保育士は残業と未払いが多い!残業を減らすための方法を解説!

保育士の人員不足は社会問題となっており、その原因にはさまざまなことが考えられます。

保育士が転職を考える時の理由の一つには残業の多さが挙げられていますが、どうにかすることはできないのでしょうか。保育士の仕事の実態について迫ります。

保育士の残業と未払いのポイント(気になる箇所をクリック)

残業なしの保育園を探している人は、転職エージェントに頼って転職するのがおすすめですよ!

▼失敗したくない!転職はプロに絶対相談▼

【2021年日】
保育士転職の最新情報

今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、保育園側も採用に力を入れる時期だからです。

一方で条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。

実際に保育士の私が利用した転職サイトが『マイナビ保育士』と『保育ひろば』です。

私は東京在住なので一番役に立ったのが『マイナビ保育士』でした。関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。

その他の地域にお住いの方におすすめなのは『保育ひろば』。こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。

『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。

マイナビ保育士
マイナビ保育士
  • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
  • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
  • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
保育ひろば
保育ひろば
  • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
  • 最短2週間でスピード転職も可能
  • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い

保育士は残業が当たり前?残業の実態

保育士

保育士不足が社会問題化したこともあり、現場ではさまざまな待遇改善が行われています。しかし、なかなかうまくは進んでいないというのが現状のようです。その原因は、保育の仕事の特徴にあるといって良いでしょう。

保育は子どもの面倒を見るのが基本ですが、その他にも山のような仕事があります。その代表的なものは、行事の制作物や壁面の飾り物、また、おたよりや保育経過記録といった書類作成などでしょう。

時間的にみても、子どもを受け入れるのが早朝、そして延長保育が夜まで続くといった具合です。

そのため、その他の仕事は子どもを送り出してからでないと取り掛かることができないというわけです。

ワンポイント
仕事量は時期によって増えることが特徴です。卒園や入園がある3月~4月では、事務的な仕事が非常に多くなります。

小学校や行政に提出する書類を作成しなければならず、もちろん、通常のおたよりや保育経過記録などの作成もこなさなければなりません。

それから、運動会やクリスマス会、お遊戯会や発表会などは年中行事の中でもかなり大規模に実施されるので、当日やその準備期間中の保育士の負担は非常に大きくなります。

それぞれの計画書やスケジュールの詳細を作成しなければなりませんし、衣装や小道具のほとんどが保育士の手作りです。次いで大きな行事は毎月のお誕生日会などでしょう。行事が重なると本当に大変になってしまうので、計画的な準備をする必要があります。

保育士は持ち帰り残業がある

母親と子供

保育士の過酷な労働でよく取り上げられるのが持ち帰り残業です。前述したように通常の勤務時間は子どもから目が離せないので、その他の仕事は園に残ってこなすか持ち帰るしかなくなります。

しかし、園に残っていつまでも電気がついたままだと、保護者や近隣の住人から苦情がくることも珍しくありません。その理由は、そんなに遅くまで残業をしていたら子どもの安全が確保されない、電気代は税金から出ている、といったもので、保育士のためではないようです。

園にとっては、苦情も来ない、残業代も支払わなくて済むとメリットが多いのが持ち帰り残業なのです。そのため、1~2時間残業をして後は持ち帰り残業というパターンが多いのだといいます。

持ち帰り残業する方の割合と仕事内容

グラフと虫眼鏡

毎日持ち帰り残業をしている保育士は全体の30%となり、週に1回となると80%にものぼるという結果もあるくらいです。持ち帰り残業がまったくないというのは5%程度しかないのです。

そして、持ち帰った仕事をこなすのにかかる時間は、2時間程度という人は全体の60%にものぼり、時には3時間以上に及ぶこともあります。

持ち帰る仕事内容は、月末の報告書や行事で使う衣装や製作物などが多く、通常の業務でこなせない仕事を持ち帰って何とか終わらせるという実態が浮き彫りになっています。

とはいえ、最近保育士の人員不足がクローズアップされたこともあって、持ち帰り残業を禁止としている事業所も少しずつではありますが増えてきています。

保育士は残業代なしのサービス残業が多い

悩む保育士

このように大変多くの残業をしなければならないのが保育士なわけですが、時間外手当がきちんと支給されるところは多くはありません。

2017年に厚生労働省が調査した際にでた保育士の平均残業時間は1カ月約4時間という結果でしたが、これは1日にすればわずか12分にすぎません。調査に反映されない残業が大半を占めているということがわかります。

ワンポイント
実際の残業時間は、月に約40~60時間、1日では約2~3時間というのが残業時間の平均だともいわれています。

事業所側も、残業代を支払わないおかげで経営が潤っているというわけではないようです。事業所の収入の内訳は、保育料の他、国や自治体からの補助金で成り立っています。

その金額は決して高いということはできないようで、ここから保育士全員の長時間の残業代を支払うのは厳しい状況にあるといって良いようです。

保育士に残業が多い原因

チェックポイント

残業が多くなってしまう原因はいくつか考えられます。まず、保育の仕事が子ども相手であるということです。子どもが相手だと予想外なことが起きやすく、思い通りに業務が進むことは難しくなります。

自宅で我が子1人を見ている状況でさえ、普段できていることができなくなることは日常茶飯事なはずです。それが、最小限の保育士でたくさんの子どもたちをみなければならないのです。

結果、業務はどんどんたまっていき、結局、子どもを見送った後でまとめてこなさなければならなくなるというわけです。

また、女性がほとんどという職場であることから、先輩よりも先に出勤する、先に帰りづらいなどの事業所も非常に多いです。すべての園がそうではありませんが、こういった原因が考えられます。

保育士の仕事を少しでも減らすコツ

ビジネスウーマン

保育士を取り巻く残業実態は以上となります。少しでも仕事を減らせればというのが心情ですが、どのような工夫ができるでしょうか。

衣装であれば、前に使用したものをもとにアレンジすれば作業量は少なくなるでしょう。また、ミシンを使わなくても製作できる方法はありますし、お母さんたちに協力してもらうというのも一つの方法です。

教室内の普段の装飾も季節ごとにチェンジするのが一般的ですが、上手に使いまわししていけば作業量は少なくすることができます。

作業を効率よく進めていくためには、保育士同士で協力していくことが必要です。余裕があるなら、一人が子どもを見ている間に一人は保育記録をつけたりと書類の作成業務を進めることができます。

残業なしの保育園へ転職してしまう

相談する女性

しかし、残業が減るようにといくら工夫しようとも限界ということもあるでしょう。そのような時には、上司にかけあったり、ユニオンや労働基準監督署のお世話になるという方法もあります。

残業記録やその内容、なぜ残業しなければならなくなったのか、といった日々の記録を見せると、そこで何か打開策が出てくるかもしれません。また、ユニオンや労働基準監督署に連絡することも考えた方が良い場合もあります。

ユニオンとは、労働者が相談すると事業所に残業代を支払うように交渉するなどしてくれる機関です。強い権限はないものの、相談してみると良い案が出てくることも考えられます。

全国の介護や保育、障がい者福祉の業界で働く人から、働き方について相談を受け、相談者の問題解決のサポートを行っています。労働基準監督署などの行政機関の利用サポートや、会社との話し合い(団体交渉)などを行い、問題の解決に取り組んでいます。

ユニオンや労働基準監督署に相談してもそうスムーズに事が運ぶ可能性は残念ながら高くないといえます。もしもどうにもならなかったら、思い切って転職を考えてみてはいかがでしょうか。

そのまま残業続きの職場で働き続けていても、心身ともに疲弊してしまうだけです。転職の際には転職サイトに登録するのもおすすめです。サイトの検索機能を使って、「残業なし」で抽出すると残業のない職場がヒットします。

ただし、本当に残業がないのかについてはもっと突き詰めていかないとわかるものではありません。そのような場合は、転職サイトの担当者に聞くと、内部の詳細な事情がつかめることもよくあります。

残業なしの保育園の『3つの選び方』

スマホを見る女性

残業なしの保育園は、行事が少ない、保育士の割合が多い保育園といえます。ネットで事業所の規模や行事の行われ方などを調べることができるので参考にすると良いでしょう。

車の売却方法一覧

【方法1】行事が少ない「小規模保育園」

保育所

前述したように、保育士の残業が多くなる原因の一つは行事の準備にあります。そのため、行事が少ない保育園であれば必然的に残業は少なくなるはずです。そして、行事が少ないというと、小規模な保育園となります。

園の紹介に行事が少ないとうたっていればそうですし、もともと定員数が少ないところであれば、一つの行事の規模も小さいので作業量も少なくなります。

また、認可外の保育園などでスペースがあまり確保されていないようなところだと、行事も少な目と想像することができるでしょう。

保育士不足の問題から、行事を減らす努力をしている事業所も多いので、最新の情報を入手してみるのは必要なことです。

考える保育士
関連記事

【保育士】小規模保育とは?少人数で働くメリット・デメリット

小規模保育とはA型・B型・C型の3つに分けられる 小規模保育とは、待機児童の解消に向けて、2015年から始まっ……続きを読む

【方法2】保育士の割合が多い保育園

子供たち

子どもの数に対して保育士の人数が多い保育園も残業は少なくなる傾向にあります。人数が確保されていれば仕事は分担しやすくなりますし、複数の目で子どもを見ることができるので負担はぐっと少なくなることでしょう。

見る人数が少ないのですから、保育経過記録をつける量も少なくなり、行事で使う衣装の数も少なくなります。

事業所の規模が大きくても、事務作業先任者や制作物を作る専門者が配置されているところもあるので、募集要項を注意深く見てみると良いでしょう。

【方法3】院内保育所もしくは企業内保育所

会社

しかし、明らかに残業が少ないといえる職場もあります。それが、院内保育所もしくは企業内保育所です。

医療機関内に設けられた医師や看護師の子どもを預かる保育所や企業で働くママさんのために設けられた保育所であれば、園庭や講堂などがあったとしてもあまり広くないので行事の規模も小さく数自体も少なくなります。

このようなところだと、時間通りに退社できるケースが多いといえるようです。

都会に並ぶ会社
関連記事

保育士は絶対知ってほしい!企業内保育所で働くメリット・デメリット

企業内保育所とは?企業が従業員のために設置している保育施設 企業内保育所とは、企業が福利厚生の一環として従業員……続きを読む

人気の求人は見つけたら早めに応募するのがおすすめ

求人票を見ながら履歴書を書く

しかし、問題なのはこのような残業が少なめな求人には応募者が殺到するということです。

資格を持っていながら保育士として働いていない保育士は非常に多いといわれていますが、その多くは子どもが好きで子どもと関わる仕事がしたいと思って資格を取得しています。

また、勤めてみたもののあまりの過酷な勤務状況に続けられないと判断して退職した保育士もたくさんいます。そのような人が再び保育士として働きたいと思った場合、やはり残業が少ない職場を第一候補に考えるのは当然のことといえるでしょう。

そのため、このような求人を見つけたら、すぐに応募することが重要です。日頃からすぐ応募できるように準備しておきましょう。

\ Attention /

失敗しない!
転職成功に必須の”転職サイト”

私が転職にこだわったのが次の2つです。

  • 給料を2万円以上アップさせる!
  • 今より近い勤務地でラクな保育園を探す!

「でも、希望通りの求人なんてなかなか見つからないよね…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを発見し、即、アタリ求人と出会えました。

それもそのはず!非公開求人といって、ハローワークなどで普通に探していたら絶対に出会えない保育園を紹介してくれるサービスがあるからなんです。

転職活動で悩んだら相談もできるので、絶対に利用してほしいサイトです。

  • マイナビ保育士おすすめ

    関東圏の求人に圧倒的に強い!

    マイナビ保育士
    • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
    • 求人は関東圏、大阪や兵庫、愛知、静岡、広島など対象エリア拡大!
    • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
  • 保育ひろば

    全国対応&あらゆる希望条件あり!

    保育ひろば
    • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
    • 最短2週間でスピード転職も可能
    • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い
  • 保育士バンク

    低離職率・ブランクあり・無資格者・派遣など求人が豊富

    保育士バンク
    • 北海道から沖縄まで日本最大級の求人数(全国対応)
    • 英語が使える・低離職率・復帰率高など条件検索が豊富
    • 限定の非公開求人が多い

転職した保育士さんのアンケートを調べたら、転職サイトに登録する方の多くは2~3サイトを使ってるみたいです。でも、まずは気に入ったサイト1つを試すだけでもいいと思いますよ。

「転職するのはもう少し先だけど…」という方も、事前準備しておくと後がラクなので、先に登録だけは済ませておきましょう!

まとめ

残業に悩まされる女性

保育士の人員不足は大きな社会問題となっていますが、その背景には賃金が高くないにもかかわらず業務量が非常に多いという実態があります。

業務量が多いので既定の時間で帰れることはほとんどなく、残業や自宅に持ち帰っての仕事が常態化しているのです。

事業所も人手不足を解消しようとさまざまな取り組みをしていますが、改善されないようであれば転職するのも一つの方法でしょう。残業が少な目な求人は人気があるので、見つけたら早めに応募するのがコツです。

保育士転職サイトランキング
関連記事

【2021最新】保育士転職サイトおすすめランキング《人気9社比較》

ひと目で分かる!保育士転職サイト"人気9社"の特徴 どの保育士専用の転職サイトでも、一般的に共通しているサービスがあり……続きを読む

【体験談】給料3万円アップ!
人間関係で悩まない職場に転職できました

喜ぶ

私がマイナビ保育士を利用して転職したところ、ハローワークにある求人よりも給料が3万円も高い保育園を紹介してもらえました。

【転職前】手取り約135,000円(月収約180,000円)
 ↓
【転職後】手取り約165,000円(月収約210,000円)

今の保育園よりも家から近い勤務地、何より人間関係が良い職場に就職することができ、今ではストレスを感じることなく働けています。持ち帰りの仕事もないので週末は友達と遊んだり、趣味に時間を費やせています♪

マイナビ保育士の登録は1分もかからず完全無料なのでぜひやってみてください。もちろん登録しても今の職場にはバレませんよ(*^^)v

コメントを残す

ページの上に行く