新設保育園のオープニングは大変?メリット・デメリット【まとめ】

待機児童問題の解消のために、近年は積極的に保育園が新設されています。

それに伴いオープニングスタッフの求人というのも増えていますが、果たしてこのパターンで保育士として働いていくことにはどのようなメリット、デメリットがあるものなのでしょうか。

不満が原因で退職するのは今の職場だけにしたい!長く働ける職場を探したい!という人は転職サイトを利用して転職するのがおすすめですよ!

【2019年日】
保育士転職の最新情報

今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、新卒の研修が落ち着く保育園側も採用に力を入れる時期だからです。

一方で、条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。

実際に保育士の私が利用した転職サイトが『マイナビ保育士』と『保育ひろば』です。私は東京在住なので一番役に立ったのが『マイナビ保育士』でした。関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。

その他の地域にお住いの方におすすめなのは『保育ひろば』。こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。

『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。

マイナビ保育士(関東圏特化)
マイナビ保育士
  • 求人は関東圏に特化した保育園
  • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
  • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
保育ひろば
保育ひろば
  • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
  • 最短2週間でスピード転職も可能
  • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い

待機児童問題解消のために新設保育園ができる

待機児童

待機児童問題は専業主婦世帯が減り共働き世帯が増えたことによって端を発した問題です。

低迷し続ける経済状況において女性も家計を担う一手として社会進出を果たすことにより、共働きが増える=保育園を利用する人が増えるという図式が出来上がります。

しかしその受け皿である保育園の数が圧倒的に足りていないことがこの問題の背景になっています。

ここに注意!
特に都市部における問題は深刻で、0~2歳時までの低年齢の子供において、受け皿となる保育園が全く足りていないのが現状です。

近年はこの問題を解消すべく、全国各地において積極的に新設保育園が続々と増えてきていますから、それにともないオープニングスタッフとしての保育士の求人も数がとても増えてきました。

新設保育園とそのオープニングスタッフは、待機児童問題解消の糸口ともなる非常に大きな存在となるもので、今後ますます期待を求められていくことになるでしょう。

急増している新設保育園と待機児童問題

保育園

待機児童問題は社会問題化するほど深刻な問題であり、政府も積極的に身を乗り出し、この解消に努めています。

ワンポイント
保育士の確保と共に新設保育園の認可についても力を入れて進めているといった現状があります。

保育園に通えていない子供が通えるように、働く保護者のサポートとなるように、都市部を中心に全国規模で問題解決と状況改善の動きが広まっているところです。

全体としては少人数保育の施設が多くを占めるので、ブランクや転職によって新しく働きやすい環境を求める人にとってはとても良い受け皿となってくれることでしょう。

新設保育園のオープニングスタッフで働く『4つのメリット』

新設保育園でオープニングスタッフとして働くメリットには、設備が充実している、人間関係が気づきやすい、やりがい、待遇やキャリアアップといったポイントがあります。

新設保育園のオープニングスタッフで働く『4つのメリット』

【メリット1】新しく設備が整っている

保育所

新設保育園は当然ですが、何もかもが新しく、また導入される設備というのも最新のものです。

やはり新しくきれいな職場というのはモチベーションも違ってきますから、保育士として心機一転、転職を考えるのであれば、この環境はまさにうってつけと言えるでしょう。

最新設備の快適な職場で働けるため、日々の仕事により明るく前向きに臨んでいくことができます。

【メリット2】人間関係が築きやすい

保育士

既に人間関係が出来上がっている職場への転職というのは、輪に馴染めるかなど色々なことを考えてしまいがちです。

しかし新設保育園のオープニングスタッフであれば全員がゼロから、新しい気持ちで関係を築いていくことができるので、精神的な不安を減らし、気楽に飛び込んでいくことができます。

特に新設保育園の場合は小規模のところも多いため、大人数の輪に入っていかなければならないというような心配はぐっと減ります。

【メリット3】やりがいがある

保育士

まっさらな状態で一からすべて作り上げていくことになるため、とてもやりがいをもって働くことができます。

途中から関わる職場では絶対に味わうことができないやりがいを得られます。

より意欲的に働いてみたい、同僚と力を合わせて自分たちだけの園を作り上げていきたいといった場合には良い環境となってくれるでしょう。

ワンポイント
試行錯誤の苦労はありますが、そのぶんだけ達成感なども得ることができます。既存の園とはまた違った強い愛着を持って働けるというのは、大きな利点です。

【メリット4】給料と待遇が良い・キャリアアップも狙える

ペンと電卓

新設保育園は既存の保育園よりも待遇が良い傾向にあり、また給料においても同じことが言えます。

これはオープニングスタッフが獲得できなければそもそも園が成り立たないため、既存の保育園よりも力を入れて保育士獲得に取り組んでいるのが一つの理由でしょう。

ワンポイント
保育士の仕事というのは楽なものではありませんし、そもそも全体として待遇が悪いといった傾向にもありがちです。

少しでもより良い恩恵を受けて働きたいというのであれば、オープニングスタッフの求人は優れた選択肢となってくれますから、この点についてはよく心得ておきましょう。

場合によっては数年で園長候補となることもあるので、向上心を持ってはたらくことができます。

新設保育園のオープニングスタッフで働くデメリット

落ち込む保育士

新しい環境で一から園作りに取り組んでいくことができる新設保育園のオープニングスタッフですが、当然これにはデメリットもあります。

その一つとしてまず挙げられるのが、仕事の量でしょう。まっさらな状態から園作りに励んでいかなければならないため、当然新設保育園のオープニングスタッフは仕事の量も膨大なものです。

行事やクラス運営、何をどこに置くかなど、何から何まで決めていく必要があるので、その仕事量は既存の園の2倍や3倍にもなります。

ここに注意!
また前例を参考にできない、経験がある人ほど頼りにされて負担が大きくなるなどといった問題も出てくるでしょう。

時には同僚同士で意見が合わないといったこともでてくるため、柔軟な対応を求められることも出てきます。

こういった点について理解をしておかないと大変な思いをして働くことになりますから、気をつけてください。

新設保育園のオープニングスタッフに向いている人の特徴

教える先生

新設保育園のオープニングスタッフは誰にでも務まるというものではありません。

一から園を作り上げていかなければいけないという大変な使命がありますから、やはりこれに向いている人でなければ、途中でリタイアといったことも出てくるでしょう。

オープニングスタッフに向いているタイプとしては、自分の意見がはっきり言える、考え方が柔軟、経験値を上げたいと思っている、体力があるといった人です。

オープニングスタッフは頑固な人には向いていない

オープニングスタッフの保育士は指示待ちではやっていけず、どんどん自分の意見を発信し、また前例を参考にすることができないため、時に意見がぶつかり合うこともあります。

そのため、そういった際に問題を起こさず対処できるよう柔軟な考えもできなくてはなりません。

ここに注意!
経験値を上げたいと思うやる気がなければ乗り越えられないことも多いですし、何より忙しく体力も不可欠ですから、最低限これらの資質を備えておくことは必要でしょう。

頑なな人の場合、自らが辛い思いをすることはもちろん同僚にも迷惑をかけてしまうことになるため、こういった人はオープニングスタッフには向いていません。

新設保育園求人なら「保育ひろば」がおすすめ

保育ひろば
(画像出典:保育ひろば公式サイト)

様々な条件を考えて、新設保育園のオープニングスタッフとして活躍していくことを検討するのであれば、「保育ひろば」を利用して求人を探すことをおすすめします。

ワンポイント
ここは保育士専門の求人サイトで、全国の保育園の求人を掲載していますから、非常に有意義な情報収集を行うことができるでしょう。

新設保育園のオープニングスタッフについてもカテゴリ分けがされているため、この求人の情報のみの情報を抽出して内容をチェックしていくこともできます。

やはりより多くの選択肢の中から希望の条件に合うものをじっくりと探していくことは大切ですから、そういった点において保育ひろばは非常に頼りになる存在となってくれるでしょう。

またこの求人サイトは地域専属のコンサルタントが付いているため、希望の条件に合う求人を紹介してもらえるといったメリットもあります。

保育ひろば
関連記事

【保育ひろば】リアルな評判は?試してわかったメリット・デメリット

保育ひろばを利用すべき『5つのメリット』 業界トップクラスのサービスを提供してくれるのが保育ひろば。お客様満足度94%……続きを読む
ワンポイント
1人で求人を全てチェックする必要無く、選りすぐりの数件をピックアップしてもらうことができるので、非常に助かるでしょう。

新設保育園の求人を見つけやすい時期は秋ごろ

パソコン使う女性

より良い選択肢の中から自らの求める条件に適した求人を探していくためには、やはりいつこの情報をチェックするかということがとても大切になってきます。

新設保育園は当然4月からの開園するものですが、4月から園をスタートさせるためには当然3月には準備に取りかかっていることになります。

こういったことを踏まえると、新設保育園のオープニングスタッフ求人というのは秋頃に出されることが多いようです。

ワンポイント
この時期が最も充実した選択肢が揃っていますから、チェックしてみてください。

新設保育園の求人の『2つの注意点』

パソコン

新設保育園のオープニングスタッフ求人を探す際には、給与や勤務時期についてよく確認するようにしましょう。

待遇や勤務開始時期を見誤ると思っていたスケジュールと合わず大変な労働量に追われてしまったり、労働に見合わない薄給で働かなければならないといったようなことが出てきます。

この点で失敗すると止めるきっかけともなってくるため、注意が必要です。

新設保育園の求人の『2つの注意点』

【注意点1】給料に関する情報

電卓

給料に関しては、新設保育園のオープニングスタッフは既存の園よりも高いことが一般的です。

保育士が集まらなければ園の準備もできませんしスタートも切れませんから、そういった事情で平均的な額よりも高く設定されていることが多いです。

ここに注意!
気をつけなければならないのは月の給料ではなく賞与で、新設保育園の場合、入園者数が想定数を下回ると賞与が発生しないというようなことも珍しくありません。

新設保育園においては既存の保育園と違い入園者数で苦労をすることが多くなっています。

特に5、6歳時クラスがゼロといったようなケースもありますから、このような賞与の条件の問題については必ずチェックしておきましょう。

【注意点2】勤務開始時期

スマホとPC

新設保育園のオープニングスタッフは、4月から勤務開始というようなことはまずありえません。なぜかというと園のスタートを切るために様々な準備が必要になるからです。

全ての保育士で一から園を作り上げていくわけですから、勤務時期は基本的に3月スタートと考えておいた方が良いでしょう。

ここに注意!
園によってはもっと早まる可能性もあるので、この点については面接の際によく確認しておかなければなりません。

特にブランクではなく前の職場からの乗り替えで転職をするといった場合には、年度の切り替えからズレたスタートを切ることになるため、タイミングをよく考えていく必要があるでしょう。

順を追って転職できるよう努めていくことがたいせつです。

失敗しない!コレを使えば理想の保育園が”100%見つかる”

\ Attention /

失敗しない!
転職成功に必須の”転職サイト”

私が転職にこだわったのが次の2つです。

  • 給料を2万円以上アップさせる!
  • 今より近い勤務地でラクな保育園を探す!

「でも、希望通りの求人なんてなかなか見つからないよね…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを発見し、即、アタリ求人と出会えました。

それもそのはず!非公開求人といって、ハローワークなどで普通に探していたら絶対に出会えない保育園を紹介してくれるサービスがあるからなんです。

転職活動で悩んだら相談もできるので、絶対に利用してほしいサイトです。

  • マイナビ保育士おすすめ

    関東圏の求人に圧倒的に強い!

    マイナビ保育士
    • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
    • 求人は関東圏(ほか大阪や兵庫など)の保育園に強い
    • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
  • 保育ひろば

    全国対応&あらゆる希望条件あり!

    保育ひろば
    • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
    • 最短2週間でスピード転職も可能
    • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い
  • 保育士バンク

    低離職率・ブランクあり・無資格者・派遣など求人が豊富

    保育士バンク
    • 北海道から沖縄まで日本最大級の求人数(全国対応)
    • 英語が使える・低離職率・復帰率高など条件検索が豊富
    • 限定の非公開求人が多い

転職した保育士さんのアンケートを調べたら、転職サイトに登録する方の多くは2~3サイトを使ってるみたいです。でも、まずは気に入ったサイト1つを試すだけでもいいと思いますよ。

「転職するのはもう少し先だけど…」という方も、事前準備しておくと後がラクなので、先に登録だけは済ませておきましょう!

まとめ

赤ちゃんを挟んで会話する保育士

待機児童問題解消のために続々と数が増えている新設保育園は、保育士の転職のとても良い選択肢となってくれるでしょう。一からすべて作り上げていかなければならないため、仕事の量などは確かに多くなります。

しかし、そのぶん自分たちで作った保育園だという愛着を持つことができ、既存の保育園よりもやりがいを感じて働いていくことができます。

ただそのためにはやはりやる気や柔軟性など、オープニングスタッフへの適正も求められることになりますので、この点に自身が当てはまるかどうかはよく考えるようにしなければなりません。

また求人の探し方によってもより良い環境や条件で働くことができるかに違いが出てきます。保育士の求人サイトは専属コンサルタントがついているところも多いので、こういったものを上手く活用することも忘れないようにしましょう。

保育士転職成功ステップ
関連記事

【2019最新】失敗しない!保育士転職成功ガイド《完全マニュアル》

ステップ1.『退職理由』から出発 まだ転職しようかどうか悩んでいる方も、すでに今の職場を辞めると決めた方も、な……続きを読む

【体験談】給料3万円アップ!
人間関係で悩まない職場に転職できました

喜ぶ

私がマイナビ保育士を利用して転職したところ、ハローワークにある求人よりも給料が3万円も高い保育園を紹介してもらえました。

【転職前】手取り約135,000円(月収約180,000円)
 ↓
【転職後】手取り約165,000円(月収約210,000円)

今の保育園よりも家から近い勤務地、何より人間関係が良い職場に就職することができ、今ではストレスを感じることなく働けています。持ち帰りの仕事もないので週末は友達と遊んだり、趣味に時間を費やせています♪

マイナビ保育士の登録は1分もかからず完全無料なのでぜひやってみてください。もちろん登録しても今の職場にはバレませんよ(*^^)v

コメントを残す

ページの上に行く