「保育士の英語スキルは絶賛需要UP!」おすすめの資格は幼保英語検定

近年では保育園でも英語スキルが重視されています。小学校でも英語の教育が始まるようになり、今後は必修化するかもしれません。そうした政府の方針だけではなく、近年では外国人のお子さんが同じ保育園に通っているケースも増えています。

そのため保育士としても英語スキルが重視されているのです。基本的に英語スキルは現状では必須になっていません。

ですが近い将来英語スキルがあった方が、絶対にお得になるといえるでしょう。また英語スキルがあることで、転職に幅が広がるはずです。そこで保育士の英語スキルにスポットを当ててみます。

【2020年日】
保育士転職の最新情報

今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、保育園側も採用に力を入れる時期だからです。

一方で条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。

実際に保育士の私が利用した転職サイトが『マイナビ保育士』と『保育ひろば』です。

私は東京在住なので一番役に立ったのが『マイナビ保育士』でした。関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。

その他の地域にお住いの方におすすめなのは『保育ひろば』。こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。

『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。

マイナビ保育士
マイナビ保育士
  • 求人は関東圏(そのほか大阪や兵庫など)の保育園が強い
  • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
  • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
保育ひろば
保育ひろば
  • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
  • 最短2週間でスピード転職も可能
  • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い

保育士の英語スキルは年々需要が増加している

本を持つ女性

前段でも少し触れましたが、保育園でも英語スキルは年々需要が増しています。実際に英語教育を取り入れている保育園も増えていますし、そもそも外国人のお子さんが入園してくるケースもあるのです。

そのため保育園としても英語スキルを持つ人材に注目しています。基本的に英語教育を行っていない保育園では、特別な英語スキルが必要になることはありません。

ですが保護者対応として英語が話せる場合は、かなり重宝されることになります。実際に必要とされるのは高校レベルでも十分です。ネイティブレベルで話せる必要はなく、要するにコミュニケーションがある程度は取れるレベルで十分なのです。

どうしても英語って勉強しておいたほうがいいのかな?

小学校でも英語教育が始まるなどのこともあり、近い将来に保育園でも英語教育が行われるようになる可能性は高いでしょう。そうした時に英語スキルのありなしは、給与などにも影響するかもしれません。

保育士には『幼保英語検定(旧:保育英語検定)』の資格がおすすめ

教える先生

では保育園で働く保育士には、どんな英語スキルがあるのでしょうか。元も代表的なのが幼保英語検定というものです。少し前までは保育英語検定といっていたものになります。一般社団法人方行く英語検定協会が主催する、民間の検定試験です。

  • 受験資格はないので誰でも受験が可能
  • 保育士資格を所有する人が合格すると、イングリッシュエキスパート保育士証が発行される

といった特徴があります。資格の目的としては、子供や保護者と英語でコミュニケーションが取れるようにするといったものです。英語スキルでは有名な英検やTOEIC、TOEFLとはまた内容が異なります。

大きな特徴としては乳幼児や赤ちゃんが使う言葉を学ぶことです。乳幼児と触れ合う現場で使うものなので、一般的な英語検定とは勉強する分野も違っています。

幼保英語検定の”資格を取得するメリット”

パソコンの前で悩む女性

では幼保英語検定の資格を取得すると、どんなメリットがあるのでしょうか。そもそもこの資格を主催する団体が2010年に設立されたばかりなので、まだあまり知名度は高くありません。

ですが前述したように英語スキルのある保育士は、保育園にとっては重宝される存在です。需要が高まっているため幼保英語検定を取得することで、就職や転職に成功する確率が高くなるはずです。

また就職や転職先の幅も広がるでしょう。様々なメリットがあるのでまとめておきます。

  • 英語でコミュニケーションが取れる保育士は重宝されている
  • 給与面でも待遇が良くなる可能性が高い
  • 英語教育を行っている保育園や幼児英語教室でも働ける
  • キャリアの選択肢を広げてくれる

以上のようなメリットがあります。

幼保英語検定の”級別の合格レベル”

チェックに指差し棒

幼保英語検定ですが、実は入門編から専門レベルまであります。検定試験には6段階の設定があり、それぞれで試験時間や検定料も異なります。

具体的には以下の通りです。

入門レベルの5級 語彙力は200語程度で初歩的な単語やフレーズでOK
初級レベルとなる4級 語彙力は500語ほど必要で、定形のフレーズで子供とコミュニケーションが取れるレベル
基礎レベルの3級 必要語彙力が約1000語程度で子供とコミュニケーションが取れるだけではなく、保護者との簡単な会話ができるレベル
英語だけで保育補助ができる2級 語彙力は2000語程度で子供と保護者とコミュニケーションが取れるレベル
実務レベルの準1級 英語で子供と保護者と円滑にコミュニケーションができ、文章作成も可能な英語力
最上級の1級 高度なコミュニケーション能力と文章作成能力が必要とされるレベル

以上です。

幼保英語検定の”難易度&対策”

解説する女性

幼保英語検定の難易度は初級レベルだと高くありません。ただ学校で習ってきた英語とはまったく異なるのがポイントです。保育の現場で実践的に使える英語スキルが学習のメインとなっています。そのため慣れないことも合わせて、難しく感じる人も少なくありません。

  • おもちゃや遊具の英語名
  • 幼児言語
  • 子供がかかりやすい病気の名称

などのように一般的な英語学習では習わないものを、専門的に勉強していく必要があるでしょう。資格対策としては主催している団体である、保育英語検定協会発行のテキストブックを利用することです。

専門的な内容が記載されているので、学習に利用するといいでしょう。

ここに注意!
ちなみに保育英検の頃とは出題内容が変わっている可能性もあるため、できるだけ最新のものを使ってください。

【職場別】英語力が必要な保育士の4つの仕事

チェックポイント

では最後に保育士が英語スキルを必要とされる仕事についても触れておきます。代表的なのは4箇所です。

【職場別】英語力が必要な保育士の4つの仕事

以上です。それぞれに詳しく確認していきます。

【1】英語教育を行っている保育園

保育所

最近では英語の早期教育に力を入れているケースも目立ちます。特に千葉県の松戸市では市をあげて教育の推進をしているほどです。市立となる保育施設のすべてで、ネイティブの英語教師を採用して遊びを通して学ぶようにしています。

このように外国人居住者が多い自治体では、英語教育に力を入れている保育園が増加傾向にあります。これは大都市圏だけではなく、各地域の主要都市でも同じような傾向があると考えて良いでしょう。

つまりそれだけ英語教育に力を入れる保育園が増えているため、英語スキルを持つ保育士が望まれているのです。反面で英語スキルを持つ保育士の数は限られているので、資格を取得するのは大きなチャンスにもなるでしょう。

【2】インターナショナルスクール

英会話

保育士に英語スキルが必要とされる現場としては、インターナショナルスクールもあります。インターナショナルスクールと言えば、小学生以上が対象ではと考える人も少なくありません。

ですが実際には未就学の児童を対象とした、インターナショナルスクールもあるのです。つまり英語がメインに用いられる学校がインターナショナルスクールと考えて良いでしょう。主には海外から保護者の転勤などによって、日本にきたお子さんが対象となります。

英語教育を行っている保育園よりも、当然ながら求められる英語スキルは高くなってしまいます。それはお子さんだけではなく、保護者ともしっかりと英語で会話できる能力が必要だからです。

【3】プリスクール

保育園

保育士に英語スキルが求められるものとしては、プリスクールもあります。プリスクールとは、あまり聞き馴染みがないかもしれません。端的にお伝えすると、日本人が日本国内で英語教育に力を入れた環境で保育を受けるための施設です。

最近ではインターナショナルスクールとの差が少なくなっていますが、プリスクールとして運営している園もあります。英語教育を行っている保育園との違いは以下の通りです。

  • 英語教育を行う保育園よりも英語がメインになる
  • そのためレベルの高い英語スキルが必要

となります。

ワンポイント
プリスクールは英語スキルが重視されるようになるので、幼保英語検定も上級レベルの資格取得を目指した方がいいでしょう。

【4】ベビーシッター・家庭教師

本を読む親子

最後にベビーシッターや家庭教師についても触れておきます。個々の家庭に訪れて保育や教育を行うのが、ベビーシッターや家庭教師の仕事です。保育園とは異なりますが、やはり保育士には英語が必須となってきています。

何故ならベビーシッターを頼むというのは、日本的な文化では馴染みがないためです。一方で海外ではベビーシッターを頼むのは当たり前のように行われていますので、海外の人からの方が需要が高いと考えて良いでしょう。

そのためベビーシッターや家庭教師には、高い英語スキルが必要とされるようになっているのです。最近では大都市や観光地を中心として、英語スキルのある保育士がベビーシッターとして働く需要が高まっています。

まとめ

親古で英語の勉強

保育士と英語スキルについてのまとめでした。最近では保育園で働く保育士でも英語スキルが求められるようになっています。その理由は以下のようなものがあります。

  • 保護者や預かる子供に外国人が増えている
  • 英語教育の年齢引き下げによって保育園での教育需要の高まり

この2つが大きな理由です。保育士の英語スキルとしては、幼保英語検定がオススメです。

保育の現場で実践的な英語スキルが身につくと知られていて、資格の取得者にはイングリッシュエキスパート保育士証が発行されます。

【体験談】給料3万円アップ!
人間関係で悩まない職場に転職できました

喜ぶ

私がマイナビ保育士を利用して転職したところ、ハローワークにある求人よりも給料が3万円も高い保育園を紹介してもらえました。

【転職前】手取り約135,000円(月収約180,000円)
 ↓
【転職後】手取り約165,000円(月収約210,000円)

今の保育園よりも家から近い勤務地、何より人間関係が良い職場に就職することができ、今ではストレスを感じることなく働けています。持ち帰りの仕事もないので週末は友達と遊んだり、趣味に時間を費やせています♪

マイナビ保育士の登録は1分もかからず完全無料なのでぜひやってみてください。もちろん登録しても今の職場にはバレませんよ(*^^)v

コメントを残す

ページの上に行く