【保存版】保育士から事務職に転職するメリット・デメリットはある?

小さい頃から保育士になりたいと思っていた方は少なくありません。ですが、保育士の仕事は思った以上に大変で精神的にも肉体的にもボロボロになってしまうことも少なくありません。

そんな方は転職を考えるのではないでしょうか。給料が少ない、人間関係のトラブルなどで保育士はやめて転職したいと思っている方は事務職という選択肢もあります。

ただ、保育士から事務職に転職する場合、メリットだけでなくデメリットもあるので転職する前に知っておきましょう。

保育士転職も考えている人は長く働ける職場を紹介してくれる転職エージェントに頼って転職するのがおすすめですよ!

▼失敗したくない!転職はプロに絶対相談▼

【2019年日】
保育士転職の最新情報

今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、新卒の研修が落ち着く保育園側も採用に力を入れる時期だからです。

一方で、条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。

実際に保育士の私が利用した転職サイトが『マイナビ保育士』と『保育ひろば』です。私は東京在住なので一番役に立ったのが『マイナビ保育士』でした。関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。

その他の地域にお住いの方におすすめなのは『保育ひろば』。こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。

『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。

マイナビ保育士(関東圏特化)
マイナビ保育士
  • 求人は関東圏に特化した保育園
  • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
  • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
保育ひろば
保育ひろば
  • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
  • 最短2週間でスピード転職も可能
  • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い

保育士の半数が3年以内に退職する現状

頭を抱えて悩む女性

子供に携わる仕事をしたい、そう思って目指してきた保育士ですが、実際は保育士の半数が3年以内に退職しています。おそらく、憧れだった保育士の仕事の現状を目の当たりにして、諦めてしまうのでしょう。保育士の退職の理由で多いのが以下の通りです。

保育士の退職で多い理由
  • 給料が安い
  • 残業が多い
  • 労働時間が長い
  • 人間関係のトラブル
  • 園の行事と子供の行事が被り参加できない
  • 家事や育児との両立が難しい
  • 保護者対応のストレス

などがあります。保育士の仕事は非常にハードで、イベント時は家にまで仕事を持ち込むことが多いです。それでいて給料が安いので、やる気がそがれてしまうことも少なくないでしょう。

残業代は払いたくないから準備は家でやってもらうのが一番だな。

確かに運動会とかのイベント時は大変で辞めたくなってしまうよね…。

そうですね。また、保育士同士や保護者との人間関係もうまくいかないことも多く、体力面だけでなく精神面でも嫌になってしまう人も多いのです。

保育士から一般事務職に転職する4つのメリット

パソコン使う女性

保育士から一般事務職に転職することで、大きく4つのメリットが考えられます。それぞれのメリットについてチェックしていきましょう。

保育士から一般事務職に転職する4つのメリット一覧

【メリット1】給与が高くなる可能性

働いていく以上、給与面は大きなポイントになります。一般事務職に転職すると給与が高くなる可能性があります。これは一般事務職の給与が高いのではなく、保育士の給与が低すぎることが原因です。おそらく上がることはあっても下がることはないでしょう。

地域や施設、年齢によっても保育士の給与は違ってきますが、平均年収はボーナスを含めて330万円程度、20代前半なら200万円前後になることもあります。その一方で一般事務職は300万円を超えるところがほとんどです。

パソコンの資格を持っていなくても年収350万円という方も少なくありません。保育士から一般事務職に転職するだけで、年収で100万円近くアップすることも稀ではないでしょう。特に若い方はそれくらいのアップ額は期待できます。

給料と給与明細
関連記事

なぜ低い?保育士の給与&年収が安すぎる理由と実態【全国給料調査】

なぜ?命を預かる保育士の給料・給与が安い理由 保育士の仕事は就学前の幼い子供を預かって、保育とともに生活に関す……続きを読む

【メリット2】人間関係のトラブルが少ない

パソコン

どのような仕事に就いても、人間関係のトラブルはあるものです。ただその頻度から言えば間違いなく保育士よりも一般事務職のほうが少なくなります。

近年は男性保育士も増えていますが、まだまだ9割以上は女性保育士です。同性だから仲良くできるという見方もできますが、意外と女性同士はトラブルになることが多いのです。

また、保育士によっては結婚したり子供ができたりすると残業が難しくなることもあり、それでも他の保育士から非難されることもあります。

保育士は保護者とも関わりが出てきます。多くはありませんが、中にはモンスターペアレントのような保護者もいるので、それがストレスになってしまうこともあるでしょう。

慰める友達
関連記事

【お悩みの方必見】保育士が悩む人間関係!悩みやストレスの対処とは

疲れた…辞めたい…人間関係に悩む保育士はたくさんいる 人間関係は、保育士の持つ悩みの中でも最も多いと言われます……続きを読む

【メリット3】長時間労働からの解放(残業なし・お持ち帰り仕事なし)

残業に悩まされる女性

保育士の仕事は、園児を保育するだけではありません。事務的な仕事もありますし、運動会やお遊戯会などのイベントがあれば衣装や小道具を作成したりと、長時間労働になることも必須です。場合によっては家に仕事を持ち帰ることもあります。

事務職の仕事が楽というわけではありませんが、基本的に残業がなく定時で帰れる仕事です。少なくとも保育園で残業し、家に帰ってまで仕事をするなどといった長時間労働からは解放されます。

保育士の場合、残業やお持ち帰りの仕事は基本的に手当てがつきません。ですが、事務職で仮に残業があったとしてもその分はしっかり手当が出る会社がほとんどでしょう。長時間労働をしても報われないと心身的に疲れてしまいます。

残業に悩まされる女性
関連記事

保育士は残業と未払いが多い!残業を減らすための方法を解説!

保育士は残業が当たり前?残業の実態 保育士不足が社会問題化したこともあり、現場ではさまざまな待遇改善が行われて……続きを読む

【メリット4】有給・育休・産休が取れる

カレンダー

保育士も有給はあるのですが、実際すべて消化している方はほとんどいないでしょう。そもそも大抵の施設で慢性的な保育士不足ですから、なかなか簡単には休めないのが現状です。クラスを持っていればなおさら責任があって気軽に休めません。

また若い保育士は結婚して妊娠・出産することもあるでしょう。ただ保育園によっては未だに育休・産休制度が整っていないところがあり、妊娠イコール退職となってしまうことも少なくありません。

一般の会社はそういった育休・産休はもちろん、有給もキッチリ取れるところが多いです。会社の規模にもよりますが保育園のように事務は一人ではありません。そのため、休みたい時には他の事務職の方と調整することができるからです。

保育士から一般事務職に転職する3つのデメリット

頭を抱える母親

保育士から一般事務職に転職する場合、メリットだけでなくデメリットもあります。それぞれのデメリットについてチェックしていきましょう。

保育士から一般事務職に転職する3つのデメリット一覧

【デメリット1】子供と接しない・保育の仕事から離れる

スーツ姿女性

保育士を目指した理由のほとんどは、子供と接する仕事に就きたいからでしょう。子供の笑顔や成長している姿が見られるのが、保育士として働き続ける大きなメリットです。保育士の仕事はハードではありますが、園児たちと毎日楽しく過ごせます。

それがやりがいにもなっているでしょう。また、長く勤めていれば、成長した子供たちを見かけることもあり、それも保育士ならではの喜びの瞬間です。ですが、事務職に転職したら、黙々とパソコンに向かって仕事をするだけの毎日になります。

しかもそれがこれから何年も続くのですから、やりがいも感じられなくなることもあります。クラスを受け持っていたら、その子供たちの成長も見ることができなくなるでしょう。

【デメリット2】職種が自分に合っているかわからない

転職に悩む女性

保育士と事務職はまるで違う仕事です。仕事のほとんどが園児たちと体を使って過ごすことだったのに、ほとんど身体を動かさず、パソコンに向かって仕事をするだけですから。そのため、転職してから自分に不向きだったなんてこともあります。

もちろんどんな仕事でも向き不向きはあるもので、保育士に向いていなくて事務職に向いている人もいます。保育士の仕事が向かないという方はいいですが、逆に身体を動かすことが好きであくまで給与面等で転職を考えた方は向いていないかもしれません。

どのような職種でも実際に働いてみないことには向き不向きはわかりません。ただ保育士とはまるで違う事務職に転職するのはとても不安があるのは事実でしょう。

【デメリット3】昇給が難しい職場が多い

グラフと虫眼鏡とお金

若い保育士が事務職に転職すれば、ほとんどのケースで給料はアップすることでしょう。場合によっては年収で100万円近くアップすることも考えられます。ただ、それはあくまで転職した時点での話です。

事務職の年収は若い保育士よりも高めですが、会社によってはそこからほとんど昇給しないケースもあります。保育士も昇給が難しい職種ですが、それでも事務職よりは昇給があることが多いです。長く勤務することを考えたら事務職も検討の余地があります。

保育士から事務職に転職する際にやるべき2つのこと

教える先生

保育士は園での仕事や待遇面についてよく知っているでしょうが、事務職については知らないことがほとんどでしょう。

保育士から事務職に転職する際には、やるべきこと、知っておくべきポイントが2つあるのでチェックしておきましょう。

転職する際にやるべきこと・知っておくべき2つのポイント

【ポイント1】事務職の仕事内容・給与・待遇をもっとよく知る

スマホで調べる保育士

保育士を辞める理由は人それぞれ違いますが、事務職に転職したからといって必ずしもその理由が解消されるとは限りません。保育士にとって事務職という仕事は未知のものですから、仕事内容や給与、待遇をよく知っておく必要があります。

事務職といっても会社によって仕事内容は異なります。会社の規模によっては事務職員が自分だけで、雑用も兼ねるところもあります。その一方で一日中デスクに座りっぱなしの会社もあるでしょう。また、接客や営業を任されることもあります。

また給与面も会社によって異なり、転職したのに給料は保育士の時とほとんど変わらない、なんてこともあるかもしれません。

保育士のほうが良かったなんてことも考えておかないといけないんだね。

そうです。意外と保育士の時のほうが待遇が良かった、ということもあり内情をよく知らないと転職が失敗になることもありますので、気をつけてください。

【ポイント2】面接対策(自己PR・志望動機・転職理由を考える)

面接

事務職に転職する場合、履歴書による書類審査の他に面接があります。保育士からの転職する方は、事務の経験がないわけですから、実績という面では他の応募者よりも不利でしょう。ですので、面接対策は重要です。

面接で必ず聞かれるポイントは以下の通りです。

  • 自己PR
  • 志望動機
  • 転職理由

本来転職する際には、これまでの職務経歴からこの会社でどのような活躍ができるのかアピールするものです。

保育士と事務職はまるで職種が違うので保育士としての経歴を活用するのは難しいですが、前もって考えておきましょう。保育士から畑違いの事務職に転職希望ですから、転職理由は必ず聞かれるでしょう。

ここに注意!
保育士が他の保育園に転職する際には、人材不足もあって難しくはありませんが、事務職への転職は楽ではありません。しっかりと面接対策をしておきましょう。

自己PRは自己分析が大事ですが、リクナビNEXT「グッドポイント診断」はもう使いましたか?

えっ?まだです。それってなんですか?

グッドポイント診断

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」を使えば、「決断力」「柔軟性」など18種類の強みの中から、あなたの強みを5つ診断し、細かく丁寧に解説してくれます。

診断結果は8568通りで、「驚くほどよく当たる!」と評判がとても高いです。

  • 自分では気づかなかった強みが発見できる
  • 履歴書の作成&面接の自己PRにそのまま使える
  • 職種(営業・技術職・公務員)問わずみんな利用する

「ところで、あなたの強みはなんですか?」

今この質問にすぐ答えられなかった方は「グッドポイント診断」を必ず利用してください。

面接で絶対やってはいけない注意点

重要

面接ではいろいろなことを質問されます。保育士からの転職となれば尚更辞めた理由なども聞かれるでしょう。そこで絶対にやってはいけない注意点があります。それが前の仕事の悪いところを言うことです。

保育士が転職を考える理由としては、給料が安い、人間関係のトラブルなどがありますが、これを素直に伝えるのはおすすめできません。事務職も決して高い給料ではありませんし、コミュニケーションが不要というわけではありません。

そういう転職の理由だと、会社に入っても同じ理由で辞めるのではと思われかねません。後ろ向きの発言は避け前向きな言葉でアピールしましょう。ただその際にも、漠然とガッツでがんばります、とではなく明確な根拠も必要です。

赤ちゃんを見送る保育士
関連記事

正直に伝えるのはNG!?保育士の転職で退職理由はどう伝える?

保育士の退職理由 保育士の退職理由として多いのが、人間関係・給料の低さ・体力面などです。確かに、と感じる保育士……続きを読む

保育士から事務職への転職は転職サイトを活用する

スマホで調べる保育士

保育士から事務職へ転職する際には、転職サイトを活用する方法があります。転職サイトを活用するとさまざまなメリットがあり、自分に適した求人を見つけられます。

以下が転職サイトを利用する主なメリットです。

転職サイトを利用する主なメリット一覧
  • 無料で利用できる
  • たくさんの求人情報をチェックできる
  • 自分の希望条件に合った求人が探せる
  • 事務職について教えてくれる
  • 履歴書の書き方や面接のポイントをアドバイスしてくれる
  • 好条件の非公開求人を閲覧できる
  • 会社の内情が分かる場合もある

転職求人サイト

指を差す女性

転職求人サイトには全国のたくさんの企業が求人募集を出しています。そのため、転職を考えている方は転職求人サイトをチェックして自分の希望に合う条件の求人に応募できるのです。求人数も非常に多くジャンルもいろいろあります。

転職求人サイトは今やたくさんあり、複数登録すれば他の求人サイトにはない求人情報も見つかるかもしれません。

ただし、転職求人サイトは応募から履歴書の提出、面接までほとんど自分で行うことになります。そのため、保育士から事務職に転職する場合のように異なる業種への転職だとその内情が分かりにくいのが欠点です。

ワンポイント
転職は可能でも、就職してからこんなはずじゃなかった、と思う事も少なくないでしょう。よくご自分で事務職の内情を見極めましょう。

転職エージェント(おすすめ)

チェックに指差し棒

転職サイトには、転職エージェントがあります。転職求人サイトと似ていますが、大きな違いはアドバイザーやエージェントといった専任スタッフがサポートしてくれる点です。

そのメリットは以下の通りです。

転職エージェントを利用する主なメリット一覧
  • 自分の希望に合う求人を探し出してくれる
  • 円満退社の方法などを教えてくれる
  • 自分の強みや特性を明らかにしてくれる
  • 履歴書の添削、面接のアドバイスをしてくれる
  • 事務職のメリット・デメリットを伝えてくれる
  • 面接日時の調整をしてくれる
  • 会社の内情を教えてくれることも
  • 入社の条件交渉をしてくれる

このように、専任スタッフが親身になって転職をサポートしてくれるので、転職が初めてという保育士には特におすすめです。保育士から事務職へ転職する場合、メリットもデメリットもあります。

保育士を辞めて事務職に転職したいと思っていても、あくまでそれは選択肢の一つであり、保育士を続けるという選択肢もあります。

保育士転職サイトランキング
関連記事

【2019最新】保育士転職サイトおすすめランキング《人気9社比較》

ひと目で分かる!保育士転職サイト"人気9社"の特徴 どの保育士専用の転職サイトでも、一般的に共通しているサービスがあり……続きを読む

保育士を辞めるか続けるか迷っている場合はどうしたらいいかな?

どちらがいいのかは自分では判断できない場合は、専任スタッフに相談するのもいいでしょう。

ハローワークでの転職はダメ?

悩む女性

転職を考えた時に真っ先に思い浮かぶのはハローワークではないでしょうか。もちろんハローワークで転職先を探すのもダメではありません。ですが、ハローワークは転職サイトに比べて求人数も少ないですし、地元の求人がほとんどです。

限られた求人の中で転職先を探すと、妥協してしまうこともありますし、妥協しなければなかなか転職先が見つからない場合もあります。ただ、ハローワークも無料ですから転職サイトと並行して利用してみてもいいでしょう。

面接を受けている女性
関連記事

保育士への転職に『ハローワーク』と『転職サイト』どっちがおすすめ?

ハローワークとは国が運営する職業紹介所 ハローワークは転職サイトの中でも特に有名なところだと思います。正式名称……続きを読む

保育士転職にすべきかどうか悩んでいるなら転職エージェントに相談

\ Attention /

失敗しない!
転職成功に必須の”転職サイト”

私が転職にこだわったのが次の2つです。

  • 給料を2万円以上アップさせる!
  • 今より近い勤務地でラクな保育園を探す!

「でも、希望通りの求人なんてなかなか見つからないよね…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを発見し、即、アタリ求人と出会えました。

それもそのはず!非公開求人といって、ハローワークなどで普通に探していたら絶対に出会えない保育園を紹介してくれるサービスがあるからなんです。

転職活動で悩んだら相談もできるので、絶対に利用してほしいサイトです。

  • マイナビ保育士おすすめ

    関東圏の求人に圧倒的に強い!

    マイナビ保育士
    • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
    • 求人は関東圏(ほか大阪や兵庫など)の保育園に強い
    • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
  • 保育ひろば

    全国対応&あらゆる希望条件あり!

    保育ひろば
    • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
    • 最短2週間でスピード転職も可能
    • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い
  • 保育士バンク

    低離職率・ブランクあり・無資格者・派遣など求人が豊富

    保育士バンク
    • 北海道から沖縄まで日本最大級の求人数(全国対応)
    • 英語が使える・低離職率・復帰率高など条件検索が豊富
    • 限定の非公開求人が多い

転職した保育士さんのアンケートを調べたら、転職サイトに登録する方の多くは2~3サイトを使ってるみたいです。でも、まずは気に入ったサイト1つを試すだけでもいいと思いますよ。

「転職するのはもう少し先だけど…」という方も、事前準備しておくと後がラクなので、先に登録だけは済ませておきましょう!

まとめ

事務職

保育士から事務職へ転職する場合、これまでとはまるで違う職種になるため不安も少なからずあるでしょう。ただ、事務職に転職することで給料のアップが期待できますし、人間関係も保育園ほど複雑ではないかもしれません。

ただ、事務職にもデメリットがありますから、転職してから後悔する方もいます。また事務職は保育士ほど人材不足というわけではなく、条件のいい求人がなかなか見つけられなかったり、なかなか採用されなかったりするでしょう。

事務職の実績がない保育士はなおさら採用される可能性は低いです。条件の良い求人を見つけるためにも、採用されるにも自分一人の力だけでは限界があります。転職エージェントのような就職のプロに相談するのも一つの方法でしょう。

保育士転職サイトランキング
関連記事

【2019最新】保育士転職サイトおすすめランキング《人気9社比較》

ひと目で分かる!保育士転職サイト"人気9社"の特徴 どの保育士専用の転職サイトでも、一般的に共通しているサービスがあり……続きを読む

【体験談】給料3万円アップ!
人間関係で悩まない職場に転職できました

喜ぶ

私がマイナビ保育士を利用して転職したところ、ハローワークにある求人よりも給料が3万円も高い保育園を紹介してもらえました。

【転職前】手取り約135,000円(月収約180,000円)
 ↓
【転職後】手取り約165,000円(月収約210,000円)

今の保育園よりも家から近い勤務地、何より人間関係が良い職場に就職することができ、今ではストレスを感じることなく働けています。持ち帰りの仕事もないので週末は友達と遊んだり、趣味に時間を費やせています♪

マイナビ保育士の登録は1分もかからず完全無料なのでぜひやってみてください。もちろん登録しても今の職場にはバレませんよ(*^^)v

コメントを残す

ページの上に行く