転職相談

人と関わらない仕事の見つけ方は?人間嫌いに合った生き方を作る方法

人間嫌いに向いている仕事、人と関わらないですむ職業ってないのかな?

働きながらふとそんなことを考える人も多いのではないでしょうか。他人と一緒にいるだけでもストレスを感じるから、自分に合った生き方を見つけたい…。

この記事では人と関わらない仕事やその上手な探し方を紹介するほか、人嫌いの原因や特徴、克服方法など、あらゆる面から人間嫌いのより良い生き方を考えるための情報を提供したいと思います。

人間嫌いの自己診断をしよう!仕事で疲れる原因を分析する

まず人間嫌いの自己診断をしてみましょう。

といっても、心理テストのようなことをするのではありません。わざわざそんなことをせずとも、自分自身で極度に人が苦手だといったことは自覚しているはずです。

ここでの目的は、職場での自分を分析することで、どのような生き方をするのがベストなのかを考えることにあります。自分がなぜ人嫌いなのかを客観的に把握してみましょう。

何が人嫌いにさせているのか?

職場で人間関係が煩わしいと感じる瞬間、「何がそうさせるのか」を冷静に考えてみましょう。

一口に、人嫌いといっても様々なタイプがあります。同僚と共同で作業をしているときにひどく疲れてしまうという人にも、いちいち相手の行動が気になってイライラしてしまうタイプの人もいれば、自己表現が苦手でストレスになるタイプの人もいます。

一度、これまでの人生を振り返り、人間嫌いを感じた場面を思い出すのもいいでしょう。

人嫌いの原因によっては今の職場でも改善できるかもしれません。一方、転職した方がいいケースもあります。

例えば、業務のやり方に自分なりのこだわりがあるのに、上司や同僚はマニュアルとは違うからそのやり方を認めてくれないとします。それが自分にとって大きなストレスであり、そんな状況が積もりに積もって自分は人間嫌いなのだと感じていたとします。

そのような状態であれば、仕事を変えるのが現実的な選択になってくるかもしれません。

人嫌いの特徴、タイプ別の克服方法や対策

次に、人嫌いの特徴を挙げつつ、タイプ別に克服方法や改善策など紹介します。

「克服方法」と書いてますが、人間嫌いは決して悪いことではありません。一つの特性といえるものであり、短所や欠点ではありません。

しかし、人嫌いの種類によっては改善したいと思う人もいるはずなので、ここではその克服方法を書いておきます。

1.「傷つくのが怖い」は自分嫌い

他人から傷つけられた経験がある人や、自分に自信がない人は、他者と触れることで自分が傷つけられたり否定されたりしないかという恐怖を抱きやすいです。

このようなタイプの人は自己防御的に人間嫌いになっているのかもしれません。

言い換えるなら、他人が嫌いなのではなく、他人が自分を嫌いになるかもしれない不安を敏感に感じている人です。

解決方法:自己肯定感を強く持つ

このタイプの人は自己肯定感に乏しいので、自信をつけることから始めるのがいいでしょう。

自分を強く肯定できる人はたとえ他人から傷つけられたとしても、自分を支える力を持っています。もちろんそんな人でもストレスは抱きますし落ち込むこともありますが、そこからの修復がとても上手です。

では、どうやれば自己肯定感を強くできるのかということですが、どんな小さなことでもいいので、結果がはっきり分かる目標を設定し、成功体験を積み重ねていきましょう。

いったん人間関係について悩むのを置いておき、それとはまったく別の目標に目を向けましょう。毎日、寝る前に10分だけ読書や勉強し、できた日にカレンダーにしるしを入れるとかいったことでも構いません。

そうやって自信がついていけば、自然、すべての行動が少しずつ変化していきます。

2.人間好きだったのに、積極的に人と関わって疲れ切った経験がある

人は好きだけれど、気を遣いすぎたり裏切られたりして、精神的にストレス過多となり、そのせいで人間嫌いになってしまう場合もあります。

人と積極的に関わることで痛い目をみたので、なかなか近づく気になれないといった状態です。

解決方法:他者への執着を捨て期待しない

このタイプの人は他者に期待しないことから始めるのがいいかもしれません。

他人との関係を過剰に意識し、相手に期待しすぎるとそうならなかった時の不満やストレスは大きく感じられます。

そもそも人間関係は単純なものではない、うまくいかなくて当たり前というくらいの気持ちで接すると余計な力が抜けて他者と接しやすくなります。

3.他人に無関心だから関わりたくない

昔から他人に無関心で、自らすすんで他人と関わろうとはしないタイプの人もいます。

人間嫌いというより、人間を好きになる必要性を感じていないと言えるかもしれません。もちろん、価値観や考え方は人それぞれですから、良い悪いの話ではありません。

解決方法:他者との楽しい瞬間を見つけてみる

今の生活で他人と関わらなくてもうまくいっているだけでなく、自分のやりたいことや楽しみを持っていて充実しているのなら、無理して人間嫌いを改善する必要もないかと思います。

ただ、もう少し人と関わった方がいいかなと気にしている人はまず、他人と過ごしている時間のなかで楽しい瞬間を意識して見つけようとしてみましょう。

楽しい瞬間とは価値ある瞬間という意味です。他者との必要のないと思える時間のなかにも、何かしら自分にとってプラスになる意義を見出すということです。

「たまにでも人と一緒にいたら、自分とは違う考え方に触れられるので、いろんな気づきや発見があるかも」など多少強引にでもポジティブな動機を設定して日々を過ごしてみるのもいいかもしれません。

人と関わらない仕事の探し方

人間嫌いのせいで今の職場で苦痛を感じているとき、人と関わらない仕事選ぶのも一つの方法です。

なるべく他人と関わらない仕事を選ぶことで、想像以上に仕事のパフォーマンスが発揮できるようになり、毎日が生き生きして楽しいという人もたくさんいます。

問題は「自分に合った仕事が見つかるの?」ということですが、必ず見つかります。

ネット情報などを見ていると、人間嫌いな人におすすめな職業としてよく挙げられるのが「在宅ワークのフリーライター」などですが、しかし、これは収入面で不安定になりやすく、現実的ではないのが現状です。

このようにネットを使うだけでの探し方では自分にマッチする仕事は見つかりにくいです。そこで、次のような手順で転職活動を行うことをおすすめします。

まずは徹底した情報収取を

転職活動で必ずやってほしいのが徹底した情報収集です。仕事探しは最初から最後まで、情報の扱い方にかかってきます。

例えば求人探し。求人探しで必要な情報は次のようものです。

  • 自己分析、ビジョンなど自身にかんする情報
  • 求人を探す方法にかんする情報
  • 企業にかんする情報

まず自己分析や将来のビジョンについて知っておかなければ、自分にマッチする求人を探しようがありません。

自分の力に合った職場、自分の強みや特性を生かせる仕事、そしてこの先どんな風に働きたいのか、などなど。

次に、自分の希望する求人を見つけるにはどんなツールを使えばいいか?無料求人誌なのか、ハローワークなのか、転職サイトなのか、などなど。

よさげな求人を見つけたら、その企業についての情報をできるだけ詳細に知りましょう。労働環境、職場の雰囲気、企業の特色、社風、採用後にはどのような業務につくことになるのか。

転職活動の具体的な進め方

具体的に転職活動を進めていく流れを示すと次のようなものになります。

  1. 自己分析をしてみる⇒リクナビNEXTのグッドポイント診断を使う
  2. 転職エージェントに相談する⇒まずはリクナビエージェントだけでいい

たったこれだけです。これだけでこれまでの転職とはまったく違ったものになります。

転職エージェントを使えば、あなたの特性や強みを分析してくれ、そこからマッチした求人を紹介してくれます。自分で探すよりも圧倒的にマッチング率も高いです。

自力で人と関わらないで済む職業を見つけるのは難しいので、まずは一度、転職エージェントにどのような仕事があるのかを相談してみましょう。

その人生、後悔しませんか?「転職」が頭によぎったら今すぐやるべきこと

「転職」というコトバがほんの少しでも頭によぎったあなたは今すぐにでも、転職エージェントに登録するべきです。

なぜ、今すぐ行動に移さなければいけないのか。次の場面を想像してください。

転職を考えている 忙しく仕事をする 1年後は心労が重なり心身ボロボロに ふと転職のことを思い出す

こんな人生を送ってきたような人、職場にいませんか?

転職エージェントは無料なだけでなく、すぐに使い始める必要もないというメリットもあります。大切なのは、まだ余裕のある時に準備しておくこと。

転職しようかどうか考えるのはそのあとからで構いません。

むしろ、現状から一歩進んだ「やろうと思えば、いつでも転職活動を始められる状況」の方が進路について本気で考えることができます。ゆとりを持って今の職場や自分についても冷静に見つめ直すことができるはず。

転職の進め方の順序を絶対に間違えてはいけません。

なぜ"転職エージェント"を利用すべきなのか?
転職活動を一人でする場合とエージェントを利用する場合

転職はより良い生活を選んでいくためのイベントです。そのイベントを成功させるためのアイテムが「転職エージェント」

使わなければ損というものではありません。使わなければ自己実現が難しくなるような重要なアイテムと言っていいでしょう。

転職エージェントは、自力では何かと厄介な転職活動を最初から最後まで、転職のプロがすべて無料でサポートしてくれます。

転職エージェントのオススメポイント

もし転職エージェントを使わない場合、理想的な条件の求人を膨大な求人の中からたった一人で探さなくてはいけません。時間をかけて見つけたとして、はたして採用されるかどうか…。

転職エージェントを利用するだけで、あなたに本当にマッチした求人が見つかる可能性がグンと上がるばかりか、採用率も格段に高まります。

とはいえ、エージェントというアイテムのなかにはまったく役立たないものも存在します。強力なアイテムが必要です。

世の中には数多くの転職エージェントがあり、ネット中に「ここもおすすめ、あれもおすすめ」と情報が氾濫している状態です。こん棒のような代物をつかまされないようにしなくてはいけません。

当サイトでは「まずはこれだけ使えばいい」という転職エージェントのみを紹介します。

ここは外せない!37万人の転職成功実績をもつ業界No.1『リクルートエージェント』
  • リクルートエージェント

    知名度&業種の多さ&転職実績ともに断トツNo.1

    リクルートエージェント
    • 求人数25万件以上で業界トップクラス
    • 転職支援実績は累計45万名以上
    • 優良企業の非公開求人も多数
とりあえず求人情報を収集するなら『リクナビNEXT』

エージェントの場合は面談などアクションが必要ですが、「リクナビNEXT」は、仕事選びから応募書類の作成、日程調整などはすべて自分で行うため、マイペースに転職活動を進めることができます。

いま転職する気がなくても、とりあえず求人情報が収集できるリクナビNEXTには登録しておいてください。

  • リクナビNEXT

    限定求人とグットポイント診断が優秀すぎる

    リクナビNEXT
    • 求人数1万件以上(85%がリクナビ限定)
    • 企業から直接スカウトするサービスあり
    • 優れた診断ツール"グッドポイント診断"

また、リクナビNEXT利用者、そして利用者以外にも多くが使用する「グットポイト診断」があります。

実際に使ってみたけど、リクルート自信をもって勧めているだけあってそのクオリティ、圧倒的なボリュームで"あなたの強み"を自己分析できました。応募書類や面接で驚くほど使えます(※実証済み、そしてよく当たる!)

これを読んだらまず登録してください!そうすれば、自力での転職活動がどれほど損するところだったか実感するはずです。

まとめ

人間嫌いという特性はけっして悪いことではないので、それを活かせる職場を見つけるのが無理なく自分の人生をよりよくできる選択です。

仕事でなるべく人と関わらなくて済む仕事は存在しますが、探す方法を間違えればいつまで経っても自分に合った仕事とは出会えません。

かならず転職エージェントに頼って、自分の希望に合った仕事の情報を提供してもらいましょう。

ページの上に行く