診断書
履歴書・職務経歴書

履歴書【健康状態】記入はこれが正解!病気でも『良好』と書ける

履歴書の種類によっては「健康状態」欄があります。

持病や骨折・腰痛、入院経験。そのほか精神疾患や、病気ではないですが発達障害など。また、現状は元気だけど最近まで病気だった、などなど。

そういった様々なケースをどのように書けばいいのか。病歴があると採用や不採用に影響があるのか。

今回は健康状態の書き方や気になる点について書いていきます。

自己分析はもうしましたか?選考前に自分の強みを知ってアピールできるようになっておきましょう。
リクナビNEXTの「グッドポイント診断」がおすすめです!無料で誰でも利用可能です。
分析の精度がとにかくすごい!実際に使った診断結果が、履歴書作成や面接の時に役立ったので、必ず試してほしいです!

グッドポイント診断

グッドポイント診断の体験レポートの記事『「怖いほど当たる」と噂の長所診断【グッドポイント診断】がすごい!』をぜひ読んでみてください。

▼転職がラクラクに進む方法▼

履歴書で健康状態を知る目的とは?

診断

なぜ健康状態の記入欄があるのか。その理由を知ることで、書き方が見えてきます。

一定基準の業務ができるか

健康か調べて、仕事ができるかチェックしてるんですか?
その通り。会社の業務には基本的な流れや作業方法があります。それをこなせるだけの健康状態かどうかを確認します。まあ当然といえば当然です。

採用後、業務に支障があるのが発覚しては雇い主も雇われた方も、お互いに困ることになります。そうならないように事前に質問しているわけです。

業務への配慮のため

企業によって要求する業務レベルや業務内容は様々。

採用後のことを想定し、能力を最大限に発揮できる環境づくりのために健康状態を事前に確認することもあります。

健康状態による採用・不採用の影響は?

採用不採用

求められている業務が病気などのせいでまったくできないというような状態であれば、当然、不採用になります。

そうでない場合、健康状態が選考の判断材料のなかでは小さなものになると考えていいでしょう。

どんな状態なら「健康」なのか?(鼻炎/ヘルニア/アトピー/アレルギー/喘息/高血圧/腰痛など)

医師

健康ですか?と尋ねられても、健康と答えていいのかどうか、その基準が分からない場合もあるはず。

ひろし、君は健康ですか?
今、高熱があって倒れそうです。
そう答える君は健康だと感じてませんが、もちろん履歴書では健康だと伝えますよね。
そりゃそうですよ。
では、現在元気であっても、いったん風邪をひくと、それに続いて一カ月は入院しないといけないような持病がある場合は?
それは健康と答えられないような…。
そうですね。企業側が気になるのは、その健康状態によって任せた業務に支障はないか、です。

例えば以下のような場合、現在支障がなければ健康扱いです。

  • 身体が弱くて、前職で何度か休ませてもらった
  • 病気が理由で退職したが、今は完治している
  • 過去に大きな病気を患ったが、今は完治している
  • 花粉症や鼻炎、腰痛やアトピー性皮膚炎、高血圧などの持病がある
上に挙げたものでも、業務に支障があれば健康扱いにはなりません!

「まあ、よっぽどのことがない限り、ふつうに働ける」という場合には健康扱いということです。

健康な場合の書き方は「良好」とアピール

履歴書

健康の場合「良好」と書いておけばオッケーです。

そのほか「健康状態は良好です。前職でも3年間無欠勤でした。」というような健康アピールもできますが、そこまでする必要はありません。

健康状態欄がない履歴書

健康状態欄がない履歴書も存在します。その場合にはわざわざ健康状態を書く必要はありません。

▼転職活動で必須のツールを紹介▼

業務に支障が出そうな持病や病歴など、嘘をついたらどうなる?

禁止

業務に支障がありそうな持病や病歴のある方は履歴書の健康状態欄にきちんと書く必要があります。

健康状態欄がない履歴書を使うという手はどうです?
いずれ何かの折に発覚する可能性が高いですから。例えば入社すると、健康診断を受けることにもなりますよね。

健康状態欄のない履歴書を使用する場合でも「本人希望記入欄」などに一筆添えておくといいでしょう。

持病や既往症の書き方(良好以外の場合)

薬

先述のように持病や既往症(過去に患った経験のある病気)があったとしても、業務に支障がなければ「良好」と書きます。

もし持病や過去の患った病気がもとで業務に支障が出そうだという方は書いておきましょう。

「通常業務に支障はありません。持病の腰痛があり、重い荷物を持てません。」

できること、できないことを簡単に示しておくといいでしょう。

病気など快復しているが、定期的に通院のために休む必要がある場合

「良好で業務に支障はありませんが、月に1度、定期健診のため通院が必要です。」

働く時、どういう配慮をしてほしいかを記入しておきます。

ただ、上のような方でも、その通院が休日などであり、業務に支障がなければ、書く必要はないでしょう。

どうしても平日の業務を休んで通院が必要といった状況であれば書いておきましょう。

うつ病など精神疾患は詳しく書いた方がいい?状況別の書き方

ストレス

精神疾患については書き方に配慮した方がよさそうです。
どうしてですか?
精神疾患には再発率が高いものも多いし、個人の性質と関わっていたりもします。会社でうまくやっていけるだろうかと採用担当官が不安になりやすいからです。
精神疾患の病歴があると、採用を躊躇われやすい傾向があるんですね。じゃあどうすれば?
なるべく精神疾患に触れないようにするのがポイントです

以下で、詳しい書き方を状況別で見ていきます。

心療クリニックで思わぬ診断結果が【転職体験ブログ第2章第1話】

眠れない。食べられない。ぼんやりする。体を動かしたときに違和感がある。 そういった症状が出て倒れそうになった僕は、……続きを読む
no_image

完治しているうつ病など

もし完治しているなら「良好」と書きます。

退職理由がうつ病などの原因であっても、それは伏せておきます。できるのなら、面接で退職理由を尋ねられた時も、何か別の理由で辞めたことにしましょう。

精神疾患で定期的に通院中の場合

もし通院が休日などの業務外であれば「良好」で問題ないです。どうしても業務時間内に通院しなければならない場合には書いた方がいいです。

良好。(業務に支障のない疾患があり、月1回通院が必要です。そのため月に一度の午前休を希望します。前職では残業などで対応し、病欠や予定外の欠勤はありませんでした。)

このように病名は書かず「疾患」などという表現に変えた方がいいです。

面接などでもそうですが、こちらから病気の詳細を積極的に伝える必要はありません。

ただし、病気とは何だ?と質問された場合、嘘の病気を答えるのはやめておきましょう。

その時には、採用担当官を不安にさせない伝え方をするのが大事です。実際、業務に支障がないんですから。

相手が精神疾患についてどれほど理解があるか分かりません。うつ病と聞いただけで心配されるケースもあるので、問題なくバリバリ働けるとアピールする表現を選びましょう。

発達障害の場合は?

発達障害といっても種類や程度が様々です。

基本的には触れないように書いていきます。ただし、発達障害を示して企業側に理解してもらわないと働くのが困難な場合の対応は違ってきます。

そういう方はまず、発達障害をお持ちの方の就職サポートサービスを利用して相談するのがいいでしょう。

大人の発達障害について調べてみた

僕は仕事で心身の調子を壊していた頃、心療クリニックで双極性障害と診断され、おまけに発達障害の傾向があると言われました。 ……続きを読む
no_image

発達障害の検査結果【転職体験ブログ第2章第3話】

大学卒業から二年間、いくつものアルバイトを転々とし、まったく続きませんでした。 気に入らない人間がいる、性に合わな……続きを読む
no_image

職歴欄の退職理由は「病気治療により退職」と書く?

疑問

病気がもとで退職した場合、履歴書の「学歴・職歴」欄にどのように書くのか。

基本的には「一身上の都合により退職」と書きます。

せっかく健康状態欄で「良好」と書いているのに、職歴に病気だったと示してしまえば、余計な説明を求められてしまいます。

病気退職後、長期間、療養のためにブランクがある場合

2018年1月 病気治療のため退職(8月28日現在、完治)

例えば2018年1月から1年半余りを、病気治療で無職だったとします。「一身上の都合により退職」と書けば、書類選考では謎の空白期間に見えてしまいます。

面接でも尋ねられることでしょうから、このような場合には上のような書き方をするといいでしょう。

完治したと強調しておきましょう。

履歴書の学歴・職歴【空白期間】の嘘はばれる?巧みな経歴詐称術

履歴書の職歴に空白期間があると不安を覚える方もいらっしゃるはず。可能であればブランクがないように装って書きたい…。でもバ……続きを読む
空間期間

多様な経歴に対応!転職用履歴書の迷わない書き方【学歴・職歴編】

転職時の履歴書作成。まず筆が止まるのが学歴や職歴の書き方。 [kijimatome] 履歴書でこんな悩みありませんか……続きを読む

グッドポイント診断

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」を使えば、「決断力」「柔軟性」など18種類の強みの中から、あなたの強みを5つ診断し、細かく丁寧に解説してくれます。

診断結果は8568通りで、「驚くほどよく当たる!」と評判がとても高いです。

  • 自分では気づかなかった強みが発見できる
  • 履歴書の作成&面接の自己PRにそのまま使える
  • 職種(営業・技術職・公務員)問わずみんな利用する

「ところで、あなたの強みはなんですか?」

今この質問にすぐ答えられなかった方は「グッドポイント診断」を必ず利用してください。

履歴書の悩みは、転職エージャントが解決してくれる

握手

履歴書の書き方で悩んでいる方は転職エージェントの利用を強くおすすめします。

転職エージェントは、自力では何かと厄介な転職活動を最初から最後まで、転職のプロがサポートしてくれます。

  • 希望条件にマッチした求人紹介
  • 書類の添削・面接対策
  • 面接の日程調整
  • 給与や労働条件の交渉を代行

転職エージェントのサービスはすべて無料です。まず登録だけしていつでも転職活動がスタートできる準備をしておきましょう。

そうすれば、自力での転職活動がどれほど損するところだったか実感するはずです。

【正社員専用】おすすめ転職エージェント
リクルートエージェント
リクルート
  • 求人数25万件以上で業界トップ
  • 転職支援実績は累計45万名以上
  • 特に強い業種は営業/ITエンジニア/電気・機械・化学エンジニア
【派遣・フリーター専用】おすすめ転職エージェント
ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 書類選考通過率90%以上&内定率80%以上
  • 未経験歓迎の求人が常時2,300件以上
  • 対応エリア(東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/愛知県/大阪府/福岡県)
自力でやってみる!という方は『リクナビNEXT』
リクナビNEXT

転職の準備のために登録だけ済ませておきましょう。使うなら、圧倒的に『リクナビNEXT』。

こちらは経歴に関係なく、誰もが使うべき転職サイトです。転職エージェントを利用する方も情報収集のためにとりあえず登録しておいた方がいいでしょう。

リクルート
  • 求人数1万件以上(85%がリクナビ限定)
  • 企業から直接スカウトするサービスあり
  • 優れた診断ツール"グッドポイント診断"

まとめ

今回は履歴書の健康状態欄の書き方でした。基本的には「良好」でオッケーです。

持病や既往症があっても業務に支障がなければ、良好で問題ないです。

もし採用後、業務に支障が出てしまう心配があれば、正直に伝えておきましょう。

何より、無理して働かないことが大切です。せっかく治りかけていた病気が再就職を急いだせいで、ぶり返してしまったというケースも起こり得る話です。

健康に不安がある方は転職活動を始める前にしっかり療養して万全の状態を整えてから臨みましょう。

ド底辺のプロローグ~転職活動体験談~

ド底辺の始まりは29歳。仕事がきっかけで心身ともにボロボロになり、心療内科へ。退職を決意し、療養生活を経たのち、転職活動……続きを読む

この記事の感想を書こう!

ページの上へいく