保育士に多いうつ病の原因とは?今すぐ症状・サインをチェック!

どのようなお仕事でも人間関係やハードな仕事などは精神的な負担になりやすいものです。保育士というお仕事も、うつ病にかかりやすい職業の一つと言われていることはご存知ですか?

うつ病というと中高年の人がかかる精神疾患というイメージがありますが、若い年代が多い保育士でも、うつ病を発症して離職する人はたくさんいます。

ここでは、保育士がどうしてうつ病を発症しやすいのか、その原因を探るとともに、どんな症状が出たらうつ病の可能性があるのかをチェックリスト方式でご紹介しましょう。

不満が原因で退職するのは今の職場だけにしたい!長く働ける職場を探したい!という人は転職エージェントに頼って転職するのがおすすめですよ!

▼失敗したくない!転職はプロに絶対相談▼

【2021年日】
保育士転職の最新情報

今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、保育園側も採用に力を入れる時期だからです。

一方で条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。

実際に保育士の私が利用した転職サイトが『マイナビ保育士』と『保育ひろば』です。

私は東京在住なので一番役に立ったのが『マイナビ保育士』でした。関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。

その他の地域にお住いの方におすすめなのは『保育ひろば』。こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。

『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。

マイナビ保育士
マイナビ保育士
  • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
  • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
  • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
保育ひろば
保育ひろば
  • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
  • 最短2週間でスピード転職も可能
  • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い

そもそも保育士に多い『うつ病』とは?精神疾患の一つ

医師に相談する女性

うつ病とは精神疾患の一つで、気分がなんとなくすぐれない「鬱」の状態となり、そこからなかなか抜け出すことができないという状態に陥ってしまう疾患のことを言います。

人間は誰でも、気分が高揚する時もあれば暗く落ち込んでしまうこともあり、それは喜怒哀楽という感情なのですが、うつ病になると、暗く落ち込んでしまう期間が長く続くという特徴があります。

うつ病は現代の日本では国民病とも呼ばれている精神疾患で、100人に3人~7人はうつ病を経験したことがあるか、もしくは現在進行形で患っていると言われています。

病院に足を運んで診断されなければうつ病というわけではなく、病院に行っていないけれど実際にはうつ病を患っている人もたくさんいるため、自分では全く鬱だと自覚していない人も多いのが、この病気の特徴なのです。

日本では、100人に3~7人という割合でこれまでにうつ病を経験した人がいるという調査結果があります。さらに、厚生労働省が3年ごとに行っている患者調査では、うつ病を含む気分障害の患者さんが近年急速に増えていることが指摘されています。

うつ病にはいくつかの種類があります。ずっと暗い気持ちが持続してしまうケースの他にも、短期間はハイな気分になることもある躁うつ病もあります。

ずっと暗い気分なら、自分でも鬱なのかなと自覚できるかもしれませんが、たまに気分が軽躁な状態になる躁うつ病の場合には、自覚しにくいため気づかないうちにどんどん病状が悪化してしまうケースが多く見られます。

もしもうつ病だったらどうしよう?と考えると不安になるかもしれません。しかし、うつ病は軽度の場合なら内服薬を飲むことによって治療を受ける事は可能です。

このような精神疾患は、ストレスの原因を取り除くことによって少しずつ自然治癒することはできますが、軽度の状態なら日常生活を少し工夫することによって対応することもできます。

保育士は『5つの理由』からうつになりやすい職業といわれている

ストレスが原因で発症することが多いうつ病ですが、保育士というお仕事はうつ病にかかりやすい職業の一つと言われています。その理由はいくつかあります。

保育士がうつ病にかかりやすい『5つの理由』

【理由1】労働環境が苛酷

残業に悩まされる女性

まず1つ目の理由は、労働環境が過酷という点が挙げられます。待機児童問題が深刻化する昨今では、一人の保育士が担当する児童の数はとても多く、精神的・体力的に保育士にのしかかる負担は相当なものです。

日常業務をこなすだけでも大変ですが、さらに保育園が開催する行事の準備などに追われたり、保護者とのコミュニケーションなどに追われると勤務時間内に仕事が終わらずに、自宅に仕事を持って帰らなければいけないという事も少なくありません。

保育士のお仕事は、勤務時間内だけで終わるわけではない過酷な労働環境が多いという点は、ストレスによるうつ病を発症しやすい原因と言えるでしょう。

【理由2】女性特有の働きづらさ

頭を抱えて悩む女性

2つ目の理由は、保育士は圧倒的に女性が多く、職場は女性が大半を占める女の職場となります。女性ばかりの職場では、特有の人間関係があったり、小さな職場でも派閥などがあったりして、人によっては働きづらいと感じることがあるようです。

実際に転職する保育士の転職理由をみても、人間関係の良い職場で働きたいと希望する人がとても多く、そのあたりからも女性ばかりの職場は働きづらいことが分かります。

【理由3】お給料が安いのに仕事がきつい

グラフと虫眼鏡とお金

3つ目の理由は、お給料が安いのに仕事がきついという点があります。

自治体が運営している保育園の多くは、保育士のお給料は低いですし、住宅手当などが支給されないところも多いため、一人暮らしをしている保育士にとっては副業をしなければ生活できないというケースは珍しくありません。

保育士のお仕事だけでも残業が多かったり、自宅に仕事を持ち帰らなければ業務が終わらないという状況の中で、生活のために副業をしなければいけないというライフスタイルを続けることは、精神的にも肉体的にも大きなストレスとなってしまうことは容易に想像できます。

【理由4】人間関係によるストレス

慰める友達

4つ目の理由は、多彩な人間関係によるストレスが挙げられます。保育士が働く職場は女ばかりの職場なので、そこで上下関係や同僚との関係など、職場での人間関係で神経をすり減らさなければいけません。

保育士の場合には対応しなければいけない人間関係は従業員間だけではなく、児童との人間関係や保護者との人間関係などもあります。

手がかかる児童がいると精神的なストレスになってしまったり、クレーマーの保護者に当たるとそれだけでストレスになってしまうという保育士は多いのです。

【理由5】仕事の難しさによるストレス

保育士と乳児

5つ目の理由は、仕事の難しさによるストレスがあります。保育士のお仕事は、一人の保育士がたくさんの園児の保育を行います。

自分の子供を一人育てるだけでも精神的なストレスは大きいものですが、性格や生活環境が異なる園児たちを複数一度に保育するということは、経験したことがない人にとっては想像を絶するタフさが要求されるお仕事なのです。

どうして保育士はうつ病になりやすいのか主な原因は3つ

どうして保育士はうつ病にかかりやすいのか、その原因はたくさんあります。一般企業に勤務する場合には、同僚や上司、後輩の数は比較的多いため、その中から気が合う人を見つけることができます。

しかし保育士が働く職場は最低人数のスタッフで切り盛りしている保育園が多いため、うつ病を引き起こしやすい様々な要因が存在しています。詳しくご紹介しましょう。

保育士がうつ病にかかりやすい『3つの原因』

【原因1】プライベート時間が少ない

落ち込む保育士

保育士のお仕事は、勤務時間内ですべての業務を終えることが難しい過酷な仕事です。残業をして残業代を支給してもらえる職場は少ないですし、勤務時間が終了すると園を出なければならず、終わらなかった仕事を自宅に持ち帰って作業をするという保育士はとてもたくさんいます。

一日の仕事でぐったり疲れているのに、自宅に仕事を持ち変えるのですから、精神的にのんびりできる時間は必然的に少なくなりますし、仕事が終わらないと自分自身が大変なので、どうしてもプライベートな時間を削って対応することになります。

ここに注意!
うつ病を発症する原因となるストレスは、オンとオフの切り替えができない人や、そのようなライフスタイルの人が貯めやすいと言われています。

自宅に仕事を持ち帰り、プライベートのはずがほとんどプライベートになっていない保育士のお仕事は、オフのはずなのに精神的にはずっとオンのままで、休んだ気がしないままになってしまいます。

そして、翌日再び出勤するというライフスタイルを続けることによって、ストレスがどんどん溜まってしまいやすいのかもしれません。実際に転職を希望する保育士の多くは、仕事が忙しすぎない職場を希望しています。

保育士の資格を生かして働ける職場の中には、忙しすぎない職場もたくさんあるため、もしも過酷な労働環境でストレスが溜まっているなという人は、転職することによって生活環境を変えるという対策方法もおすすめです。

【原因2】子供を預かる責任

赤ちゃんを見送る保育士

保育士は、毎日たくさんの子供達を預かって保育を行います。一人の保育士が担当する子供の数はとても多く、怪我をさせないように細心の注意を払うなど、日常業務の中では気を抜くことができません。

保育園にやってくる児童は就学前の小さな子供なので、大人の常識では考えられないような行動をとることはありますし、お互いにケンカをする事もあります。

また、外遊びをしている時にジャングルジムなどから落ちてしまうリスクもあります。子供を預かる責任は、保育士にとっては大きな精神的な負担となることが多く、保育士ではない別の仕事へ転職したいと離職希望の人が多い理由の一つにもなっています。

【原因3】人間関係

悩む女性

保育士の人間関係はとても複雑です。これは学校の教師が抱えるストレスと共通するところがありますが、保育士は職場で働く上司や同僚など他のスタッフとの人間関係に加えて、園児たちとの人間関係、そして保護者との人間関係でも頭を抱えなければいけません。

特に最近ではクレーマーと呼ばれる保護者が増えていたり、なかなか言うことを聞いてくれない園児が増えていたりするため、人間関係によるストレスによってうつ病を発症してしまう保育士はとても多いです。

また、こうしたストレスが原因で保育士をやめてしまう離職者も増えています。

保育士がなりやすいうつ病の症状・サインをチェック

カルテを持った医師

うつ病は精神疾患なので、目ではっきりと症状を確認できるわけではありませんし、他人からも気づきにくいという特徴があります。怪我をした場合なら、誰の目にもその症状は明らかですし、病気をしてもはっきりと異常だと分かる症状が出れば病院に行くきっかけにもなります。

しかしうつ病はそうした症状が出ることは少なく、なんとなく体調がすぐれないとか、なんとなく気分が暗くなりやすいなど、「気分の持ちようで乗り切ってください」と一蹴されそうな症状しか起こりません。そのため、早期発見がとても難しい疾患なのです。

うつ病のサインは、自分ではなかなか気づきにくいものです。気づいても、なかなか言い出しづらい、周囲に迷惑をかけられないという理由で抱え込んでいる人も中にはいます。身近にいる上司・同僚である方がたには、うつ病のサインに気づいたら、声をかけ、話を聴いてあげてください。

人間関係によるストレスを抱え込んでしまう人が多い日本社会においては、近年ではうつ病の存在が広く知られるようになっていますが、少し前まではうつ病であることは他人に知られると恥ずかしいことだと考える人が圧倒的に多かったものです。

なんとなく気分がすぐれないなと思っても、その程度で仕事を休むことには抵抗があったり、「元気出しなさい」という言葉で片づけられてしまうことも多いかもしれません。

しかし、うつ病は原因を取り除かずに放置すると、症状はどんどん悪化してしまいます。できるだけ早期発見と早期治療が必要な精神疾患なのですが、具体的にどんな症状が出たらうつ病のサインなのかをご紹介しましょう。

うつ病の『9つのサイン』
  • ①2週間以上気分が落ち込んだ状態が続いてしまう
  • ②はっきりした理由があるわけではないのにイライラして仕方ない
  • ③集中力とやる気がなくなって、仕事が非効率になってしまう
  • ④楽しいはずのものが、まったく面白いとか楽しいと思えない
  • ⑤不眠になって夜眠れなくなってしまう。そのため、昼はいつも眠い
  • ⑥食欲がなくなったり、お腹が空いていないのに物を食べてしまったり異常が起こる
  • ⑦下痢や便秘などの異常が起こりやすくなる
  • ⑧朝起きるのがつらくて仕方ない
  • ⑨胃がキリキリ痛くなったり、頭痛がひどくて薬を飲まずにいられない

などがあります。もしもこれらのチェックポイントの中で当てはまる項目がたくさんある人は、もしかしたらうつ病を患っている可能性があるので、まずは精神科を受診して専門家に診察を受けてみることをおすすめします。

保育士の仕事をしながらうつ病を予防するためには

びっくりマークと医者

うつ病は、考え方や気持ちの持ちようである程度予防することは可能です。しかし、ライフスタイルやその人が置かれている状況によっては、予防出来ないケースもあります。うつ病を発症したらその人の精神が弱いということではないので、その点はきちんと理解しておきましょう。

まずうつ病を予防するためには、ストレスをため込まないような工夫と努力をする事をおすすめします。ストレスは目に見えるものではないため、自分ではストレスは溜まっていないと思っていても、実際にはかなり溜まっているということは少なくありません。

そのため、保育士として働いている人は、できるだけ日常的にストレス解消法を実践すると良いでしょう。具体的に何をするかというと、趣味を持っている人なら1日10分でも良いので趣味に没頭する時間を作ってみましょう。

何も考えずに作業が出来て、嫌なことも忘れられる時間を作ることは、ストレス解消では大きな効果が期待できます。

ワンポイント
趣味がなかったり、そんな時間も気力も体力もないという人なら、お風呂の湯船に浸かってリラックスしたり、アロマを焚いてリラックスするだけでもストレス解消効果が期待できます。

夜グッスリ眠ることも大きなストレス解消効果があるので、仕事を持って帰っても夜遅くまで作業するのではなく、夜はできるだけ早めに就寝して、その代わり朝早起きして作業をするなど、時間的なスケジュールを調整するのも効果的です。

また、自分自身で努力したり工夫してもどうにもできないことは世の中にはたくさんあるということを知ることもまた、ストレス予防の方法です。

人間関係によるストレスは多くの保育士が抱えている悩みでもありますが、自分でどうすることもできないことに対しては、あまりクヨクヨ悩まないように気持ちの持ちようを工夫してみると良いでしょう。

うつ病の治療方法でおすすめは退職して保育士の転職

女性の面接

慢性的なストレスがどんどん蓄積されると、人は誰でもうつ病を発症してしまいます。うつ病を発症したら、ストレスの原因を取り除くことが根本的な解決となるため、まずはカウンセリングを受けながらストレスの原因がどこにあるのかを探すことから始めましょう。

場合によっては、同じ職場環境で働き続けることはうつ病治療にとってマイナスになってしまうことがあるため、転職も検討することが必要かもしれません。

うつ病は、薬を飲めば一朝一夕に回復できるというものではなく、治療には長い期間がかかるものです。症状がひどくなければ通院治療ができますし、手術などは一切必要ない病気です。

焦らず気長に根気よく治療を続けることで、克服することはできます。家族や周囲の人の理解もあるとなお良いでしょう。

失敗しない転職にしよう!理想の職場探しは転職エージェントに相談

\ Attention /

失敗しない!
転職成功に必須の”転職サイト”

私が転職にこだわったのが次の2つです。

  • 給料を2万円以上アップさせる!
  • 今より近い勤務地でラクな保育園を探す!

「でも、希望通りの求人なんてなかなか見つからないよね…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを発見し、即、アタリ求人と出会えました。

それもそのはず!非公開求人といって、ハローワークなどで普通に探していたら絶対に出会えない保育園を紹介してくれるサービスがあるからなんです。

転職活動で悩んだら相談もできるので、絶対に利用してほしいサイトです。

  • マイナビ保育士おすすめ

    関東圏の求人に圧倒的に強い!

    マイナビ保育士
    • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
    • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
    • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
  • 保育ひろば

    全国対応&あらゆる希望条件あり!

    保育ひろば
    • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
    • 最短2週間でスピード転職も可能
    • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い
  • 保育士バンク

    低離職率・ブランクあり・無資格者・派遣など求人が豊富

    保育士バンク
    • 北海道から沖縄まで日本最大級の求人数(全国対応)
    • 英語が使える・低離職率・復帰率高など条件検索が豊富
    • 限定の非公開求人が多い

転職した保育士さんのアンケートを調べたら、転職サイトに登録する方の多くは2~3サイトを使ってるみたいです。でも、まずは気に入ったサイト1つを試すだけでもいいと思いますよ。

「転職するのはもう少し先だけど…」という方も、事前準備しておくと後がラクなので、先に登録だけは済ませておきましょう!

まとめ

ストレスで悩む男性と女性

早期発見することが難しいうつ病は、保育士の多くが発症しやすい精神疾患の一つです。

保育士というお仕事は、精神的にも肉体的にもタフであることが求められるお仕事ですが、それ以外に女ばかりの職場特有の人間関係がストレスの原因になったり、児童や保護者との人間関係によるストレスも重くのしかかりやすいものです。

そのため、保育士として働く人は、ストレスが溜まっているという自覚がなくても日常的にストレスを解消する方法や工夫を実践することをおすすめします。

ストレスは病気やケガのように目ではっきり異常を確認できるわけではないので、ついつい「気の持ちようで乗り切ろう」と考えがちです。

しかし、根本的な原因を取り除かない限りはどんどん症状が悪化してしまうことが多いため、自分で思い当たる自覚症状がある場合には、まずは専門家を受診してうつ病かどうかを診断してもらうことをおすすめします。

転職
関連記事

【STEP1】転職する?退職?迷っている方へ《保育士転職成功ガイド》

「マイナスの今」から「プラスの未来」を作るのが転職 天国のような職場であれば、誰も転職しようとは思いません。 ……続きを読む

【体験談】給料3万円アップ!
人間関係で悩まない職場に転職できました

喜ぶ

私がマイナビ保育士を利用して転職したところ、ハローワークにある求人よりも給料が3万円も高い保育園を紹介してもらえました。

【転職前】手取り約135,000円(月収約180,000円)
 ↓
【転職後】手取り約165,000円(月収約210,000円)

今の保育園よりも家から近い勤務地、何より人間関係が良い職場に就職することができ、今ではストレスを感じることなく働けています。持ち帰りの仕事もないので週末は友達と遊んだり、趣味に時間を費やせています♪

マイナビ保育士の登録は1分もかからず完全無料なのでぜひやってみてください。もちろん登録しても今の職場にはバレませんよ(*^^)v

コメントを残す

ページの上に行く