仕事の悩み

無能な自分を変えたい人におすすめの仕事は?できない人の特徴と対処策

仕事ができず、自分はこれほど無能だったのかと気づいて、どうすればいいのか悩んでいる…。

仕事でミスを連発し、上司から注意されてばかりいると、毎日会社に行くのが憂うつになってしまいます。仕事はおろかプライベートも楽しない。

今、そんな風に過ごしていませんか?

仕事を辞めたいけど、能力がないから他で採用される心配…採用されても今と同じ繰り返しになるんじゃないか。

今回はそういった悩みを抱く人に向けて書いていきたいと思います。仕事で無能だと見なされる人の特徴やその改善策、おすすめの仕事や転職成功の方法などについてお話します。

仕事ができない無能な人の特徴と対処法

仕事をしているなかで自分は無能だと感じる瞬間がある人は、この「無能」ということについてよく考えてみるのがいいでしょう。

無能とは「能力や才能がない」ということです。

ではいったい、仕事においてどのような能力がないのか。これは個人によって様々ですが、今から挙げるような特徴のなかで自分に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

1.同じようなミスを繰り返す

仕事のできない人は同じようなミスを繰り返します。

厳密にいえば、一つのミスをし、それに気をつけるようになっても、その経験を似たような経験には活かせないといったものです。

例えば、仕事のできない田中さんという人がAという部屋に入った時に「Aという部屋は土足厳禁だ」と教えられたとします。しかし、数日後、うっかり不注意でその部屋に靴を脱がずに入ってミスしたとします。

田中さんはさすがにその日からAという部屋に入る時には土足厳禁を気をつけるようになりましたが、ある日、Bという部屋に入る機会があった時、何も考えずに靴を脱がずに入ってしまい、Aの状況と類似のミスをしてしまいました。

「Aの失敗があったのに、Bでも同じような失敗が起こる想定はできなかったのか?」と上司に叱られても、田中さんにはAとBは全然別の状況だし…と困ってしまいます。

このように、ある経験をほかの経験に類推したり適用したりできず、あらゆるパターンのミスを一つずつ経験しない限り、なかなかミスしないようにならない人がいます。

対処法.失敗した時の行動を計画しておく

失敗した経験をもとに柔軟に行動しろと言われても、当人からすればどうすればいいのかよく分かりません。

まずは同一のミスをしないことに注意しましょう。集中力や緊張感を高めるために、勤務時間の区切りごとに、失敗について意識するなどの工夫を取り入れましょう。

そのほか、任されている仕事全体を通して、どんなミスが起こりうるかを前もって思いつく限りで予想し、そうなった場合にどんな行動をとるべきかを考えておきます。

ミスを怖がるとかえってミスを招きやすいので、ミスを怖れず、かつ、正確に仕事を遂行するために、失敗したときの冷静な対応を準備しておき、自信をもって働くことが大切です。

2.仕事が遅い、簡単な業務がなかなか終わらない

仕事が遅れてしまうのも、仕事ができない人の特徴です。

他の人がやればそれほど時間がかからない業務も、締め切りぎりぎりになってしまったり、締め切りに間に合わなかったりすることがあります。

仕事が遅い人はいくつかのパターンに分けられます。

まず、求められていないレベルで仕事の丁寧さを気にするあまり仕事が遅くなる人です。仕事そのものは丁寧でしっかりやっていますが、時間や効率、生産性をないがしろにしてしまっているケースです。

次に、仕事がルーズな人です。だらだらと行き当たりばったりのように業務を行っているケースです。

最後に、一生懸命に取り組んでいるもののその業務を十分に処理していく力がない人です。

対処法.残業を日常化しない。準備を念入りにする

残業時間も含めて1日には時間がたくさんあるという意識でいると、1つ1つの業務をだらだらとしてしまいがちです。仕事は効率よく、短時間でほとほどの質の高さで終わらせるという意識くらいでやるのがいいです。

業務に優先順位をつけるのも大事です。重要な仕事にはしっかり時間を注ぎ、重要性の低い仕事はさっと済ませるといった計画を立てます。どの業務も均一にならして同じ時間、同じ集中力、同じ労働力にならないようにしましょう。

また、ある仕事にとりかかるとき、準備をしっかりしておくことも大切です。その場その場という態度で仕事を始めるとあとで問題が起こった時に、バタついて効率が落ちてしまいます。

3.自分だけで仕事を抱え込んでしまう

仕事を自分ひとりで抱えこんでしまうのも特徴です。

仕事のできる人は他人を頼ります。もちろん、やみくもに頼るわけでもないですし、ラクしたいからでもありません。自分のパフォーマンスを発揮するために他人に協力を求めます。自分の欠点を補うための場合もありますが、どのみち、仕事で結果を出すということが目標設定となっています。

仕事のできない人は「自分にできないことがある」という状態を悪いことだと過剰に思い込み過ぎているところがあります。そして、自分のできないことを解消することが目標になっている気がします。

そのため、自力でどうにかしようとして空回りしてしまうこともあるでしょう。

対処法.上司や先輩、リーダーや同期などに積極的に相談する

どのような人であれ、自分ひとりで成長し仕事ができるようになるのは不可能です。

どんな簡単なことでも仕事で困ったこと、分からないことがあれば、自分がどう思われようが気にせず、積極的に相談し、支えてもらえるように行動しましょう。

変な言い方ですが、仕事ができないと自他ともに公のこととして認知することも悪いことではありません。そういうキャラクターとして周囲に協力してもらうのもいいでしょう。

ただ、いつでも懸命に働く姿勢だけは示し、そうして支えてもらいながら、仕事をしっかりこなせるようになるのだという気持ちは持ち続けなくてはいけません。そうでないと、周囲も協力をやめてしまいます。

4.仕事の全体を把握していない

仕事の全体を把握できないという特徴もあります。

極端な例ですが、今している仕事をなぜやっているのかもよく分からないまま、とにかく業務マニュアル通りに進めているといったことです。

業務の目的など全体を見渡すことができないと、今何をどう進めるのがベストなのかが分かりません。

対処法.情報共有や確認作業を徹底する

同僚と情報を共有したり、細かく確認したりするなどして、仕事の全体像が見渡せるようにしましょう。

とくに新人であれば、部分的に業務を任されることが多いので、先輩や上司に「なぜ、このような業務をしているのか」など仕事の目的や意図に関する説明を求めるのもいいでしょう。

5.考える時間が短い

仕事のできない人は考える時間をあまり設けていない傾向があります。

何となく仕事をしている人と考えながら仕事をしている人では成長スピードも格段に違います。勤務中、考える時間が少ないと、気づかぬうちにとんでもない失敗をしてしまうおそれもあります。

また、効率よく働こうという意識も低いため、自然、仕事のできない人と見られがちです。

対処法.考える時間を強く意識する

考えるという行為が習慣化していない人は、何か行動する際、よく考えて行動しようと絶えず、強く意識しておかなくてはなりません。

頭を使うことに不慣れであると脳が疲労しやすく、考えるのをやめたくなるかもしれません。しかし、その疲れは必死に頭を働かせている証拠ですから、頭を使うのだと粘り強く意識し、定着させましょう。

6.改善する意識が薄い

仕事のできない人は、失敗や反省するような経験があったとしても、心の奥底から改善しようという気持ちに欠けていることがあります。

要するに、真剣さが足りないということです。

なぜそうなるのかといえば、自己を改善するにはまず、自分の失敗や欠点、能力不足や仕事の不出来を無条件に認めなければなりませんが、それにはかなりのエネルギーを要するからです。

誰でも自分ができないという事実を認めるのはしんどいです。それを回避しようとして、真剣に改善することを放棄し、表面的にだけ「次は気をつけよう」と反省します。その結果、また同じような失敗をやらかしてしまいます。

対処法.自分を見つめ直す時間を作る

仕事に限らず、成長するためには苦痛が伴う瞬間がありますが、それを回避してばかりいると成長の機会を失ってしまうことになります。

まず、自省する時間を設けましょう。そして自分の改善点や課題を見つけ出すことから始めましょう。

7.有能だと評価されている人を認められない

有能だと評価されている人を認められないのも仕事のできない人の特徴です。

認められない、というのはプライドや嫉妬からという意味ではありません。仕事のできる人がなぜできるのかがよく分からないという意味です。

誰かの真似をしてみるのは、学びの一つの方法と言われていますが、何を真似るかに注意することも大事です。

仕事のできない人は仕事のできる人の真似をすればいいという助言を聞きますが、その前提として、なぜその人が有能なのかを理解している必要があります。

対処法.仕事における有能とは?無能とは?を定義してみる

周囲の同僚を眺めて、仕事のできる人とできない人の違いは何かと自分なりに考えてみるのがいいでしょう。

「単に要領がいいだけ」と思っていた有能な人もよく分析すれば、実は綿密に計画を立てて行動していることに気づいた、などの発見もあるかもしれません。

そのように、他人の長所を知って吸収し、己の短所を知って改善するように努めましょう。

こんな場合はどうすればいい?仕事の無能がうつ病や適応障害が原因かもしれない

仕事ができないといっても、単純に能力だけの話ではありません。

例えばうつ病や適応障害などで、本来のパフォーマンスを発揮できていない可能性もあります。うつ病なら、無気力や集中力の欠如などで、まともに仕事することさえ困難になってしまいます。

心身の調子がおかしいと少しでも思ったら心療クリニックで診てもらうのがいいでしょう。うつ病はいったん重症になると快復に時間がかかります。早期の受診を心がけましょう。

無能だから仕事が辛いとストレスをためすぎてうつ病になることも

自分は無能なのだ、他人に迷惑をかけてばかりいると自責してストレスをためているうち、うつ病になることもあります。

仕事ができる、できないより大切なのは自分の健康です。その職場にいて、仕事ができないと悩み続けてしまいそうなら、自分の力に合った職場を探すのがいいかもしれません。

すぐにキャパオーバー…発達障害が原因だと感じたら?

最近、大人の発達障害というコトバをよく見かけます。

発達障害は病気ではないので大人になってから突然発症するというものではなく、先天的な性質のものです。ADHDやアスペルガーなど様々なタイプがあり、それらが複合していることもあるそうです。

発達障害の特性として、単純作業が苦手、飽き性で注意力散漫、物忘れが多い、コミュニケーション能力が乏しい、といったあらゆる特性が挙げられており、それを知って自分も発達障害かもと思う人もいるでしょう。

昔から生活に支障があって悩むことが多かったという人は一度、診てもらうのもいいかもしれません。

少し気になるという人は、大事なのは自分の特性とどのように付き合って生きるかという点であり、それを考える機会になるのであれば、検査に行くのもいいでしょう。

仕事が無能すぎて辞めたい…転職するのはあり?

仕事ができないとストレスばかりが増えてしまい、もう辞めたいと思うこともあるでしょう。

辞めたいけど、どうだろう?と悩んでいる人は、転職も現実的な選択肢だと思います。

本当に無能なのか?すべての人が無能だとも言える

人は誰しも、できること、できないことがあります。仕事ができると思われている人であれ、無能な一面はあります。

しかし、有能な人はその有能さを発揮できる仕事を選んでいます。その人がまったく違う仕事をした場合、ひょっとすれば仕事のできない人になってしまうかもしれません。

現在自分は無能じゃないかなと悩んでいる人も単に、自分に向いている仕事についていないだけかもしれません。あるいは、仕事ができないなりにがんばって働きたいと思える会社ではないのかもしれません。

仮に、どんな仕事をやってもできないという人がいたとしても、周囲がサポートしてくれる、自分なりのペースで成長させてくれる職場環境で働くことができているかどうかで、毎日のモチベーションも違ったものになります。

仕事ができないという苦しみは、向いてない仕事を続ける苦しみのことです。そういう生活では充実を得るのは難しいので、思い切って新しい生活をチャレンジするのも有効だと言えるでしょう。

生き方を変えよう!無能な人でもできる、おすすめの仕事とは?

無能な人でもできる仕事などありません。

個人の特性、長所や短所、価値観や考え方など一様ではないため、仕事ができない人にはこんな仕事がおすすめだと助言するのは不可能です。

しかし、自分に合った仕事の見つけ方ならお教えすることはできます。転職活動する際、ぜひ次のようなやり方を徹底して行ってみてください。

転職するならこの方法を実践しよう

転職の目的は今の悩みを解消するためではありますが、それだけでなく、これからの生活をより良いものとし、充実した毎日を過ごせるような仕事・職場を見つけることでもあります。

この点を強く意識しておくことはとても重要です。不満な今を解消するだけの転職活動では、転職後、また新たな種類の不満を感じ、「この会社も辞めようかな」となってしまいます。

徹底した情報収取を

そうならないためにしてほしいのが徹底した情報収集です。仕事探しは最初から最後まで、情報の扱い方にかかってきます。

例えば求人探し。求人探しで必要な情報は次のようものです。

  • 自己分析、ビジョンなど自身にかんする情報
  • 求人を探す方法にかんする情報
  • 企業にかんする情報

まず自己分析や将来のビジョンについて知っておかなければ、自分にマッチする求人を探しようがありません。

自分の力に合った職場、自分の強みや特性を生かせる仕事、そしてこの先どんな風に働きたいのか、などなど。

次に、自分の希望する求人を見つけるにはどんなツールを使えばいいか?無料求人誌なのか、ハローワークなのか、転職サイトなのか、などなど。

よさげな求人を見つけたら、その企業についての情報をできるだけ詳細に知りましょう。職場の雰囲気、企業の特色、社風、採用後にはどのような業務につくことになるのか。

転職活動の具体的な進め方

具体的に転職活動を進めていく流れを示すと次のようなものになります。

  1. 自己分析をしてみる⇒リクナビNEXTのグッドポイント診断を使う
  2. 転職エージェントに相談する⇒まずはリクナビエージェントだけでいい

たったこれだけです。これだけでこれまでの転職とはまったく違ったものになります。

転職エージェントを使えば、あなたの特性や強みを分析してくれ、そこからマッチした求人を紹介してくれます。自分で探すよりも圧倒的にマッチング率も高いです。

その人生、後悔しませんか?「転職」が頭によぎったら今すぐやるべきこと

「転職」というコトバがほんの少しでも頭によぎったあなたは今すぐにでも、転職エージェントに登録するべきです。

なぜ、今すぐ行動に移さなければいけないのか。次の場面を想像してください。

転職を考えている 忙しく仕事をする 1年後は心労が重なり心身ボロボロに ふと転職のことを思い出す

こんな人生を送ってきたような人、職場にいませんか?

転職エージェントは無料なだけでなく、すぐに使い始める必要もないというメリットもあります。大切なのは、まだ余裕のある時に準備しておくこと。

転職しようかどうか考えるのはそのあとからで構いません。

むしろ、現状から一歩進んだ「やろうと思えば、いつでも転職活動を始められる状況」の方が進路について本気で考えることができます。ゆとりを持って今の職場や自分についても冷静に見つめ直すことができるはず。

転職の進め方の順序を絶対に間違えてはいけません。

なぜ"転職エージェント"を利用すべきなのか?
転職活動を一人でする場合とエージェントを利用する場合

転職はより良い生活を選んでいくためのイベントです。そのイベントを成功させるためのアイテムが「転職エージェント」

使わなければ損というものではありません。使わなければ自己実現が難しくなるような重要なアイテムと言っていいでしょう。

転職エージェントは、自力では何かと厄介な転職活動を最初から最後まで、転職のプロがすべて無料でサポートしてくれます。

転職エージェントのオススメポイント

もし転職エージェントを使わない場合、理想的な条件の求人を膨大な求人の中からたった一人で探さなくてはいけません。時間をかけて見つけたとして、はたして採用されるかどうか…。

転職エージェントを利用するだけで、あなたに本当にマッチした求人が見つかる可能性がグンと上がるばかりか、採用率も格段に高まります。

とはいえ、エージェントというアイテムのなかにはまったく役立たないものも存在します。強力なアイテムが必要です。

世の中には数多くの転職エージェントがあり、ネット中に「ここもおすすめ、あれもおすすめ」と情報が氾濫している状態です。こん棒のような代物をつかまされないようにしなくてはいけません。

当サイトでは「まずはこれだけ使えばいい」という転職エージェントのみを紹介します。

ここは外せない!37万人の転職成功実績をもつ業界No.1『リクルートエージェント』
  • リクルートエージェント

    知名度&業種の多さ&転職実績ともに断トツNo.1

    リクルートエージェント
    • 求人数25万件以上で業界トップクラス
    • 転職支援実績は累計45万名以上
    • 優良企業の非公開求人も多数
とりあえず求人情報を収集するなら『リクナビNEXT』

エージェントの場合は面談などアクションが必要ですが、「リクナビNEXT」は、仕事選びから応募書類の作成、日程調整などはすべて自分で行うため、マイペースに転職活動を進めることができます。

いま転職する気がなくても、とりあえず求人情報が収集できるリクナビNEXTには登録しておいてください。

  • リクナビNEXT

    限定求人とグットポイント診断が優秀すぎる

    リクナビNEXT
    • 求人数1万件以上(85%がリクナビ限定)
    • 企業から直接スカウトするサービスあり
    • 優れた診断ツール"グッドポイント診断"

また、リクナビNEXT利用者、そして利用者以外にも多くが使用する「グットポイト診断」があります。

実際に使ってみたけど、リクルート自信をもって勧めているだけあってそのクオリティ、圧倒的なボリュームで"あなたの強み"を自己分析できました。応募書類や面接で驚くほど使えます(※実証済み、そしてよく当たる!)

これを読んだらまず登録してください!そうすれば、自力での転職活動がどれほど損するところだったか実感するはずです。

まとめ

仕事ができない、自分は無能だと悩んでいる人の特徴、改善策を説明しました。また、転職を考えている場合には、転職活動を正しく進める方法も解説しました。

無能というのは誰にもあてはまることです。大事なのは、自分の強みを発揮できる仕事を見つけることです。今の職場での仕事は自分に向いていないと感じる場合、いったん落ち込むのをやめ、自分に合った職場を見つけることに注力してみるといいでしょう。

ページの上に行く