【保育士転職】参考にしたい!履歴書の添え状の書き方≪完全ガイド≫

保育士に限った話ではないですが、就職や転職活動中、求人の応募先に提出する書類として意外とご存じない人がいるのが履歴書の添え状です。これまで添付してこなかったという人もいるのではないでしょうか。

今回はこの添え状について、どのような書類なのかを出発点として、完全ガイドといえる内容にまとめました。

どの場合に提出するのか、基本の正しい書き方は、さらに一緒に何を添付するべきなのかなども記載していますので、ぜひチェックしてみてください。

自己PRは自己分析が大事ですが、リクナビNEXT「グッドポイント診断」はもう使いましたか?

えっ?まだです。それってなんですか?

グッドポイント診断

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」を使えば、「決断力」「柔軟性」など18種類の強みの中から、あなたの強みを5つ診断し、細かく丁寧に解説してくれます。

診断結果は8568通りで、「驚くほどよく当たる!」と評判がとても高いです。

  • 自分では気づかなかった強みが発見できる
  • 履歴書の作成&面接の自己PRにそのまま使える
  • 職種(営業・技術職・公務員)問わずみんな利用する

「ところで、あなたの強みはなんですか?」

今この質問にすぐ答えられなかった方は「グッドポイント診断」を必ず利用してください。

添え状(送付状)とは?

履歴書と職歴書と応募封筒

転職活動中、求人応募先があなたを採用するかしないかを判断する材料のひとつが、選考書類です。保育園などによっては面接前の書類選考として、以下の2種類の書類を郵送するよう指定してくるケースが少なくありません。

  • 履歴書
  • 職務経歴書

添え状、送付状とは、これらの選考書類に同封する書類を指し、封筒に何が入っているのかを相手先に伝える目的で作成するものです。そうすることで、書類の送付漏れがないかどうかが相手先は把握することができます。

封筒を持参する場合も添え状(送付状)はつけるべき?

応募先に選考書類である履歴書や職務経歴書を郵送する際に添え状、送付状を同封するのはマナーであり、忘れてはいけません。

面接で直接書類を渡すときも添え状は必要なの?

面接時に選考書類を持参する場合には添え状、送付状を付ける必要はないため、覚えておくと良いでしょう。

添え状の書き方と注意点

チェックに指差し棒

履歴書や職務経歴書を応募先に直接持参する際に添え状、送付状の添付は不要で、郵送時には必要であると説明しました。

では次に、作成のしかたについて気をつけるべきポイントを押さえましょう。以下の内容をチェックすれば、失敗しません。

添え状は縦書きではなく『横書き』でOK

添え状、送付状はA4用紙1枚にまとめます。横書きで「です・ます調」で作成するのが常識です。書類を受け取った応募先の人が、誰宛てに何の書類が誰から届いたのか、ひと目でわかるような内容に仕上がっていれば問題ありません。

添え状は印刷したものでOK

履歴書や職務経歴書は、手書きで作成したほうが良いという意見が未だにあります。添え状、送付状の場合はどうなのか気になるかもしれませんが、パソコンなどを使って作成し、プリントアウトしたものを提出すれば大丈夫です。

手書きの添え状は縦書きでもOK

おすすめはしませんが、どうしても手書きが良ければ白色、縦書きの便箋に黒色のボールペンで添え状、送付状を書きましょう。

ここに注意!
消せるボールペン、書き損じた場合の修正液や修正テープの使用はNGです。失敗したときは新しい便箋に1から書き直しましょう。

すぐ使える添え状の見本・例文・テンプレート

添え状の見本
(画像出典:https://hoiku-shigoto.com/guide/guidance/document/resume/)

添え状作成の重要ポイント

重要

パソコンなどの文書作成ソフトで添え状、送付状を作成、印刷する場合は、すでに述べたとおり横書き、です・ます調で、A4用紙1枚にまとめます。そのほかに押さえておきたい要点としては、主に以下の5つをあげることができます。

  • 日付
  • 宛て名
  • 署名
  • 挨拶文

まず日付についてですが、相手先に届くと思われる日ではなく、郵送する日を書きましょう。西暦か和暦かで迷う人もいるでしょうが、ほかの選考書類と合わせておけば問題ありません。

次に宛て名と署名に関して、宛て名は部署宛てにするのであれば部署名のあとに御中と書きましょう。また、採用担当者宛てにするのであれば、名前のあとに様を付けるのを忘れないでください。

ワンポイント
署名は上から順に郵便番号、住所、氏名、電話番号、メールアドレスを書きます。

挨拶文は拝啓ではじまり敬具で締めるのがルール、記は同封書類の名前と枚数を書き、以上で締めます。

1から自分で考えて作成するよりは、見本・例文・テンプレートを使って作るのが間違いもなく速いです。

履歴書と職歴書と応募封筒
関連記事

【見本あり】保育士の転職での応募封筒と添え状の書き方と注意点!

応募封筒の選び方と書き方 履歴書や職務経歴書を送るのに柄付きの封筒を使うのは絶対にNGです。履歴書や職務経歴書……続きを読む

忘れてない?郵送前にチェックすべき送付書類一覧

チェックポイント

書類選考の時点で落とされないためにも、送付漏れはなんとしても避けたいところです。ここで取り上げる書類がすべて揃っているかしっかりと確認した上で、郵送しましょう。

事故を防ぐにはポストに投函より郵便局での書留を選択するのが安全です。

添え状

すでに述べたように、選考書類を郵送する際に添え状、送付状を添付するのはマナーです。

何の書類が同封されているのかを書き記すため、最後に作成するのが良いでしょう。なお、「記」の下に添え状または送付状1枚と書く必要はありませんので注意しましょう。

A4封筒(手書き)

添え状、送付状をA4用紙で作成するのは、選考書類を入れる封筒のサイズに合わせるためです。封筒の色にも注意が必要で、白いものに必要書類を入れましょう。

なお、封筒に入れる書類の順番にも気をつけなければいけません。上から順に以下の書類が入っているのを確認してください。

  • 添え状、送付状
  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 保育園などから求められたそのほかの必要書類
  • A4サイズ、白色の返信用封筒

これらすべてを新品のクリアファイルに入れた状態にして、白色の封筒に入れて郵送します。

封筒の書き方に注意点はあったりする?

封筒には宛て先と自分の郵便番号や住所、名前のほかに、選考書類在中であることを記すのを忘れないようにしましょう。

履歴書

求人票と履歴書

一番迷うのは、手書きかソフトを使って入力するかでしょう。今はパソコンなどで文字入力してマナー違反と受け取られるようなことはまずないです。

もちろん、手書きでも問題ありませんが、以下にあてはまる人はソフトを使って文字入力するのが無難でしょう。

  • 達筆すぎて読めないといわれた経験がある
  • 字が汚いといわれたまたは字のきれいさに自信がない

この場合、手書きで履歴書を作成するほうが採用担当者からすると印象が良くありません。

手書きのほうが良いと聞いてたんだけど、パソコンで作成してもいいんだ!

そうです。手書きは書き間違いなどで紙を何枚も消費してしまいがちですが、ソフトでの入力はソフトの画面上で簡単に修正がきくため、1枚で済むメリットがあります。

手書きでも字が読めなければ、まったく意味はないからな!

職務経歴書(転職は必要)

保育士の転職では、求人の応募先で職務経歴書の提出が必須でないとしても、ぜひ提出しましょう。社会人として、保育士としてどれだけの経験を積み重ねてきたのか詳細に盛り込めるため、応募先に自分が即戦力であることを力強くアピールできます。

コチラの書類も履歴書同様、手書きのほうが良いのかどうかで迷う人もいるかもしれません。考え方としては履歴書と同じで、字の美しさに問題あり、失敗して紙を何枚も使いたくないのであれば、ソフトを使って作成すると良いでしょう。

履歴書と職務経歴書
関連記事

【例文あり】保育士への転職で有利になる職務経歴書の書き方!

そもそも職務経歴書とは?書き方も解説 職務経歴書とは、今までお仕事をしてきた会社や施設などでの経験を時系列に沿……続きを読む

その他(各園から求められる資料)

求人の応募先となる保育園などによっては、本当に有資格者なのかどうか証明できる書類の提出を求めてくることがあります。

たとえば、保育士の資格証の写しがこれにあたります。家にスキャナ、プリンタがなければコンビニなどを利用しましょう。

失敗しない転職にしよう!理想の職場探しは転職エージェントに相談

\ Attention /

失敗しない!
転職成功に必須の”転職エージェント”
転職活動を一人でする場合とエージェントを利用する場合

保育士転職サイトでは転職エージェントというサービスを受けることができます。自力では何かと厄介な転職活動を、最初から最後まで転職のプロがサポートしてくれます。

転職エージェントのオススメポイント

もし保育士転職サイトを使わない場合、「高給料の求人」「労働条件の良い求人」「人間関係で悩まされない求人」など、多くの保育士が希望するような求人をたった一人で探さなくてはいけません。

時間をかけて見つけたとして、はたしてそんな好条件の園に採用されるでしょうか…。正直、確率はかなり低いでしょう。

転職エージェントを利用するだけで、あなたが本当に希望する園が見つかる可能性がグンと上がり、採用も手助けしてくれます。

転職サイトにあるすべてのサービスは無料です。これを読んだらまず登録してください。そうすれば、自力での転職活動がどれほど損するところだったか実感するはずです。

ワンポイント
今転職する気がなくても保育士転職サイトには登録しておいた方がいいです。あなたの条件に合った新規求人や好条件のおすすめ求人、一般には出ない非公開求人も教えてもらえるからです。
保育士転職サイトで必ず登録すべき3つのエージェント
転職サイトの選び方

これらの条件に特に強い保育士転職サイトを選定しています。

  • 保育ひろば

    全国対応&あらゆる希望条件あり!

    保育ひろば
    • どのエリアも求人数が充実(全国対応)
    • 最短2週間でスピード転職も可能
    • 好条件の非公開求人が圧倒的に多い
  • マイナビ保育士

    関東圏の求人に圧倒的に強い!

    マイナビ保育士
    • サービスの質が高く、親切で丁寧なサポート
    • 求人は関東圏(ほか大阪や兵庫など)の保育園に強い
    • 直接会って面談(電話可)&履歴書添削&面接対策
  • 保育士バンク

    全国対応の求人&利用者数が10万人以上の実績

    保育士バンク
    • 北海道から沖縄まで日本最大級の求人数(全国対応)
    • 英語が使える・低離職率・復帰率高など条件検索が豊富
    • 限定の非公開求人が多い

保育士転職サイトに登録する方の多くは2~3サイト登録しています。各サイトが保有する"好条件の非公開求人の数が異なる"ためです。

これらを踏まえて、上記3つは必ず登録しておくべき転職サイトです。忘れずに登録しましょう。

まとめ

履歴書と書類

保育園などの求人に応募するにあたって、面接の前に応募先から履歴書などの選考書類を郵送するように求められることは珍しくありません。その際に添え状、送付状を添付するように指示されることはないです。

指示されていないのであればわざわざ同封する必要はないのではと思う人もいるかもしれませんが、添付はマナーです。採用担当者に常識がないとマイナス評価される可能性もあるため、必ず作成して封筒に入れましょう。

また、今回ご紹介したように添え状、送付状以外の履歴書、転職する人の場合は職務経歴書の内容は採否を大きく左右する重要な書類です。

すべての選考書類をしっかりと仕上げ、入れる封筒の色やサイズにまで気を遣い、応募先にアピールしましょう。

保育士転職成功ステップ
関連記事

【2019最新】失敗しない!保育士転職成功ガイド《完全マニュアル》

ステップ1.『退職理由』から出発 まだ転職しようかどうか悩んでいる方も、すでに今の職場を辞めると決めた方も、な……続きを読む

コメントを残す

ページの上に行く