保育士のボーナスはいくらもらえる?賞与が良い求人の探し方を解説!

保育士は、決して年収の高い職種ではありません。そのため、ボーナスをいくらもらえるのかは重要な問題です。

就職や転職の際にはどうしても給料にばかり目が行きがちですが、賞与をどの程度もらえるかで、年収にすると数十万円違ってきますから、事前に確認しておくようにしましょう。

お給料のアップする職場を探したい!という人は転職エージェントに頼って転職するのがおすすめですよ!

▼失敗したくない!転職はプロに絶対相談▼

【2021年日】
保育士転職の最新情報

今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、保育園側も採用に力を入れる時期だからです。

一方で条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。

実際に保育士の私が利用した転職サイトが『マイナビ保育士』と『保育ひろば』です。

私は東京在住なので一番役に立ったのが『マイナビ保育士』でした。関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。

その他の地域にお住いの方におすすめなのは『保育ひろば』。こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。

『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。

マイナビ保育士
マイナビ保育士
  • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
  • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
  • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
保育ひろば
保育ひろば
  • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
  • 最短2週間でスピード転職も可能
  • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い

そもそも保育士のボーナスとは?園によって異なる

グラフと虫眼鏡とお金

ボーナスとは、給料とは別の特別賞与のことで、一般的には6月と12月の夏冬2回に分けて支給されます。勤務先によっては年3回支給のところもありますが、保育園の場合は2回というところがほとんどです。

特別賞与なので、どれだけ支給されるかは園によって異なりますし、その年の利益などによっても変動します。

求人には賞与2ヵ月分、などと記載されていても、基本的にはこれは過去の実績の表記なので、今後も必ずこれだけ支給されるとは限りませんし、場合によってはなくなる可能性もないわけではありません。

公立と私立で保育士のボーナスは違う

○×のサラリーマン

よく言われるのが、公立は福利厚生が良い、ということですが、ボーナスの面ではどうでしょうか。

ボーナスは、経営に余裕がないと金額も少なくなってしまうため、私立の場合は経営状態によってかなり違いが現れます。

公立と私立のボーナスの違い

公立保育園のボーナス

スマホで調べる保育士

公立保育園の場合は、保育士は公務員として採用されます。そして給料はもちろん、ボーナスも公務員の報酬に準じたものが支払われることもあり、ボーナスは特に多くなるといえます。

夏冬のボーナスがそれぞれ給料の3か月分程度なので、ボーナスだけで約半年分の給料が上乗せされることになります。

金額での平均を見ると、もっと高く感じるかもしれませんが、公立の場合は離職率が低いため、平均年齢が高くなる傾向があります。そのため、金額で比較するとかなり高く感じてしまうということもあるでしょう。

私立保育園のボーナス

考える保育士

私立保育園の場合は、給料はその園によって異なるので、保育園の方針や経営状態によってボーナスが1カ月というところもあれば2.5ヵ月というところもあります。また、いつから支給されるのかなどもそれぞれ異なるので、事前に確認しておきたいものです。

また、保育園の規模によってはかなり少ないところもありますし、補助金の有無の関係もあって認可保育園のほうが認可外保育園よりもややボーナスが高いところが多いようです。

保育士のボーナスと他の業種のボーナスを比較

電卓と表とペン

保育士のボーナスの平均は、年額で65万円前後です。これは、賞与としては決して少ないというわけではなく、介護施設の職員などに比べると20万円前後高くなりますし、事務職の女性のボーナスと比べても同じくらいになります。

看護師など、専門性の高い仕事になるともっとボーナスの平均金額が上がるので、それに比べると少ないといったところです。

ただし、ボーナスは絶対に支給しなければならないというものではなく、金額もその年によって変動するものなので、勤務先の保育園をどこにするのかによって最終的な金額は大きく変わってきます。

また、景気の動向によってはこれまでボーナスが多かった職種が一気に減ることもあります。慢性的に需要が高く、必ず必要とされる保育士は、比較的安定している職種だといえるでしょう。

保育士1年目からボーナスはもらえる可能性がある

グラフと虫眼鏡

ボーナスあり、という保育園であれば、一般的には1年目からボーナスはもらえますが、春から働き始めた場合、夏のボーナスは寸志程度になる可能性もあります。冬のボーナスはほとんど規定通りということが多いので、満額もらえることになるでしょう。

ただし、これらももちろん園によって方針は違いますので、夏から満額支給のところもあれば、1年目は寸志、というところもあります。

ボーナスがもらえない保育園はある

考えるスーツの女性

ボーナスは特別報酬ですので、貰えない保育園ももちろんあります。特に、規模の小さい保育園などは、経営面も厳しいところが多いこともあって、ボーナスがなかったり、あっても寸志程度、というところが多いようです。

実際にはほとんどの保育園はボーナスを支給していますが、入園者が減るなどの経済的な理由によってボーナスが打ち切りになる可能性もありますので、どの園でも絶対に貰えるものではりません。

保育士でボーナスを多く貰う方法

ガッツポーズをする保育士

ボーナスを多く貰うには、ボーナスの支給が多い保育園に入るか、業務の評価を高くするといった方法があります。保育園にもよりますが以下の貰い方があります。

  • ボーナスは一律で○○ヶ月分、として支給する保育園
  • ベースは○○ヶ月分で、本人の評価により金額が上下するケース

普段から仕事を頑張って評価をあげておくことでボーナスが多くなる可能性はあります。とはいえ、評価によって倍も金額が変わるということはありませんから、やはりある程度ベースの金額が多いところを選ぶことは大切でしょう。

勤務先の保育園のボーナスの金額を変えるのは難しいので、どうしてもアップしたいという場合は転職してボーナスの多い保育園を探すのも一つの方法です。

保育士は慢性的に不足していて求人は多いので、条件の良いところに転職するのはモチベーションのアップにもつながります。

ボーナスの良い保育園求人の探し方

求人票と履歴書

求人を探すときは、意外と給与欄にばかり目が行って、ボーナスのところを読み飛ばしがちですが、ボーナスは意外と大切です。

転職先などを探す場合は、給与だけでなくボーナスの支給実績なども見ておくようにしましょう。ボーナスが多いということは経営にも余裕があるということですし、保育士に還元しようとする良い保育園であることも多いです。

全国の地域別保育士のボーナス事情

パソコンをチェックする女性

同じ保育士という仕事でも地域によって多少ボーナスの平均値は異なります。基本的には給料と同じで、都市部が高くて地方が低いという傾向には変わりありません。

ただし、これはボーナスに限ったことではなく、給与で見ても年収で見ても、また保育士以外の職種でも基本的にはこの構造です。これは都市部のほうが家賃や物価が高いことで、生活にかかる金額が高いというのが主な理由です。

ただし、地方であってもどうしても求人に人が集まらないなどの理由で、相場よりも格段に高給で求人を出しているケースはあります。

といっても、こういったケースでは目に付きやすい給与欄や年収の欄を高額にしているだけで、ボーナスの金額を高くしているところはほとんどありません、そうなると、やはりボーナスは都市部のほうが高い傾向があるのは間違いないでしょう。

求人票の年収をきちんと確認する

説明をする職員

求人票を見るときは、毎月の給料だけでなく、年収をきちんと確認することが大切です。たとえば、月給が以下の求人があるとします。

  • 17万円の求人
  • 20万円の求人

20万円のほうがより魅力的に感じますが、実は17万円の保育園はボーナスが夏冬2.5ヶ月分ずつ、20万円の保育園は夏冬1か月分ずつだと、年収は289万円と280万円で17万円の保育園のほうが高くなります。

毎月の基本給が高いとそれだけ税金の額も大きくなりますから、その点でも月給が低くてボーナスが多いほうがお得です。それだけでなく、毎月必要になる経費が全く違ってきますから、以下の有無と金額がとても重要です。

確認すべき4つのポイント
  • 住宅手当
  • 交通費の有無
  • ボーナスの実績
  • 各種手当の有無

求人票を見るときに、つい月給欄を真っ先に見てその金額で比較してしまいがちですが、それだけではなく必ず年収にしたらどれくらいになるのかを計算したうえで他の求人と比較するようにしましょう。

とはいえ、求人欄にも「ボーナスあり」と書いているだけで、過去の実績を載せてない求人は多いです。しかもお金のことはなかなか面接のときにも聞きにくい、ということもありますから、その場合は求人サイトの担当アドバイザーなどに相談しましょう。

担当者でれば、そのあたりの相場を含めて相談に乗ってくれますし、その保育園にそれとなく聞いてくれたりもします。ボーナスの件に限らず、自分で直接聞きにくいことは担当者に相談するのがおすすめです。

失敗しない転職にしよう!理想の職場探しは転職エージェントに相談

\ Attention /

失敗しない!
転職成功に必須の”転職サイト”

私が転職にこだわったのが次の2つです。

  • 給料を2万円以上アップさせる!
  • 今より近い勤務地でラクな保育園を探す!

「でも、希望通りの求人なんてなかなか見つからないよね…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを発見し、即、アタリ求人と出会えました。

それもそのはず!非公開求人といって、ハローワークなどで普通に探していたら絶対に出会えない保育園を紹介してくれるサービスがあるからなんです。

転職活動で悩んだら相談もできるので、絶対に利用してほしいサイトです。

  • マイナビ保育士おすすめ

    関東圏の求人に圧倒的に強い!

    マイナビ保育士
    • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
    • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
    • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
  • 保育ひろば

    全国対応&あらゆる希望条件あり!

    保育ひろば
    • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
    • 最短2週間でスピード転職も可能
    • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い
  • 保育士バンク

    低離職率・ブランクあり・無資格者・派遣など求人が豊富

    保育士バンク
    • 北海道から沖縄まで日本最大級の求人数(全国対応)
    • 英語が使える・低離職率・復帰率高など条件検索が豊富
    • 限定の非公開求人が多い

転職した保育士さんのアンケートを調べたら、転職サイトに登録する方の多くは2~3サイトを使ってるみたいです。でも、まずは気に入ったサイト1つを試すだけでもいいと思いますよ。

「転職するのはもう少し先だけど…」という方も、事前準備しておくと後がラクなので、先に登録だけは済ませておきましょう!

まとめ

携帯を見て驚く女性

保育士に限らず、ボーナスは年収のかなりの比率を占める大切な収入です。しかし、求人票を見て仕事を探すときは、意外とボーナスの欄はチェックが甘い人も少なくありません。

ボーナスが数ヶ月分違うということは、年収で数十万円の違いが出るということですから、ボーナスがいくらくらいもらえるのか、いつから支給されるのかなどは、できるだけしっかり確認しておくようにしましょう。

転職活動の際に、求人票だけでわからない、というのであれば、転職サイトの担当者に聞くのも良い方法です。

保育士転職サイトランキング
関連記事

【2021最新】保育士転職サイトおすすめランキング《人気9社比較》

ひと目で分かる!保育士転職サイト"人気9社"の特徴 どの保育士専用の転職サイトでも、一般的に共通しているサービスがあり……続きを読む

【体験談】給料3万円アップ!
人間関係で悩まない職場に転職できました

喜ぶ

私がマイナビ保育士を利用して転職したところ、ハローワークにある求人よりも給料が3万円も高い保育園を紹介してもらえました。

【転職前】手取り約135,000円(月収約180,000円)
 ↓
【転職後】手取り約165,000円(月収約210,000円)

今の保育園よりも家から近い勤務地、何より人間関係が良い職場に就職することができ、今ではストレスを感じることなく働けています。持ち帰りの仕事もないので週末は友達と遊んだり、趣味に時間を費やせています♪

マイナビ保育士の登録は1分もかからず完全無料なのでぜひやってみてください。もちろん登録しても今の職場にはバレませんよ(*^^)v

コメントを残す

ページの上に行く