現役保育士の声「給与が安くて生活が苦しい」今こそ人生設計を考える

現役保育士さんのなかで「給料が安い」と不満を感じている人はたくさんいるはず。子どもが好きで保育士になるのが夢だったという人にも、生活があります。

社会保障や将来的に訪れるとされる社会の形態を想像すると、節約して生きているのに貯蓄もできない今のままで働いていいのかという気持ちになります。

また、給料の不満を、労働と賃金が釣り合わない状況と捉えている保育士さんもいるでしょう。つまり、今の給料でもいいから労働条件や職場環境の方を改善してほしいという願いです。

いずれにしても、労働は自分の人生に直接的に関わってくる問題です。この先、どうやって生きたいのかという人生設計を考える時間を作り、それに向かって行動することも大切です。

今回は、SNSによる現役保育士さんの声をとり挙げながら、保育士の給料の安さについて書いていきたいと思います。

【2019年日】
保育士転職の最新情報

今月は保育士さんが転職活動を開始するのに絶好のタイミングです。なぜならこの時期は、転職市場の最繁忙期を超え、新卒の研修が落ち着く保育園側も採用に力を入れる時期だからです。

一方で、条件が良い保育園は求人数が限られているため、できるだけ早く転職活動を開始すべきです。

実際に保育士の私が利用した転職サイトが『マイナビ保育士』と『保育ひろば』です。私は東京在住なので一番役に立ったのが『マイナビ保育士』でした。関東圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)にひときわ強い保育士専門の転職サイトとして有名です。

その他の地域にお住いの方におすすめなのは『保育ひろば』。こちらは関東圏含め、全国に対応した保育士転職サイトです。

『マイナビ保育士』『保育ひろば』は一般に公募しない"非公開求人"もあります。転職を考えている方はもちろん、今は転職できなくても登録だけはして情報を逃さないようにしましょう。

マイナビ保育士(関東圏特化)
マイナビ保育士
  • 求人は関東圏に特化した保育園
  • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
  • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
保育ひろば
保育ひろば
  • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
  • 最短2週間でスピード転職も可能
  • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い

辞めたくなるほど給料が安い!保育士の平均給料は?

このツイートを見て、共感できるという保育士さんも多いのではないでしょうか。厚生労働省による平成29年度の調査によれば、保育士の平均賃金は月22万9900円でした。

これは20代前半の場合には18万8000円、20代後半は19万8000円、30代は20万前後の平均賃金となっています。

この平均月給には残業代などすべての手当が含まれています。そして税込みなどで、市民税や年金を引くと実質、15万~16万円の手取りとみていいでしょう。ここから家賃や食費、諸々の生活費を支出していけば、手元に残るお金はほぼゼロに近いです。

買いたいものを買えず、貯蓄もできないばかりか、必要なものにあてるお金さえありません。病気でもしてしまったら、それこそ死活問題になるような現状です。

これは保育士さんに限らず、この層の賃金で働いている全ての人に言えることでしょう。そこで、気になるのが給料の決め方。どうやって給料は設定されているのかを見てみましょう。

給料ってどうやって決まるの?

今から一般的なお給料の決め方について、ごく簡単にだけ触れておきます。ここでの話は単純化したものですから、大まかな理解のための解説だと思ってください。

まず、基本的に給料とは何なのかということですが、保育士さんでいう場合、「保育士として労働するための力に必要なお金」ということになります。

例えば、明日保育園で業務をするためにはそれに必要な体がなければなりません。また、業務をするためにはそれに必要な知識やスキルがなければなりません。

業務のために必要な知識やスキルが多くて、追いつかないんだよね…。

知識やスキルのほか保育園に出勤するためには交通費がなくてはなりません。などのことも挙げられますよね。

要するに、明日働くために必要なお金を投資されているのが給料です。保育士という労働のためにどれくらいのお金が必要かは、需要と供給など社会的に相対化されてもいます。

また、保育士という職につくまでの勉強期間などについてもそのお金に含まれています。例えば弁護士のような仕事の場合、弁護士になるまでに長期間勉強する必要がありますし、弁護士の資格をとるための倍率も高く、高額な費用もかかっています。

そういったものも労働力の価値に加算され、給料の金額として反映されることにもなります。

こういう事情を考えたとき、現在の平均給料が10万円も上がるようなことにはならないと言ってもいいでしょう。

体力的にもつらい労働なのに給料が安い

給料の不満と関連している不満といえば、働きにくい職場環境です。厚生労働省による「保育士における現在の職場の改善希望状況」というアンケートでは給与の不満のほか、職員の数を増やしてほしい、事務や雑務を減らしてほしいなどの不満も多くあります。

こんなに労働量が多くて、毎日残業ばかりなんだから給料アップしてほしいという意見につながるのでしょう。給料とは少し別の話になりますが、労働環境については園によってかなり違いがあります。

例えば、園児定員19名以下の小規模保育では、公立保育園よりも比較的慌ただしさも少な目ですむ園もあるでしょう。しかしここで問題になるのはやはり給料の話です。以下は施設の形態による平均給料です。

ワンポイント
以下の表は保育士専用サイトである『保育士バンク!』のデータをもとに端数は調整した数値です。
月給
公立保育園 28万円
私立認可保育園 26万2000円
認定こども園(私立) 24万2000円
小規模保育(A型) 23万2000円
事業所内保育(A型) 21万1000円

園児数の少な目な小規模保育の施設では運営規模も小さくなるので、その分、給料は低めになっています。

こういう視点で転職を考えたとき、給料をとるか、労働環境をとるかのような二択となってしまいます。それも、「給料をとるか」の金額はさほど高くなく、「労働環境をとるか」も働きやすいかどうかは園にもよります。

転職で大事になるのが、情報収集です。自分の希望条件に合った求人をとことん探してみると、妥協ばかりの二択にはまりこまずに済むようになります。

転職すると決めた人は、必ず保育士専用のサイトを使いましょう。求人探しをいいかげんにしてしまえば、転職先の園でも新たな不満が生まれるおそれがあります。

処遇改善でも給料が上がらない

年度途中でも転職する保育士さんもかなり多いようです。近年、保育士不足で保育業界の需要と供給のバランスが崩れており、待機児童など社会問題化しているため、平成25年から保育士の処遇改善の政策が行われるようになりました。

平成29年度から実施された「技能・経験に応じた処遇改善」では、中堅の役職へのキャリアアップ制度が導入されました。

一定期間の研修を受けることで「職務分野別リーダー」「副主任保育士」「専門リーダー」の修了証が発行され、役職手当てとしてお給料がアップする制度です。

セミナーの様子
関連記事

給料が上がる!保育士のキャリアアップは『研修・セミナー』が重要!

保育士のキャリアアップとは?役職につくことが可能になる 最近は保育士に新制度ができて、キャリアアップを行うこと……続きを読む

これにより、月最大4万円まで給料が増えますが、こういったキャリアアップをしても給料が上がらないという声も多数あります。

処遇改善のための国や自治体からの補助金は園にいったん支給されます。補助金の運用方法は園に任されているので、保育園によっては現場の保育士の給料にまったく反映されていないという話を聞きます。

保育士を辞めて他の仕事をした方がいいんじゃないか?と悩む保育士さんもいるでしょう。確かに、今の給料で、もっと労働量が少なくて済む仕事なら他にもたくさんあります。

でも、そうなれば大胆に進路を変えなければならないため、躊躇ってしまうかもしれません。まずはその前に「ほかの園の給料事情はどうだろうか?」と調べてみるのもいいでしょう。

ほかの園の給料事情とか調べると少しは良い場所に転職できるかな?

きちんとした転職活動の進め方をすれば、例えば今より3万円ほど給料があがるような園を見けられる可能性はかなり高いと言えます。

給料の高い求人を探すなら保育士専用の転職サイトを使おう

\ Attention /

失敗しない!
転職成功に必須の”転職サイト”

私が転職にこだわったのが次の2つです。

  • 給料を2万円以上アップさせる!
  • 今より近い勤務地でラクな保育園を探す!

「でも、希望通りの求人なんてなかなか見つからないよね…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを発見し、即、アタリ求人と出会えました。

それもそのはず!非公開求人といって、ハローワークなどで普通に探していたら絶対に出会えない保育園を紹介してくれるサービスがあるからなんです。

転職活動で悩んだら相談もできるので、絶対に利用してほしいサイトです。

  • マイナビ保育士おすすめ

    関東圏の求人に圧倒的に強い!

    マイナビ保育士
    • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
    • 求人は関東圏(ほか大阪や兵庫など)の保育園に強い
    • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
  • 保育ひろば

    全国対応&あらゆる希望条件あり!

    保育ひろば
    • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
    • 最短2週間でスピード転職も可能
    • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い
  • 保育士バンク

    低離職率・ブランクあり・無資格者・派遣など求人が豊富

    保育士バンク
    • 北海道から沖縄まで日本最大級の求人数(全国対応)
    • 英語が使える・低離職率・復帰率高など条件検索が豊富
    • 限定の非公開求人が多い

転職した保育士さんのアンケートを調べたら、転職サイトに登録する方の多くは2~3サイトを使ってるみたいです。でも、まずは気に入ったサイト1つを試すだけでもいいと思いますよ。

「転職するのはもう少し先だけど…」という方も、事前準備しておくと後がラクなので、先に登録だけは済ませておきましょう!

まとめ

頭を抱える女性

今回は保育士の給料の安さについて書きました。国の政策で少しずつ給料が改善されだしてはいますが、現場の保育士さんからすればまだまだ不満が多いようです。

また、処遇改善がどれほど有効かもまだはっきりしていない状況です。そのため、まずはほかの園の給料事情を調べてみて、少しでも待遇の良い園へと転職するのも現実的な選択といえるでしょう。

【体験談】給料3万円アップ!
人間関係で悩まない職場に転職できました

喜ぶ

私がマイナビ保育士を利用して転職したところ、ハローワークにある求人よりも給料が3万円も高い保育園を紹介してもらえました。

【転職前】手取り約135,000円(月収約180,000円)
 ↓
【転職後】手取り約165,000円(月収約210,000円)

今の保育園よりも家から近い勤務地、何より人間関係が良い職場に就職することができ、今ではストレスを感じることなく働けています。持ち帰りの仕事もないので週末は友達と遊んだり、趣味に時間を費やせています♪

マイナビ保育士の登録は1分もかからず完全無料なのでぜひやってみてください。もちろん登録しても今の職場にはバレませんよ(*^^)v

コメントを残す

ページの上に行く