保育士への転職で欠かせない『園見学』ポイントやコツ【まとめ】

アパートを契約したり自動車を購入する時に、まったく事前に見ることもなく決めてしまう人はいませんよね。

それと同じで、保育士が働く職場もできれば働き始める前に見学しておきたいものです。

ここでは、園見学をする際のポイントやコツについてご紹介しますね。

不満が原因で退職するのは今の職場だけにしたい!長く働ける職場を探したい!という人は転職エージェントに頼って転職するのがおすすめですよ!

▼失敗したくない!転職はプロに絶対相談▼

【2019年日】
保育士転職の最新情報

今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、新卒の研修が落ち着く保育園側も採用に力を入れる時期だからです。

一方で、条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。

実際に保育士の私が利用した転職サイトが『マイナビ保育士』と『保育ひろば』です。私は東京在住なので一番役に立ったのが『マイナビ保育士』でした。関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。

その他の地域にお住いの方におすすめなのは『保育ひろば』。こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。

『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。

マイナビ保育士(関東圏特化)
マイナビ保育士
  • 求人は関東圏に特化した保育園
  • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
  • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
保育ひろば
保育ひろば
  • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
  • 最短2週間でスピード転職も可能
  • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い

保育士に転職するのに園見学は欠かせない理由

虫眼鏡を除く女の子

保育士が転職活動をする際には、一般的には出されている求人募集を見て、条件や待遇面で納得したら面接を受ける事になります。

しかし、実際に働く職場を見ることなく決めてしまうと、いざ働き始めてから職場の雰囲気が思っていたものと全く違うなどガッカリしたり後悔することになりかねません。

保育士にとって園見学とは、自分がこれから働くことになる職場について目でしっかりとチェックできるチャンスであるとともに、職場の雰囲気を肌で感じることができる機会でもあります。

ワンポイント
満足度が高い転職、そして後から「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためには、転職前に一度は園見学をする事をおすすめします。

園見学は求人の再確認のため

メモする女性

園見学は、求人募集に記載されている内容を再確認するための機会でもあります。

園見学のお仕事に限らずどんな仕事でも、求人募集には良いことしか書かれていませんし、ボンヤリとぼかした言葉で書かれていることが多いものです。

例えば、休日はどのぐらいあるのかという点を知りたいのに、求人募集に「休日アリ」としか記載されていなければ、具体的にどのぐらい取れるのかは分からないまま転職することになってしまいます。

ワンポイント
園見学では、園長先生とも面会ができるので、そうした不明な点をスッキリ明確にした上で、転職するかどうかを決めることができます。

園見学は保育士の質問をするなどアピールする機会でもある

保育士

園見学では、実際に他の保育士さんが働いている現場にお邪魔することになりますし、園長先生と話をする機会も設けられていることが多いものです。

自分にとって保育園を事前チェックするための場所が園見学ですが、保育施設の側にとっては求職者である自分をチェックする絶好の機会になっていることは忘れてはいけません。

ここに注意!
自分の一挙一動はスタッフ全員に見られていますし、それが今後の働きやすさを決める要素にもなりかねません。

園見学に足を運んだら、その施設の雰囲気を肌で感じ取るとともに、自分がその施設の雰囲気に合っていることをアピールしましょう。

自分が持っている保育に対する情熱を伝える場所としても活用できますし、面接以外で自分をアピールできる唯一の場所が園見学ですから、上手に活用したいですね。

【保育士転職】園見学の方法と流れ

教える先生

園見学は、誰でもいつでも自由に行えるというわけではありません。小さな子供達を保育する施設にお邪魔することになるため、事前に手続きが必要となります。

そのためもしも今後転職を考えている人は、候補として考えている園を一つだけではなくて複数をピックアップして園見学することをおすすめします。

ここでは、具体的にどんな流れで園見学ができるのかをご紹介しますね。

園見学の方法と流れ

【1】まずは見学の日程を決める

パソコンの女性

園見学には予約が必要となることが多いものです。今日見たいからと言ってアポなしで園見学ができるわけではないので注意しましょう。

一般的には1ヶ月ぐらい前に園に直接電話をかけて予約を取る事になります。

ただ、2週間ぐらい前でもOKという所もあれば、予定が詰まっていて2カ月先まで無理ということもあるので、時間には余裕をもって連絡したほうが良いでしょう。

ワンポイント
園見学の日程を決める際には、こちらから時間や曜日などもリクエストすることができます。

時間については、できるだけ保育士やスタッフが全員出勤している時間帯の方が良いので、午前中なら10時から11時ぐらいがおすすめですね。

一方、午後には子供たちがお昼寝している時間帯となる13時から14時ぐらいなら、ゆっくり保育士の方などとお話しする機会があるかもしれません。

【2】見学の準備をする

スマホを見る女性

園見学では、基本的には保育園にお邪魔して保育の様子を見学するだけなので、特に持っていくものはありません。

しかし、多くの保育園は住宅街の中にあったりして、場所が分かりにくいことが多いため、当日に初めて足を運ぶとなると道に迷ってしまう可能性があります。

できれば事前に足を運んで場所を確認しておきたいですね。

ワンポイント
質問したい内容などは、当日は頭の中が真っ白になってしまうかもしれませんから、あらかじめメモ帳などにまとめておくのがおすすめです。

保育園の多くは建物内は土足禁止なので、上履きを持参するのも良いでしょう。

園の側でスリッパを出してくれることが多いのですが、上履きを持参したほうが快適に園内を歩くことができますよ。

【3】見学しにいく・気に入った職場にはお礼状を出す

メモを書く

園見学に行く際には、携帯電話と服装には気を付けなければいけません。携帯電話は基本的には園内ではNGなので、電源をオフにしておきましょう。

服装は、園見学では保育のお仕事をするわけではないので基本的にはスーツなどでOKですが、保育士とイメージさせないような服装やヘアスタイル、メイクではスタッフに与える印象があまり良くありません。

清潔感があふれる服装やヘアスタイル、メイクを心がけましょう。また、基本的にはアクセサリーなどはNG、メイクは薄めのナチュラルメイクで臨みましょう。

お礼状を出しましょう

園見学をした後には、お礼状を出すことをおすすめします。

特に気に入った職場は、求人募集が出たら応募したいわけですから、お礼状を出して自分の印象を少しでも残す努力が必要です。

気に入らなかった職場にはお礼状を出す必要はありませんが、出して損をする事はないので、マナーとして出すのも良いでしょう。

園見学に準備するもの

悩む女性

園見学では、特に持っていかなければいけないものはありません。しかし、持っていると便利なものはたくさんあるので、それをいくつかご紹介しますね。

まず、ペンやメモ帳などは持っていると便利です。園見学で気づいたことをメモにすれば、後から思い返すことができますね。

スマホで写真撮影をしたほうが分かりやすいという人がいるかもしれませんが、基本的に園内ではスマホは電源オフにしたほうが良いので、メモ帳とペンを持参するのがおすすめです。

その他に必要なもの

スマホとPC

園内では土足禁止なので上履きを持参することも園見学のマナーですし、もしかしたら軽作業のお手伝いをさせてもらえるチャンスがあるかもしれません。

そうしたことを想定してエプロンなども鞄の中に入れておくと良いかもしれません。

ワンポイント
人によってはソーイングセットとかストッキングなども持参する人がいますが、こちらはオプションですね。

保育園ではハンカチやティッシュは持っていなければ困る必需品ですが、ハンカチ以外にフェイスタオルなどを持っていてもいざという時に便利ですよ。

転職先として良いのか園見学でチェックしておきたいポイント

チェックポイント

園見学に入ったら、これから自分が働くことになるかもしれない職場について、しっかりチェックしておきたいポイントがあります。

チェックした点は時間が経つと忘れてしまうような細かいことも多いため、かならずメモ帳とペンを持参して、メモしておくことをおすすめします。

ここでは、どんな点をチェックするのが良いのかをご紹介しますね。

園見学でチェックしておきたいポイント

【1】園全体の綺麗さ

保育園

建物が新しいか古いかということではなくて、園児たちが快適で安全に過ごせるように掃除が隅々まで行き届いているかという点をチェックしましょう。

例えば戸棚や水回りなどは特に汚れやすい場所なので、要チェックです。子供達が普段から使う部分なので、ある程度の汚れは仕方ありません。

しかし、カビが生えていたりごみやほこりが積もっているような場合には、園児たちの安全や衛生面に問題があると考えることができます。

掃除担当のチェックも重要

また、園の清掃を担当するのは誰なのかという点もチェックしておきたいものです。

教室内の清掃は保育士がもちろん日常的に行いますが、公共の場所などに業者が入って隅々まで掃除がされているのか。

それとも保育士が交代もしくは合同で掃除の作業を行うのかという点についてもチェックしておくと安心です。

【2】保育士の年齢層

保育士

働く保育士たちの年齢層もチェックしたいポイントです。自分と同じぐらいの年齢層の保育士が多い職場の方が働きやすいと感じることが多いので、この辺りは要チェックです。

20代前半の若い保育士が多い施設では、これから結婚や出産などによって保育士さんが離職する可能性が高いことが予測できます。

また、年配の保育士さんが多い職場なら、ベテランが多い施設だということが分かるでしょう。

年齢層をチェックする大切さ

保育士の年齢層をチェックすることは、これから自分が働く場合の働きやすさを予想することにもつながります。

保育士の職場によっては、出産したり子育てをしながら両立できる職場もあれば、なかなか難しい所もあります。

若い保育士もしくはベテランしかおらず、出産や小さな子供の子育て世代の保育士がいない職場だと、育児と仕事の両立が難しいのかなと予測できるかもしれませんね。

【3】保育士間の雰囲気と子供との関係性

保育士と子供

園見学では、子供達の様子を観察することによって職場の雰囲気や働きやすさを予想することもできます。

子供達が楽しそうにしているかどうか、生き生きとしているか、そして保育士とのコミュニケーションはどうかという点は、園見学に足を運んだらぜひチェックしたいポイントです。

もしも園児たちが保育士を怖がっているような場合には、あまり職場の雰囲気が良い園とは言えないかもしれません。

子供への対応もチェック

保育園ではたくさんの園児を保育しています。そのため、中には問題を起こしたり保育士を困らせる園児もいるものです。

そうした場合の対応や対処について、保育園での子供達の生活を観察することによって、その園の方針を垣間見ることができます。

例えば一人でポツンとしていたり、その状態が放置されているような場合には、保育士の数が足りずにすべての園児に保育が行き届いていないのか、それが園の方針なのかという点が予測できます。

【4】月のスケジュールを確認する

カレンダー

園見学をする際には、その園のイベントや催しなどに関して月のスケジュールを確認したいものです。

正社員として働く保育士にとっては、勤務時間は毎日それほど変わることはありませんが、イベントなどが多い施設だと、その準備で残業や終わらない仕事を自宅に持ち帰ることが多くなる可能性があります。

ワンポイント
保育園ごとに、イベントの数やスケジュールは異なるので、そうした点もチェックすることによって、自分にとって働きやすい施設かどうかを知ることができるでしょう。

イベントが大好きな人で準備をする事が苦にならないのなら、イベントが盛りだくさんの園を選んだほうが充実した毎日を過ごせるでしょう。

また、プライベートと仕事を両立したい人なら、できるだけイベントが少なくて毎日の保育に専念している園を選ぶのがおすすめです。

園見学のときまでに質問を決めておく

メモする女性

園見学は、保育園の面接の前にその園についていろいろな情報収取ができる絶好の機会です。

面接の時だと、たくさん質問すると嫌がられるのではないかと躊躇してしまう人は多いのですが、園見学ではそうした感情を持つことなく、知りたいことを積極的に質問することができます。

園長先生と面会できる時間が設けられていることが多いですし、場合によっては働く保育士さんたちに話しかけてコミュニケーションを取ってもOKという園もあります。

質問をリスト形式で作っておく

園見学に足を運ぶ際には、どんな点を知りたいのか、あらかじめ質問をリスト形式にまとめておきましょう。

全ての質問をする必要はありませんし、質問の内容によっては園内を見学して分かったことや、園長先生から説明を受けて理解できたことなどもあるかもしれません。

たくさんある質問事項を頭の中ですべて覚えておくのは大変ですし、緊張して忘れてしまうこともあるかもしれませんのでメモがおすすめです。

ワンポイント
メモ帳にシッカリとリストアップした上で、園見学に臨むことをおすすめします。備えあれば憂いなしです。

「絶対の条件」と「妥協できる条件」を明確にする

ビジネスマン

どんな条件が妥協できるかできないかという点については、その人の価値観やライフスタイル、またライフステージによって異なりますから、一概にこの条件は妥協するべきという線引きはできません。

園見学に足を運ぶそれぞれの園ごとに、特徴や雰囲気は異なりますし、その中には気に入った点もあればイマイチだなと感じた点もあるでしょう。

そうした点を自宅に戻って来てから比較検討するためには、自分自身の中で絶対に譲れない条件と妥協できる条件をはっきりさせておくことをおすすめします。

どんな条件があるのか例から考えてみよう

悩む女性

どんな条件があるのでしょうか。まず、ロケーションがあります。

駅近ロケーションなのかマイカー通勤OKなのか、近くに月極で借りられる駐車場はあるのかどうかという点が大切という人もいれば、自転車で通勤できる範囲で働きたいということが絶対条件という人もいますね。

ワンポイント
職場の雰囲気や働き方ですが、イベントが多い園ではどうしても残業や持ち帰り作業が多くなる傾向にあります。

残業が少ない職場を希望する人もいれば、保育士としての経験を積みたいからイベント大歓迎という人もいるでしょう。

そうした点をはっきりさせることによって、どの職場が自分にピッタリなのかが見えてきます。

失敗しない転職にしよう!理想の職場探しは転職エージェントに相談

\ Attention /

失敗しない!
転職成功に必須の”転職サイト”

私が転職にこだわったのが次の2つです。

  • 給料を2万円以上アップさせる!
  • 今より近い勤務地でラクな保育園を探す!

「でも、希望通りの求人なんてなかなか見つからないよね…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを発見し、即、アタリ求人と出会えました。

それもそのはず!非公開求人といって、ハローワークなどで普通に探していたら絶対に出会えない保育園を紹介してくれるサービスがあるからなんです。

転職活動で悩んだら相談もできるので、絶対に利用してほしいサイトです。

  • マイナビ保育士おすすめ

    関東圏の求人に圧倒的に強い!

    マイナビ保育士
    • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
    • 求人は関東圏(ほか大阪や兵庫など)の保育園に強い
    • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
  • 保育ひろば

    全国対応&あらゆる希望条件あり!

    保育ひろば
    • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
    • 最短2週間でスピード転職も可能
    • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い
  • 保育士バンク

    低離職率・ブランクあり・無資格者・派遣など求人が豊富

    保育士バンク
    • 北海道から沖縄まで日本最大級の求人数(全国対応)
    • 英語が使える・低離職率・復帰率高など条件検索が豊富
    • 限定の非公開求人が多い

転職した保育士さんのアンケートを調べたら、転職サイトに登録する方の多くは2~3サイトを使ってるみたいです。でも、まずは気に入ったサイト1つを試すだけでもいいと思いますよ。

「転職するのはもう少し先だけど…」という方も、事前準備しておくと後がラクなので、先に登録だけは済ませておきましょう!

まとめ

パソコンをする女性

保育士が転職を考えたら、まずは実際に園に足を運んで職場を見学する園見学をする事をおすすめします。

時間に余裕をもって行えば、複数の園に足を運んで比較できますし、比較したほうが自分にとってピッタリの職場を見つけやすくなるでしょう。

カレンダー
関連記事

【STEP2】転職活動する&辞める時期を計画《保育士転職成功ガイド》

保育士転職はどれくらいの期間がかかる?3ヶ月かからないのがほとんど 一般的に、採用が決まるまでの転職活動期間は……続きを読む

【体験談】給料3万円アップ!
人間関係で悩まない職場に転職できました

喜ぶ

私がマイナビ保育士を利用して転職したところ、ハローワークにある求人よりも給料が3万円も高い保育園を紹介してもらえました。

【転職前】手取り約135,000円(月収約180,000円)
 ↓
【転職後】手取り約165,000円(月収約210,000円)

今の保育園よりも家から近い勤務地、何より人間関係が良い職場に就職することができ、今ではストレスを感じることなく働けています。持ち帰りの仕事もないので週末は友達と遊んだり、趣味に時間を費やせています♪

マイナビ保育士の登録は1分もかからず完全無料なのでぜひやってみてください。もちろん登録しても今の職場にはバレませんよ(*^^)v

コメントを残す

ページの上に行く