履歴書・職務経歴書

多様な経歴に対応!転職用履歴書の迷わない書き方【学歴・職歴編】

転職時の履歴書作成。まず筆が止まるのが学歴や職歴の書き方。

履歴書でこんな悩みありませんか?
  • 転職活動中のアルバイト経験はどうするの?
  • うつで退職。これって正直に書いた方がいい?
  • 病気療養、一年以上の空白期間、どんな風に書けばいい?

履歴書は自分のもう一つの顔。誤りのないように正確に書きたいものです。

今回は履歴書の学歴・職歴編。見本を使って基本的な書き方から例外的なケースまで、かゆいところに手が届くように詳しく紹介します。

自己分析はもうしましたか?選考前に自分の強みを知ってアピールできるようになっておきましょう。
リクナビNEXTの「グッドポイント診断」がおすすめです!無料で誰でも利用可能です。
分析の精度がとにかくすごい!実際に使った診断結果が、履歴書作成や面接の時に役立ったので、必ず試してほしいです!

グッドポイント診断の体験レポートの記事『「怖いほど当たる」と噂の長所診断【グッドポイント診断】がすごい!』をぜひ読んでみてください。

◆体験レポはこちら◆

学歴の書き方(記入例あり)

基礎

転職用履歴書は、アルバイトや学生時代の就職活動で書いたものとは全然別物。

これから見本例を使って学歴・職歴欄の埋め方を説明します。びしっと書けるようになりましょう。

まずは学歴の基本的な書き方から。

       学歴・職歴
        学歴
平成18 3 〇〇県立〇〇高等学校    卒業
平成18 4 〇〇大学〇〇学部〇〇学科  入学
平成22 3 〇〇大学〇〇学部〇〇学科  卒業

今から注意点を説明します。

西暦か?和暦か?(省略は不可)

まずは次の2つに気をつけましょう
  • 西暦・和暦(元号)のどちらかに表記を統一
  • 平成を「H」や「同上」「〃」で省略しない
こういう機械的な作業になる部分ほどミスしがちですよね。面倒臭いから。
そうですね。
年月の計算もそう。昔のこと過ぎて大変です。
ネット上にある「卒業・入学自動計算表」を使うとラクに計算できますよ。

学歴はいつから書くか

学歴はどこから書けばいいか決まりがあるんですか?
高校からでオッケー。なお、表記には注意しましょう。
  • 高校から記入
  • 「高校」ではなく「高等学校」と書く
これも面倒だけど、丁寧にですね。

入学からか卒業からか

見本では、高校卒業から書いてますね。
入学から書いても構いませんが、卒業からスタートしても問題ないです

行には限りがあります。大学の経歴や職歴でアピールポイントがあるなら、そちらを詳しく書くために行を使った方がいいでしょう。

コース名は?

あっ、高校の普通科とか、コース名は必要ですか?
高校の場合はなくても問題なし。ただし、大学はきちんと書きましょう。

大学・大学院

  • 大学・大学院は学部・学科(コース名)を記入
  • 大学院は「卒業」ではなく「修了」(〇〇大学大学院 〇〇専攻 〇〇課程修了)
やたらと長い大学名や学部名であっても、学生間だけしか伝わらないような省略名称を使うのは避けるないといけません。
分かりました。
そのほか、大学の勉学がアピールになるなら詳細な説明を書き足すのもオッケーです。

専攻した学問、研究テーマが応募企業にアピールできそうなものなら、具体的に説明して書くのもいいでしょう。

大学中退はどう表記する?など個別的なケースはあとで詳しく説明します。

職歴の書き方(見本あり)

正解

次に職歴の基本的な書き方を見ていきましょう。

学歴・職歴
              職歴
平成22 4 株式会社〇〇  入社
 食品製造業 従業員数420名
 〇〇支社 営業部に配属
 一般事務として、電話・来客対応、データ処理、書類管理等を行う
平成24 3 一身上の都合により退職
平成24 4 株式会社△△  入社
 不動産業業 従業員数206名
 営業担当として、居住用賃貸不動産の反響営業を行う
現在に至る
                            以上
職歴を書くのって本当に厄介。何を書けばいいのやら…。
書き方に絶対のルールはありません。まず意識すべきは見やすい形式にするということ。一行にたくさんの情報を詰め込みすぎないように。
分かりました。じゃあ内容は?
内容については、職務経歴書の概要として書けばいいです。これから詳しく見ていきましょう。

困った時はこれ【転職の職務経歴書】すぐにでも書ける方法(見本例付き)

転職時の就職活動で初めて経験することになる職務経歴書。 これまでやってきた仕事や自己PRについて書くのはなんとなく……続きを読む
職務経歴書

正社員は「入社」と「退職」

まず、正社員の場合は入社・退職と表記します。
じゃあ契約社員・派遣社員、アルバイトは?
契約社員の場合なら「入社(契約社員)」となります。雇用形態別の書き方についてはのちに詳しく見ます。

業務内容などどこまで書くか?

ざっくり言えば、どのような会社で、どんな仕事をしていたのかを簡略化して記述すればオッケー。
  • 業種
  • 従業員数
  • 配属先
  • 業務内容
見本ではこの4つをまとめています。もちろん、この書き方でないといういけない決まりはありません。

職歴が多くて書ききれない場合

転職経験が多くて職歴が書き切れない場合。ここでは2つの方法を紹介します。

  1. 企業名と就業期間だけを並べていく。末尾に「詳細は職務経歴書記入」などと書き添える
  2. 現職のみをくわしく記載。末尾に「職務経歴につきましては、別紙に記載しています。」と書く

これは一例であり、アレンジはいくらでもできます。採用担当官が読みやすい形式であれば、どんなものでも問題ありません。

ただし、職歴が多いからといって、履歴書・職務経歴書どちらにも書かないのはだめですから気をつけましょう。

このほか例外的なケースは次で紹介します。

この学歴ならどう書く?一問一答

今から個別の状況に応じた学歴の書き方を見ていきしょう。

中退は書いた方がいい?

大学中退なら、高卒ということになります。

しかし大学についていっさい触れなければ不自然さの目立つ経歴になるので、中退したと書いておいた方がいいでしょう。

〇年〇月 〇〇大学 〇〇学部〇〇学科 入学
〇年〇月 〇〇大学 〇〇学部〇〇学科 中途退学
進路志望を変更するため退学

見本みたいに理由も書き添えておいた方がいいんですか?
そうです。辞めた理由の実情がどうであれ、悪い印象を与えない表現を選びましょう。

休学

〇年〇月 〇〇大学 〇〇学部〇〇学科 入学
4年次に体調不良のため1年間休学(現在は完治)
〇年〇月 〇〇大学 〇〇学部〇〇学科 卒業

休学は明記が必要です。理由も添えておきます。

浪人あるいは留年

「浪人のため」や「留年のため」と書く必要はないです。

学歴・職歴
     学歴
平成18 3 〇〇県立〇〇高等学校    卒業
平成18 4 〇〇大学〇〇学部〇〇学科  入学
平成22 9 〇〇大学〇〇学部〇〇学科  卒業

見本の卒業は9月です。留年の事情に触れていません。

面接時、質問されたら答えられるように準備だけしておきましょう。

専門学校を卒業

学歴として書ける専門学校は「文部科学省が認める専修学校のうち、一定の基準を満たして都道府県の認可を受けている学校」のことです。

もし無認可の学校であれば、学歴にはならないので、例えば高卒という扱いになります。

この職歴ならどう書く?一問一答

履歴書

今から個別の状況に応じた学歴の書き方を見ていきしょう。

学歴・職歴
       職歴
平成24 6 株式会社〇〇  入社(アルバイト)
 教育業 従業員数350名
 〇〇塾●●校で、塾講師として従事
平成26 3 同会社で契約社員として登用
平成28 4 同会社で正社員として登用
〇〇塾〇〇校で、校舎長として校運営業務に従事
平成29 8 一身上の都合により退職
現在に至る
               以上

アルバイト(パート)歴は書かない?

アルバイトの職歴は基本的には書きません。
でも、上の見本ではアルバイトも書いてますね。
アルバイトから登用という流れだからです。
  • アルバイト経験が職歴の事情説明になる場合
  • アルバイト経験しかない場合
  • アルバイト歴を書くことでプラスのアピールになる場合

こういったケースでは書いた方がいいでしょう。

ちなみに表記について。契約社員同様、「入社(アルバイト)」と書くのを忘れずに。

【フリーターから正社員】採用に近づく履歴書の書き方はこれしかない

フリーターから正社員になりたい。 そう思って転職活動を始めたけど、最初の履歴書作成から思うようにはかどらないと困っ……続きを読む
履歴書

短い職歴が複数

先述した転職回数が多い場合と同じく、職務経歴書に回すのがいいでしょう。

うつなど精神疾患で退職した場合

「精神疾患により退職」などと書く必要はなく「一身上の都合により退職」で構わないです。

でもどうせ、面接で理由きかれますよね?
その場合にも「うつが原因です」というような答え方はせず、別な理由や言い回しを選ぶ方が無難かもしれません。

状況的に可能であれば、正直に答えるのを避けておいた方が不利になりにくいでしょう。

履歴書【健康状態】記入はこれが正解!病気でも『良好』と書ける

履歴書の種類によっては「健康状態」欄があります。 持病や骨折・腰痛、入院経験。そのほか精神疾患や、病気ではないです……続きを読む
診断書

心療クリニックで思わぬ診断結果が【転職体験ブログ第2章第1話】

眠れない。食べられない。ぼんやりする。体を動かしたときに違和感がある。 そういった症状が出て倒れそうになった僕は、……続きを読む
no_image

病気などで長期間のブランクがある場合

無職期間が長いのであれば、きちんと理由を添えて事情説明をしておいた方がいいでしょう。

 平成〇〇年〇月 一身上の都合により退職
2年間、病気療養(現在は完治)

さっきの話ですが、もし長期間、精神疾患で休んでいたら、さすがにありのままに伝えるしかないですよね。
そうですね。でも、履歴書では「一身上の都合」「病気療養」といった表現で構わないです。それから大事なのは「現在は完治」というようなアピールを必ずすること!

履歴書の学歴・職歴【空白期間】の嘘はばれる?巧みな経歴詐称術

履歴書の職歴に空白期間があると不安を覚える方もいらっしゃるはず。可能であればブランクがないように装って書きたい…。でもバ……続きを読む
空間期間

派遣社員の場合

以下は基本例です。

平成〇〇年〇月 株式会社〇〇(派遣元)より株式会社△△(派遣先)事務スタッフとして就業
平成〇〇年〇月 派遣期間満了により退職

  • 「派遣元・派遣先」はきちんと区別して明記
  • 「入社」ではなく「就業」

派遣元や派遣先が複数ある場合など、派遣社員向けの履歴書の書き方は以下の記事に詳しく説明しているので参考にしてください。

【派遣から正社員の履歴書】職歴・志望動機をタイプ別例文で簡単解決

派遣社員から正社員になって働きたいけど、転職活動がうまくいくか不安しかない…。 例えば長年派遣を続け、そろそろ正社……続きを読む
人材

部署が変わった

部署名・異動年月を記入します。

基本的に入社後の最初の部署配属を「配属」とし、それ以降の部署異動や転勤では「異動」と書きます(「異動」を「配属」と書いても間違いではないです)。

  平成〇〇年〇月 株式会社〇〇 入社
(業務内容)
平成〇〇年〇月 〇〇部〇〇課に異動
(新たな事業内容)

そのほか、支店・販売店の異動の場合はこんな書き方があります。

  • 平成◯◯年◯月 〇〇部署へ異動
  • 平成◯◯年◯月 ●●支店へ異動
  • 平成◯◯年◯月 ●●店へ異動

異動後の事業内容も忘れず書きましょう。

会社名の変更

社名が変わった場合は「株式会社〇〇(現 株式会社△△)」と記入します。

現在の職場で退職日が決まっている場合

「平成〇〇年〇月 株式会社〇〇 退職予定」と記入します。

履歴書の解決は転職エージャントを使うと便利

握手

転職エージェントは、自力では何かと厄介な転職活動を最初から最後まで、転職のプロがサポートしてくれます。

  • 希望条件にマッチした求人紹介
  • 書類の添削・面接対策
  • 面接の日程調整
  • 給与や労働条件の交渉を代行

もし転職エージェントを使わない場合、理想的な条件の求人を膨大な求人のなかからたった一人で探さなくてはいけません。

時間をかけて見つけたとして、はたして採用されるかどうか…。

転職エージェントを利用するだけで、あなたに本当にマッチした求人が見つかる可能性がグンと上がるばかりか、採用率も格段に高まります。

転職エージェントのサービスはすべて無料です。これを読んだらまず登録してください!そうすれば、自力での転職活動がどれほど損するところだったか実感するはずです。

それでも「自力でやってみる!」という方は転職の準備は早めからしておきましょう。

まとめ

学歴・職歴は、読む相手が読みやすいと感じるような書き方をするのがポイントです。

企業が書き方の指定をしていなければ、ある程度、好きなように書くことができます。

自分のことをまったく知らない相手に、経歴を詳しく、そして分かりやすく知ってもらうためにはどうすればいいかをしっかり考えてから書き始めましょう。

ド底辺のプロローグ~転職活動体験談~

ド底辺の始まりは29歳。仕事がきっかけで心身ともにボロボロになり、心療内科へ。退職を決意し、療養生活を経たのち、転職活動……続きを読む

この記事の感想を書こう!

ページの上へいく