスがあり……続きを読む

転職サイトを利用することでどういうことがわかるの?

転職サイトなら、園の評判や内情もある程度わかりますし、保育士として働くためのアドバイスもしてくれるでしょう。

うちがブラックな職場だとわかるかもしれないから、転職サイトは利用しないでくれ…。

未経験でも大丈夫!転職エージェントのサポートを使おう

\ Attention /

失敗しない!
転職成功に必須の”転職サイト”

私が転職にこだわったのが次の2つです。

  • 給料を2万円以上アップさせる!
  • 今より近い勤務地でラクな保育園を探す!

「でも、希望通りの求人なんてなかなか見つからないよね…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを発見し、即、アタリ求人と出会えました。

それもそのはず!非公開求人といって、ハローワークなどで普通に探していたら絶対に出会えない保育園を紹介してくれるサービスがあるからなんです。

転職活動で悩んだら相談もできるので、絶対に利用してほしいサイトです。

  • マイナビ保育士おすすめ

    関東圏の求人に圧倒的に強い!

    マイナビ保育士
    • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
    • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
    • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
  • 保育ひろば

    全国対応&あらゆる希望条件あり!

    保育ひろば
    • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
    • 最短2週間でスピード転職も可能
    • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い
  • 保育士バンク

    低離職率・ブランクあり・無資格者・派遣など求人が豊富

    保育士バンク
    • 北海道から沖縄まで日本最大級の求人数(全国対応)
    • 英語が使える・低離職率・復帰率高など条件検索が豊富
    • 限定の非公開求人が多い

転職した保育士さんのアンケートを調べたら、転職サイトに登録する方の多くは2~3サイトを使ってるみたいです。でも、まずは気に入ったサイト1つを試すだけでもいいと思いますよ。

「転職するのはもう少し先だけど…」という方も、事前準備しておくと後がラクなので、先に登録だけは済ませておきましょう!

まとめ

頭を抱える母親

地域によっては待機児童が多く、その対策として保育園の数やき定員を増やすなどの対策に取り組んでいます。ただし慢性的な保育士不足でそれもままならないことも多いようです。そのため未経験OKという保育士求人も多いです。

未経験でも他の仕事をした経験や子育てをした経験が保育士の仕事に活かせないわけでもありません。実際に他の職種から保育士に転職して成功している方も多いです。ただ、不安に思う点も少なくないでしょう。

未経験から保育士に転職する際には、保育士専門の転職サイトを利用してみるのも1つの方法です。園の様子や保育士の仕事内容など、わからないこともいろいろアドバイスしてくれますし、履歴書や面接のポイントも教えてもらえるでしょう。

保育士転職成功ステップ
関連記事

【2021最新】失敗しない!保育士転職成功ガイド《完全マニュアル》

ステップ1.『退職理由』から出発 まだ転職しようかどうか悩んでいる方も、すでに今の職場を辞めると決めた方も、な……続きを読む

【体験談】給料3万円アップ!
人間関係で悩まない職場に転職できました

喜ぶ

私がマイナビ保育士を利用して転職したところ、ハローワークにある求人よりも給料が3万円も高い保育園を紹介してもらえました。

【転職前】手取り約135,000円(月収約180,000円)
 ↓
【転職後】手取り約165,000円(月収約210,000円)

今の保育園よりも家から近い勤務地、何より人間関係が良い職場に就職することができ、今ではストレスを感じることなく働けています。持ち帰りの仕事もないので週末は友達と遊んだり、趣味に時間を費やせています♪

マイナビ保育士の登録は1分もかからず完全無料なのでぜひやってみてください。もちろん登録しても今の職場にはバレませんよ(*^^)v

コメントを残す

ページの上に行く