保育業界は超売り手市場!市場規模と共に高まる保育士のチャンス!

近年では出産を終えて育休期間が終了したら、女性であっても社会復帰するのが一般的になってきました。また一昔前とは異なり同居して親世代と一緒に暮らす形態よりも、核家族化が進んでいるのも周知の事実でしょう。

このような事情から自然と子供の預け先である保育園の需要は高まり、利用を希望している人が非常に多いです。しかしながら待機児童という言葉からも分かる通り、まだまだ充分な保育園の数が確保できていないのが現状です。

また保育園不足だけではなく、そこで働く保育士不足も深刻な社会問題となっています。そのため保育士の確保というのは、もはや国における課題の一つでもあるため、保育士として働くことを希望している方にはチャンスがあります。

不満が原因で退職するのは今の職場だけにしたい!長く働ける職場を探したい!という人は転職エージェントに頼って転職するのがおすすめですよ!

▼失敗したくない!転職はプロに絶対相談▼

【2021年日】
保育士転職の最新情報

今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、保育園側も採用に力を入れる時期だからです。

一方で条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。

実際に保育士の私が利用した転職サイトが『マイナビ保育士』と『保育ひろば』です。

私は東京在住なので一番役に立ったのが『マイナビ保育士』でした。関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。

その他の地域にお住いの方におすすめなのは『保育ひろば』。こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。

『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。

マイナビ保育士
マイナビ保育士
  • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
  • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
  • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
保育ひろば
保育ひろば
  • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
  • 最短2週間でスピード転職も可能
  • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い

超売り手市場!保育士さんの重要が高い理由

チェックに指差し棒

現在日本における課題として度々ニュースなどでも報道されているとおり、働き手の数が少ないことがあげられます。その中でも特に保育士は、需要と供給バランスが取れていないことから重要視されている職業です。

急ピッチで作られている保育園で働く人材は、今現在非常に重要な存在でありまさに売り手市場と言えます。また保育士の需要が高いのは、働くうえで専門性なども求められる職業でもあるからで、今後ますますニーズが高まることが期待されます。

待機児童の問題と現状

本を読む親子

なぜ保育士の需要がこれほどまでに高いのかを理解するためには、待機児童問題について詳しく知る必要があります。現在日本では、希望している人全員が、誰でも簡単に保育園を利用できるわけではなくその理由に以下があります。

  • 保育園の定員に対して利用希望者数の方が上回っている
  • 人口の多い地域では保育園の数が足りていない
  • 働く保育士の数が圧倒的に不足しているため定員が少ない
  • 保育の必要性の高い人が優先され、低い場合には家庭での保育を余儀なくされる

保育園を利用したくても出来ず、空きが出るまで待っていなければならない子供も大勢います。これが俗に言う待機児童問題であり、ここ数年社会問題として取り扱われるなど、大きな話題となっています。

女性であっても仕事を持ち、社会に出ることが一般的になった昨今では、待機児童をなくす必要があるでしょう。今後待機児童を減らしゼロにするためには、やはり保育施設を充実させ様々な課題を解決することが必須とも言えるのではないでしょうか?

待機児童ってどんどん増えているんだね…。

大丈夫ですよ!待機児童問題に関しては、国も重要視して取り組んでいる問題ですから、待機児童をゼロにするために様々な政策が施されることでしょう。

さらに保育士のニーズは待機児童問題が解消するまで、どんどん高まることが予想されます。

保育士の専門性・質など必要性が高い

スマホで調べる保育士

保育士は誰でも即座に就ける仕事というわけではなく、専門性が求められる仕事です。このように簡単に従事することができるわけではない点も、待機児童問題に拍車をかけている原因の一つではあるかもしれません。

とはいえそもそも保育士は大切な子供の命を預かっているといっても過言ではない職業のため、きちんとした知識は必須です。

ワンポイント
保育士として働くためには基本的には資格が必要で、既に資格を保有している方は貴重な存在です。

保育士不足という現状において、資格を保有し質のよい保育ができる方というのはまさにどこの保育園でも求めている人材にあたります。ですから、保育士資格を保有されている方は転職においてもチャンスが大きいのです。

悩むビジネスウーマン
関連記事

失敗する人が続出中!?保育士の転職で失敗する原因と対策方法【事例】

保育士の転職を失敗した事例を3つ紹介 まずは、実際に保育士として転職をしたけれども後悔をしている、転職活動で失……続きを読む

保育士の市場規模の成長率は高い

教える先生

今後子供の保育の需要はますます高まり、保育士の人材確保の動きは一層活発になる可能性が高いです。

今後数年は売り手市場が続くと見込めますので、保育士の方が転職するには有利な環境でしょう。その具体的理由として以下があげられます。

少子化が深刻な問題である日本において、今後ますます女性が社会に進出する機会は増える

  • すでに働いている母親の中にはフルタイム勤務を望んでいる人も多い
  • 幼稚園のように教育に力を入れて欲しいなど、保護者が保育園に求めているニーズも多様化している
  • 保育園の設立が今後さらに活発になることが予測される
  • 現状として圧倒的に保育士数が不足しているためそれを補う必要がある
  • さまざまな形態の保育施設の需要がある

保護者が求める様々なニーズに応じて、ビジネスを展開していくことが可能ですから、市場規模は拡大していくものと思われます。少子化の時代の流れの中にありながらも、保育園の需要は高く成長率という点で期待できる業界です。

保育士の人材確保は厚労省も問題視

会社

保育士の人材不足というのは、保育という業界だけの問題なのではなく厚労省も重要視している問題です。保育士不足というのはもはや国をあげての課題でもあることから、厚労省も積極的に問題解決に取り組んでいます。

平成24年度における保育士の新規求人倍率は1.55倍で、人手不足職種の一つである。一方、保育士の就職率は39.5%、充足率は25.6%であり、いずれも全職業平均の値を上回っており、他の職業に比べ相対的なものではあるが、求人・求職のマッチングが進んでいると考えられる

しかしながら人材確保のために労働条件や待遇の改善に取り組んではいるものの、それを上回るペースで保育園入園希望者の数が増加している状態です。ですからなかなか満足のいく保育士の人数を確保するのは難しいのです。

保育士の人数を確保するのが難しいから、たくさん残業をして休日出勤してもらわないと困る!

保育士の人数が少ないから残業が多い、休みが少ないブラック保育園が増えているんだね。

そうです。日本では慢性的な保育士不足状態に陥っているため、是正が必要な課題であることは間違いないでしょう。

特にフルタイムに比べてパートタイムの保育士は人手不足ですから、非常に高い需要があると言うことができます。

保育士の売り手市場の求人が転職市場を前倒しに

残業に悩まされる女性

現在待機児童の増加により、保育士は慢性的に売り手市場が続いている状態です。これまでであれば、保育園というのは新年度の4月スタートに合わせて、年明け頃に採用活動が活発化するという流れが一般的でした。

しかしながら、保育士不足が深刻な問題となっている昨今では、確実に保育士を確保するために採用がどんどん前倒しになってきています。具体的な時期を示すと、夏頃から応募をかけるという保育園も少なくありません。

保育士不足により半年以上も採用活動が前倒しになっているケースがほとんどですから、転職を考えている保育士さんは早めに動き出すことが求められます。

ここに注意!
冬頃までに動き出さないと、優良な保育園は残っていないという可能性もあります。

転職市場が前倒し気味になっているのはフルタイムで働く正社員の話で、パートの場合ですとまた少し話が違います。パートの場合は欠員に合わせて補充という保育園が多いことから、タイミング次第になることもあるでしょう。

ガッツポーズする保育士
関連記事

【迷っている方必見】保育士が違う保育園に転職する『5つのメリット』

保育士が転職をする大きな理由 転職をする理由として多いのが、仕事内容の改善などです。しかし保育士は転職をしたと……続きを読む

パート採用の時期は正社員とは異なる

面談をしている女性

保育士の正社員の採用時期は、前倒しになっており夏から秋にかけて求人数がピークを迎える傾向にあります。とはいえ採用が前倒しになっているのは正社員の保育士の話であり、パートの場合ですと以下の理由から事情は少々異なります。

パートの採用事情
  • パートの場合は新年度のための人材を見据えての採用ではない
  • 急な欠員が出た際の穴埋め補充のための採用となるケースがほとんど

このような事情から欠員が出た際に随時募集がかけられますので、こまめに求人情報をチェックするようにしましょう。

特に欠員が出やすいのが4月や5月の年度初めなのですが、以下のような諸事情があるからです。

  • 新年度のスタート時は園としても慌ただしく、職員に充分な配慮や気配りを行うことが出来ず辞めてしまう
  • 保育士として働き始めたものの理想と現実のギャップに戸惑いやめてしまう職員が多い
  • 慣れてない仕事をはじめて体調を崩してしまう職員もいる
求人票を見ながら履歴書を書く
関連記事

パートで働く保育士の仕事内容と給料は?メリット・デメリットも解説!

パートで働く保育士の求人内容 アルバイト・パートとして募集される保育士について、主に求人で注目されるのは「勤務……続きを読む

高待遇・ブラック保育園を避けるために

頭を抱えて悩む女性

転職を考えている保育士さんは、当然ですがより良い環境で働きたいと考えて転職を希望するのではないでしょうか。保育園と一言でいっても、園により雰囲気は大きく変わり待遇面の良し悪しが大きく異なるのが実情です。

よってどんな保育園で働くかによって、労働環境に違いが生じてきますので転職するうえでは慎重に見極める必要があるでしょう。実際保育士の労働環境は社会的な問題にもなっており、残念ながら中には劣悪な条件の保育園も存在します。

せっかく働くのであれば好待遇の保育園で、ブラックな保育園はしっかりと避ける必要があるのです。

時間とストレスに悩まされる女性
関連記事

知っておきたい!保育士の転職で気をつけたいブラック保育園の特徴!

ブラック保育園とは?特徴がいくつかある ブラック保育園の特徴はいくつかあります。1つ目の特徴は、保育士の残業時……続きを読む

周りからブラック保育園とバレないように隠しているから見分けるのは不可能だろう。

そんな…。働く前からブラックな保育園を避ける方法なんてあるの?

ブラックな環境を避けるためには、どんなところが保育園を運営しているのかを詳しく調べておくことが重要です。

経営陣がきちんと安心して働ける環境を整えることに力を入れているかどうか知ることが大事です。運営母体の情報を収集し、系列の保育園がある場合にはそちらの情報も併せて収集しておくとよいでしょう。

失敗しない転職にしよう!理想の職場探しは転職エージェントに相談

\ Attention /

失敗しない!
転職成功に必須の”転職サイト”

私が転職にこだわったのが次の2つです。

  • 給料を2万円以上アップさせる!
  • 今より近い勤務地でラクな保育園を探す!

「でも、希望通りの求人なんてなかなか見つからないよね…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを発見し、即、アタリ求人と出会えました。

それもそのはず!非公開求人といって、ハローワークなどで普通に探していたら絶対に出会えない保育園を紹介してくれるサービスがあるからなんです。

転職活動で悩んだら相談もできるので、絶対に利用してほしいサイトです。

  • マイナビ保育士おすすめ

    関東圏の求人に圧倒的に強い!

    マイナビ保育士
    • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
    • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
    • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
  • 保育ひろば

    全国対応&あらゆる希望条件あり!

    保育ひろば
    • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
    • 最短2週間でスピード転職も可能
    • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い
  • 保育士バンク

    低離職率・ブランクあり・無資格者・派遣など求人が豊富

    保育士バンク
    • 北海道から沖縄まで日本最大級の求人数(全国対応)
    • 英語が使える・低離職率・復帰率高など条件検索が豊富
    • 限定の非公開求人が多い

転職した保育士さんのアンケートを調べたら、転職サイトに登録する方の多くは2~3サイトを使ってるみたいです。でも、まずは気に入ったサイト1つを試すだけでもいいと思いますよ。

「転職するのはもう少し先だけど…」という方も、事前準備しておくと後がラクなので、先に登録だけは済ませておきましょう!

まとめ

腕組をする保育士

待機児童問題改善のために、保育士の補充は国にとって大きな課題となっており、それゆえに保育士の需要は非常に高いです。また今後さらに保育士の需要は高まるものと予測されており、発展が期待される業界でもあります。

保育士は大きな責任と専門的な知識が求められる大変な仕事であるからこそ、労働環境にこだわって職場を探さなければなりません。売り手市場ではありますが、中にはブラックな保育園も少なからずあることから注意が必要です。

需要の高さを考えると保育士の転職には大きなチャンスがあるからこそ、良い保育園を見つけることが大事です。働きやすい待遇の良い保育園に転職するために、事前の情報収集は欠かさずにおこないましょう。

転職
関連記事

【STEP1】転職する?退職?迷っている方へ《保育士転職成功ガイド》

「マイナスの今」から「プラスの未来」を作るのが転職 天国のような職場であれば、誰も転職しようとは思いません。 ……続きを読む

【体験談】給料3万円アップ!
人間関係で悩まない職場に転職できました

喜ぶ

私がマイナビ保育士を利用して転職したところ、ハローワークにある求人よりも給料が3万円も高い保育園を紹介してもらえました。

【転職前】手取り約135,000円(月収約180,000円)
 ↓
【転職後】手取り約165,000円(月収約210,000円)

今の保育園よりも家から近い勤務地、何より人間関係が良い職場に就職することができ、今ではストレスを感じることなく働けています。持ち帰りの仕事もないので週末は友達と遊んだり、趣味に時間を費やせています♪

マイナビ保育士の登録は1分もかからず完全無料なのでぜひやってみてください。もちろん登録しても今の職場にはバレませんよ(*^^)v

コメントを残す

ページの上に行く