何回までなら大丈夫?保育士の転職回数が多いと不利か徹底解説!

転職をしたいけど、転職回数がネックになって思いきれない、という人が時々います。たしかに、転職回数は履歴書を見れば一目瞭然ですし、転職回数は増えることはあっても減ることはありません。

そうなると、転職に慎重になってしまうのも無理はないでしょう。しかし、転職回数が多いのは本当に不利なのでしょうか?

保育士の転職回数のポイント(気になる箇所をクリック)

転職回数の不安なく転職したい人や長く働きつづけられる職場を探している人は、転職エージェントに頼って転職するのがおすすめですよ!

▼失敗したくない!転職はプロに絶対相談▼

【2021年日】
保育士転職の最新情報

今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、保育園側も採用に力を入れる時期だからです。

一方で条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。

実際に保育士の私が利用した転職サイトが『マイナビ保育士』と『保育ひろば』です。

私は東京在住なので一番役に立ったのが『マイナビ保育士』でした。関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。

その他の地域にお住いの方におすすめなのは『保育ひろば』。こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。

『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。

マイナビ保育士
マイナビ保育士
  • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
  • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
  • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
保育ひろば
保育ひろば
  • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
  • 最短2週間でスピード転職も可能
  • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い

保育士を含めて一般的な転職回数

チェックするサラリーマン

転職回数が多いというのは、保育士に限らずどちらかというと不利に働きます。よほどの回数でない限り、それだけでダメ、ということにはなりませんが、マイナスイメージを与えるのは仕方ありません。

ただし、現代は転職が一般的になりつつあるため、2~3回の転職までは問題ないでしょう。年齢や転職理由にもよりますが、ステップアップや納得できる理由であれば、転職を繰り返していてもそれほどマイナスにはなりません。

ただし、転職回数が4回を超えると転職が難しくなる、というデータもありますので、3回目の転職からは慎重に転職したほうがよいかもしれません。

転職回数が多いと不利になる『2つの大きな理由』

頭を抱えて悩む女性

転職回数が多いと転職できなくなるというわけではありませんが、理由によっては面接官にマイナスの印象を与えてしまうのは確かです。

もちろん本人にとっては毎回やむを得ない転職でしょうが、周囲から見るとよい印象を与えない理由もいろいろあります。転職回数が多いと、相手にどのような印象を与えてしまうのでしょうか。

転職回数が多いと不利になる『2つの大きな理由』

【理由1】忍耐力がない

残業に悩まされる女性

転職回数が多い場合に、最も疑われるのはこの点です。違う保育園を何度も辞めているということは、採用してもちょっと嫌なことがあると辞めてしまうのではないか、という不安を抱かせてしまいます。つまり、忍耐力がないのではと思われるのです。

確かに、どの保育園で働いても嫌なことは絶対にありますし、我慢しなければならないこともあります。保育園は大切な子供を預かっているのですから、担任になった先生が年度途中に辞めてしまっては信頼を損ないますし、クレームの元にもなってしまいます。

どこの保育園でも、長期的に働いてくれる人を採用したいという気持ちはありますし、クレームのリスクを避けるためにも、忍耐力に不安のある保育士は、採用をためらわれるのです。

【理由2】考えなく行動している

悩む女性

保育の仕事に真剣に取り組み、仕事そのものに誇りと熱意があるのであれば、そう簡単に辞めないのではないか、と思われることは多いです。

つまり、何度も保育園を変わるということは、自分のやりたい保育が自分でもよくわかっていなかったり、何のためにその保育園に入って、どんな仕事がしたいのか、ということをよく考えて入職していないと思われても仕方ないでしょう。

つまり、保育士の資格を取ったからなんとなく保育園に就職して、ちょっと嫌になったからとりあえず別の保育園に転職する、ということを繰り返す、考え無しの人だと認識されてしまうのです。

転職を繰り返したときの『2つのデメリット』

×するサラリーマン

転職を繰り返すことで、希望の職場に転職できたと喜ぶこともできますが、実際には転職を繰り返したことでデメリットも生じています。

転職をすることでいろいろな保育園での勤務経験を得て、仕事の幅が広がったという人もいますが、転職活動を繰り返したことで、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

転職を繰り返したときの『2つのデメリット』

【デメリット1】なかなか出世をしない

考える保育士

転職回数が多いということは、どうしても勤続年数が少ないということです。ある程度十分な経験を積み、管理職として転職するのであれば大丈夫ですが、数年おきの転職となると、新しい職場ではまた一からのスタートになります。

新卒で働き始めて、転職せずに同じところで経験を積んだ友人が管理職になっても、転職を繰り返していると別の幼稚園で新人として勤務している、ということにもなりかねません。

もちろんいろいろな保育園での経験がある、ということがプラスに働く場合もありますが、一般的には転職回数が多いと出世しにくくなることが多いでしょう。

【デメリット2】別の職種に転職するのがさらに難しくなる

落ち込む保育士

転職回数は、増えることはあっても減ることはありません。転職するたびに、次の転職が難しくなっていくということを理解して、はじめから慎重に転職することは大切です。

保育士は慢性的に不足しており、求人の数も多いため次の勤務先が見つかりやすく、特に若いと新卒感覚ですぐに採用されるため気軽に転職しがちですが、転職回数が4回を超えてくると転職理由を問う声も厳しくなってきます。

さらにそのころには年齢も高くなるので、それなりのキャリアや経験がないと転職が難しくなってしまいます。年齢が上がり、転職回数が増えた時に急に転職が難しくなって焦ることのないように注意したほうがよいでしょう。

保育士の転職回数が多い方の面接のときに気をつける『3つのポイント』

チェックポイント

転職経験があると、回数に関わらず面接で転職理由を聞かれます。回数が多くなるとやはり先方も心配になって、より詳細に理由を聞かれることも多いです。

それはもう仕方がありませんから、聞かれたときにきちんと答えられるように、事前に準備をしておくのがよいでしょう。

面接のときに気をつける『3つのポイント』

【ポイント1】前向きな退職理由を話す

女性の面接

転職理由として前向きな話をすることは大切です。「自分は、~~な保育がやりたいと思っていて、こちらの保育園のほうがよりそれに近い環境だと考えて転職を希望しました」などと、マイナスの退職でないことをアピールするのがおすすめです。

たとえ本当の退職理由が、人間関係がうまくいかなかったり、残業が多くて嫌だったりといったことでも、前の職場のマイナスな話をするのはよくありません。

どんな保育園でもある程度はそのようなことがありますし、採用してもすぐやめてしまうのでは?という不安をもたれる原因になってしまいます。何度も転職している場合はそれぞれの理由について、簡潔に答えられるようにしておきましょう。

コーディネートに相談する女性
関連記事

【保育士】嘘はダメ?転職で辞めるための退職理由の伝え方!

保育士の退職理由は正直に話すべき 退職に悩みはつきものですが、まずは退職する理由を正直に話すべきか、濁らせるべ……続きを読む

【ポイント2】長く働く意思を話す

面接

転職回数が多いと、すぐに転職したがる人なのかな、と思われてしまいがちですから、長く働きたいと思っている、ということもアピールしておきましょう。

過去の転職の理由に問題がなくて、ここでは長く働きたいというのであえば、転職を繰り返していることはそれほど大きなマイナスにはなりません。

【ポイント3】将来的にしたいことを話す

面接

保育の仕事にやる気があり、将来的にやりたいことがあって、それに向けて転職を繰り返したのであれば、その転職はステップアップということになりますから、かえってプラスに働くかもしれません。

目的をもっての転職であり、考え無しに転職を繰り返したわけではない、ということを伝えるのは大切でしょう。

面接時にはその保育園がどんな点で自分が働きたいと思う保育園と合致しているのか、どんなところに共感して希望しているのかを伝えることで、長く働くイメージが伝わります。

転職回数が多くても採用されやすい保育園の特徴

オッケーサインする女性

転職回数が多いと、どうしても転職は難しくなりますが、保育園によっては転職回数が多くても採用されやすかったりします。転職回数が多くて心配だという場合は、そういったところを探して面接を受けるのがよいでしょう。

まず採用されやすいのは、大量採用を予定している保育園です。新設の保育園だったり、規模を拡大する保育園では、保育士を何人も採用する必要があり、採用のハードルが下がります。特に採用されやすいのは以下になります。

最近は保育士不足で、欠員が出来ても補充が難しい時代ですから、保育士の大量採用となるとどこも苦労しているのが現状です。しかも、新設ということであればある程度みんなが同期ということで働きやすい可能性もあるのでねらい目でしょう。

赤ちゃんを挟んで会話する保育士
関連記事

新設保育園のオープニングは大変?メリット・デメリット【まとめ】

待機児童問題解消のために新設保育園ができる 待機児童問題は専業主婦世帯が減り共働き世帯が増えたことによって端を……続きを読む

退職者の代わりに保育士を採用しようとする場合は、即戦力の経験者を採用しようとする傾向があります。

そんな時は、転職回数が多いことを逆手に取り、いろいろな保育園での勤務経験があり、適応力があるということをアピールすることで採用されやすくなるでしょう。

また、大規模保育園なども、いろいろなタイプの子どもや保護者に対応するために、幅広い経験がある保育士を採用する可能性はあります。

転職サイトなどを利用する場合は、担当者にその点を相談しておけば、その人の経験を生かせる保育園を紹介してもらえるので、不安な点はどんどん相談するとよいでしょう。

なるべく転職回数を減らすなら慎重に行うのが大切

メモを書く

転職回数を減らすことはできません。履歴書にも、勤務経験は正直に書かないとトラブルの元になります。過去を消すことは出来ませんが、これ以上転職回数を増やさないためには、一つ一つの転職を慎重に行うことが大切です。

求人票の情報はきちんと隅から隅まで目を通し、HPがあればそれを確認するのはもちろん、ネットの口コミなども参考にします。

そして面接をうけるだけでなく、保育の現場を実際に見学させてもらって、子どもとの関わり方や、保育士の様子などをしっかり見てくることが大切です。

条件面だけでなく、雰囲気や一緒に働く人の様子もその目で確認して、長く働けそうだと判断したら転職するくらいの慎重さが必要です。保育園によっては、1日体験などをさせてくれるところもあるので、可能であれば参加してみるとよいでしょう。

保育士転職を成功させるなら転職サイトは必須

\ Attention /

失敗しない!
転職成功に必須の”転職サイト”

私が転職にこだわったのが次の2つです。

  • 給料を2万円以上アップさせる!
  • 今より近い勤務地でラクな保育園を探す!

「でも、希望通りの求人なんてなかなか見つからないよね…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを発見し、即、アタリ求人と出会えました。

それもそのはず!非公開求人といって、ハローワークなどで普通に探していたら絶対に出会えない保育園を紹介してくれるサービスがあるからなんです。

転職活動で悩んだら相談もできるので、絶対に利用してほしいサイトです。

  • マイナビ保育士おすすめ

    関東圏の求人に圧倒的に強い!

    マイナビ保育士
    • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
    • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
    • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
  • 保育ひろば

    全国対応&あらゆる希望条件あり!

    保育ひろば
    • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
    • 最短2週間でスピード転職も可能
    • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い
  • 保育士バンク

    低離職率・ブランクあり・無資格者・派遣など求人が豊富

    保育士バンク
    • 北海道から沖縄まで日本最大級の求人数(全国対応)
    • 英語が使える・低離職率・復帰率高など条件検索が豊富
    • 限定の非公開求人が多い

転職した保育士さんのアンケートを調べたら、転職サイトに登録する方の多くは2~3サイトを使ってるみたいです。でも、まずは気に入ったサイト1つを試すだけでもいいと思いますよ。

「転職するのはもう少し先だけど…」という方も、事前準備しておくと後がラクなので、先に登録だけは済ませておきましょう!

まとめ

悩む保育士

転職回数が多いことは、保育士の場合もやはりマイナスイメージを与えてしまいます。2回や3回の転職であれば大丈夫です。

しかし、4回を超える転職をしている場合は特に、転職回数が多いことがマイナスに働かないように、印象を良くするように心がけ、転職理由も前向きなものを説明できるようにしておきましょう。

保育士のニーズは高いので、転職できないという心配は少ないのですが、やはり選択肢はどうしても狭まってしまいます。転職回数が多いのではなく、キャリアアップを繰り返したと考えて、幅広い経験を強みにできるようにしたいものです。

保育士転職成功ステップ
関連記事

【2021最新】失敗しない!保育士転職成功ガイド《完全マニュアル》

ステップ1.『退職理由』から出発 まだ転職しようかどうか悩んでいる方も、すでに今の職場を辞めると決めた方も、な……続きを読む

【体験談】給料3万円アップ!
人間関係で悩まない職場に転職できました

喜ぶ

私がマイナビ保育士を利用して転職したところ、ハローワークにある求人よりも給料が3万円も高い保育園を紹介してもらえました。

【転職前】手取り約135,000円(月収約180,000円)
 ↓
【転職後】手取り約165,000円(月収約210,000円)

今の保育園よりも家から近い勤務地、何より人間関係が良い職場に就職することができ、今ではストレスを感じることなく働けています。持ち帰りの仕事もないので週末は友達と遊んだり、趣味に時間を費やせています♪

マイナビ保育士の登録は1分もかからず完全無料なのでぜひやってみてください。もちろん登録しても今の職場にはバレませんよ(*^^)v

コメントを残す

ページの上に行く